マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification

JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 110


**********************************************************************
RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 110
**********************************************************************

 朝の冷気を頬に受け、気持ちが引き締まるこの頃です。思わず首をすくめてし
まいたくなるほど冷え込む日も多くなりましたが、凛と澄んだ空気はどこか清々
しく気持ちのいいものです。
 理研BRC・実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス "Skin abnormalities in mice lacking CD109"
● ホームページが新しくなりました
● 第36回日本分子生物学会年会 出展のお知らせ
● 第42回日本免疫学会学術集会 出展のお知らせ
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統 (お詫びと訂正)
● 新規提供可能マウス系統
● 凍結保存移行予定マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス  2013年11月
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Skin abnormalities in mice lacking CD109
  RBRC05911 B6.129S6-Cd109<tm1Mat>/MatRbrc
  寄託者:高橋雅英先生(名古屋大学大学院 医学系研究科 腫瘍病理学)

詳細はこちら
 http://mus.brc.riken.jp/mouse_of_month/nov_2013_mm

今月のマウス・バックナンバー
 http://mus.brc.riken.jp/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は実験動物開発室
( animal@brc.riken.jp )までお問い合わせ下さい。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ホームページが新しくなりました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 当開発室のホームページがリニューアルされました。「マウス系統検索」を
トップページに配置することにより検索しやすくなり、またHealth Certificate
をフロアー毎にまとめて掲載するなど、以前に比べ必要な情報を見つけやすく
なっております。
 今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、内容の充実を図ってまいり
ます。

新しいホームページは下記のURLからご覧になれます
 http://mus.brc.riken.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 第36回日本分子生物学会年会 出展のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第36回日本分子生物学会年会が次の日程で開催されています。理研BRCでは
神戸国際展示場3号館のナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)
コーナーに出展しておりますので、ぜひ、お立ち寄りください。

会 期:2013年12月3日(火)~6日(金)
会 場:神戸ポートアイランド

第36回日本分子生物学会年会 詳細はこちら
http://www.aeplan.co.jp/mbsj2013/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 第42回日本免疫学会学術集会 出展のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第42回日本免疫学会学術集会が次の日程で開催されます。理研BRCでは国際展
示場7ホールにブースを出展いたします。ぜひ、お立ち寄りください。

会 期:2013年12月11日(水)~13日(金)
会 場:幕張メッセ

第42回日本免疫学会学術集会 詳細はこちら
http://www.jsi-men-eki.org/jsi42/index_jp.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには是非ご連絡をお待
ちしております。

RBRC00806 GFP-LC3#53
Lam HC, Cloonan SM, Bhashyam AR, Haspel JA, Singh A,
Sathirapongsasuti JF, Cervo M, Yao H, Chung AL, Mizumura K, An CH,
Shan B, Franks JM, Haley KJ, Owen CA, Tesfaigzi Y, Washko GR,
Quackenbush J, Silverman EK, Rahman I, Kim HP, Mahmood A, Biswal SS,
Ryter SW, Choi AM. Histone deacetylase 6-mediated selective autophagy
regulates COPD-associated cilia dysfunction. J Clin Invest, pii: 69636,
doi: 10.1172/JCI69636. (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24200693

RBRC00806 GFP-LC3#53
Hariharan N, Ikeda Y, Hong C, Alcendor RR, Usui S, Gao S, Maejima Y,
Sadoshima J. Autophagy Plays an Essential Role in Mediating Regression
of Hypertrophy during Unloading of the Heart. PLoS One.;8(1):e51632,
doi: 10.1371/journal.pone.00516320. (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23308102

RBRC00806 GFP-LC3#53
Maejima Y, Kyoi S, Zhai P, Liu T, Li H, Ivessa A, Sciarretta S, Del Re
DP, Zablocki DK, Hsu CP, Lim DS, Isobe M, Sadoshima J. Mst1 inhibits
autophagy by promoting the interaction between Beclin1 and Bcl-2. Nat
Med.;19(11): 1478-1488. (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24141421

RBRC00806 GFP-LC3#53
Adolph TE, Tomczak MF, Niederreiter L, Ko HJ, Böck J, Martinez-Naves E,
Glickman JN, Tschurtschenthaler M, Hartwig J, Hosomi S, Flak MB,
Cusick JL, Kohno K, Iwawaki T, Billmann-Born S, Raine T, Bharti R,
Lucius R, Kweon MN, Marciniak SJ, Choi A, Hagen SJ, Schreiber S,
Rosenstiel P, Kaser A, Blumberg RS. Paneth cells as a site of origin for
intestinal inflammation. Nature;503(7475):272-276,
doi: 10.1038/nature12599. (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24089213

RBRC00267 C57BL/6-Tg(CAG-EGFP)C14-Y01-FM131Osb
Kiguchi N, Kobayashi Y, Kadowaki Y, Fukazawa Y, Saika F,
Kishioka S. Vascular endothelial growth factor signaling in injured
nerves underlies peripheral sensitization in neuropathic pain. Journal
of Neurochemistry, doi: 10.1111/jnc.12614. (2013)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jnc.12614/pdf

