マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

マウスにおけるPD-1の免疫チェック機構を解明するための研究ツール


<本庶佑先生ノーベル賞受賞おめでとうございます!>


2018年のノーベル医学・生理学賞は「免疫抑制の阻害によるがん治療法の発見」で、本庶佑特別教授(京都大学)がジェームズ・アリソン教授(米テキサス大学)と共同受賞されました[1]。本庶特別教授らはT細胞の表面に発現する分子であるPD-1を発見し、生体内において免疫反応を負に制御するブレーキの役割を果たしていることを明らかにしました[2-5]。さらに、PD-1シグナルをブロックすることで免疫系ががんを攻撃できる可能性が示唆されたことから、PD-1に対する抗体を用いたがんの免疫治療法を世界に先駆けて提唱されました[6]。現在では、この治療法は最も効果的ながん治療法のひとつとして世界中の臨床の場で用いられています。理研BRC・実験動物開発室では、PD-1の役割を明らかにするツールとして有用なマウス系統をはじめ、免疫機構の解明に有用な多数の系統を本庶特別教授から寄託いただいており、これまでに世界の200機関以上に提供されています。皆様のご利用をお待ちいたしております。

系統のリスト

RBRC No.Strain name
RBRC00903C.129S2-Pdcd1<tm1Hon>/HonRbrc (N10)
RBRC00904C.129S2-Pdcd1<tm1Hon>/HonRbrc (N12)
RBRC02142B6.129S2-Pdcd1<tm1Hon>/HonRbrc
RBRC02361NOD.129S2(B6)-Pdcd1<tm1Hon>
RBRC02363C.129S2-Pdcd1<tm1Hon>(N20)
RBRC02364MRL.129S2(B6)-Pdcd1<tm1Hon>
RBRC02365C57BL/6-Tg(Actb-Pdcd1)BHon



文献
[1] The 2018 Nobel Prize in Physiology or Medicine
https://www.nobelprize.org/prizes/medicine/2018/
[2] Ishida Y, Agata Y, Shibahara K, Honjo T. (1992) Induced expression of PD-1, a novel member of the immunoglobulin gene superfamily, upon programmed cell death. EMBO J. 11(11):3887-95.
[3] Nishimura H, Nose M, Hiai H, Minato N, Honjo T. (1999) Development of lupus-like autoimmune diseases by disruption of the PD-1 gene encoding an ITIM motif-carrying immunoreceptor. Immunity 11(2):141-51.
[4] Freeman GJ, Long AJ, Iwai Y, Bourque K, Chernova T, Nishimura H, Fitz LJ, Malenkovich N, Okazaki T, Byrne MC, Horton HF, Fouser L, Carter L, Ling V, Bowman MR, Carreno BM, Collins M, Wood CR, Honjo T. (2000) Engagement of the PD-1 immunoinhibitory receptor by a novel B7 family member leads to negative regulation of lymphocyte activation. J Exp Med. 192(7):1027-34.
[5] Nishimura H, Okazaki T, Tanaka Y, Nakatani K, Hara M, Matsumori A, Sasayama S, Mizoguchi A, Hiai H, Minato N, Honjo T. (2001) Autoimmune dilated cardiomyopathy in PD-1 receptor-deficient mice. Science 291(5502):319-22.
[6] Iwai Y, Terawaki S, Honjo T. (2005) PD-1 blockade inhibits hematogenous spread of poorly immunogenic tumor cells by enhanced recruitment of effector T cells. Int Immunol. 17(2):133-44.


関連記事(今月のマウス)



その他の系統

RBRC No.Strain name
RBRC00889MINT-KO (ICR background)
RBRC00891MINT-KO (C57BL/6 background)
RBRC00892AID-conditional Transgenic mouse line 20
RBRC00893AID-conditional Transgenic mouse line 4
RBRC00894AID-Tg line #B1
RBRC00895AID-Tg line #B2
RBRC00896AID-Tg line #C1
RBRC00897B6.Cg-Aicda<tm1Hon> (N10)/HonRbrc
RBRC00898B6.Cg-Aicda<tm1Hon>/HonRbrc
RBRC00901C.Cg-Aicda<tm1Hon>/HonRbrc (N10)
RBRC01071Floxed RBP-J
RBRC01101B6.129S2-Rbpj<tm1Kyo>/HonRbrc
RBRC01234C57BL/6-Tg(H2K-PDL1)1Hon/HonRbrc
RBRC02103B6.Cg-Spen<tm2>/HonRbrc
RBRC02104B6.Cg-Spen<tm2.1Hon> Rbpj<tm1Hon>/HonRbrc
RBRC02105B6.Cg-Spen<tm2.1>/HonRbrc
RBRC02393C.Cg-Aicda<tm1Hon>(N12)
RBRC04892B6(Cg)-Aicda<tm2.1Hon>
RBRC05550B6.Cg-Ighm<tm1Cgn> Tg(Aicda-cre)9Mbu Gt(ROSA)26Sor<tm1Sho>
RBRC05551B6.Cg-Tg(Aicda-cre)9Mbu Gt(ROSA)26Sor<tm1Hjf>
RBRC05938C57BL/6-Tg(Aicda*dME-cre,-CD2)1Hon
RBRC06296CAJcl.Cg-Aicda<tm2.1Hon>
RBRC06297CAJcl.Cg-Aicda<tm1Hon>
RBRC06298CAnPt.Cg-Aicda<tm2.1Hon>
RBRC06299CAnPt.Cg-Aicda<tm1Hon>
RBRC06300CAnPt.Cg-Aicda<tm1Hon>/+