RBRC02706 B6.Cg-Tg(FucciS/G2/M)#504Bsi
Sakaue-Sawano A, Hoshida T, Yo M, Takahashi R, Ohtawa K, Arai T,
Takahashi E, Noda S, Miyoshi H, Miyawaki A. Visualizing developmentally
programmed endoreplication in mammals using ubiquitin oscillators.
Development;140(22):4624-4632, doi: 10.1242/dev.099226. (2013)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24154524

RBRC02975 B6.129S-Atg5<tm1Myok>
Ni HM, Boggess N, McGill MR, Lebofsky M, Borude P, Apte U, Jaeschke H,
Ding WX. Liver-Specific Loss of Atg5 Causes Persistent Activation of
Nrf2 and Protects Against Acetaminophen-Induced Liver Injury. Toxicol
Sci.;127(2):438-450, doi: 10.1093/toxsci/kfs133. (2012)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22491424

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統 (お詫びと訂正)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝いたしております。

 Dr. Benoit de Crombrugghe, The University of Texas MD Anderson Cancer
 Center
  RBRC05522 B6.129S7-Sox9<tm1(cre/ERT2)Haak>
  RBRC05523 B6.129S7-Sox9<tm1(cre)Crm>
  RBRC05524 B6.Cg-Tg(Col1a1-cre)1Haak
  RBRC05525 B6.B6D2-Tg(Prrx1-Sox9,-lacZ)1Haak

 Dr. Masayoshi Imagawa, Nagoya City University Faculty of 
 Pharmaceutical Sciences
  RBRC06135 B6.Cg-Fad24<tm1Maim>/35F
  RBRC06136 B6.Cg-Fad24<tm1Maim>/53B

 Dr. Luc Sabourin, Ottawa Hospital Research Institute
  RBRC06145 FVB.Cg-Tg(HSA-Slk*K63R)654
  RBRC06146 FVB.Cg-Tg(HSA-Slk*K63R)3405

 Dr. Kou-ichi Jishage, Chugai Pharmaceutical Co.,Ltd.
  RBRC06156 C57BL/6N-Slc5a4a<tm1Csk>
  RBRC06157 C57BL/6N-Slc5a4b<tm1Csk>
  RBRC06158 C57BL/6N-Del(10Slc5a4a-Slc5a4b)Csk
  RBRC06159 C57BL/6N-Slc5a9<tm1Csk>
  RBRC06160 C57BL/6N-Slc5a10<tm1Csk>

 Dr. Takao Iwawaki, Gunma University
  RBRC06161 C57BL/6J-Tg(3xARE/TK-NRF2/venus)F4Tiw

 Dr. Daisuke Watanabe, Kitasato University
  RBRC06168
   FVB-Invs<inv> Tg(EF1-Invs/EGFP)B27Hmd Tg(H1-RNAi:EGFP/CAG-HcRed1)1Osb
  RBRC06169
   FVB-Invs<inv> Tg(EF1-Invs/EGFP)B27Hmd Tg(H1-RNAi:EGFP/CAG-HcRed1)4Osb
  RBRC06170
   FVB-Invs<inv> Tg(EF1-Invs/EGFP)B27Hmd Tg(H1-RNAi:EGFP/CAG-HcRed1)7Osb
  RBRC06171 FVB-Invs<inv> Tg(EF1-Invs/EGFP)B27Hmd
  RBRC06172 ICR;FVB-Invs<inv> Tg(EF1-Invs/EGFP)B27Hmd
  RBRC06173 ICR;FVB-Invs<inv>
  RBRC06185 FVB-Tg(H1-RNAi:EGFP/CAG-HcRed1)1Osb
  RBRC06186 FVB-Tg(H1-RNAi:EGFP/CAG-HcRed1)4Osb
  RBRC06187 FVB-Tg(H1-RNAi:EGFP/CAG-HcRed1)7Osb
  RBRC06188 FVB-Invs<inv>(CCM)

詳細はこちら
  http://mus.brc.riken.jp/mailnews/kitaku_list/20131128_k

(お詫びと訂正)
前号のMAIL NEWS No. 109 (20131112号)の寄託者のお名前および寄託者のお名前
と系統のリストの組み合わせに誤りがありました。下記の通り訂正版をお送りす
るとともに、寄託者の先生ならびに関係者の皆様には心よりお詫び申し上げます。

正)Dr. Ryoichiro Kageyama
誤)Dr. Ryuichiro Kageyama

 Drs. Ryoichiro Kageyama and Itaru Imayoshi, Institute for Virus
 Research, Kyoto University
  RBRC05979 ICR;129-Hes1<tm1Fgu>
  RBRC05981 ICR;129-Hes5<tm1Fgu>
  RBRC05982 ICR.Cg-Hes5<tm1Kag>
  RBRC05983 ICR.Cg-Hes7<tm1Kag>
  RBRC05985 ICR.Cg-Hes7<tm2Kag>
  RBRC05986 ICR.Cg-Neurod4<tm1Kag>
  RBRC05989 ICR;D2-Tg(Hes1-Ub1Luc)EKag
  RBRC05990 ICR;D2-Tg(Hes7-Hes7,venus)1Kag
  RBRC05991 ICR;D2-Tg(Hes1-Ub1Luc)Ckag
  RBRC05992 ICR;D2-Tg(H7-UbLuc-In)3Kag
  RBRC05993 ICR.Cg-Hes7<tm3Kag>
  RBRC05994 ICR;D2-Tg(H7-UbLuc-In*del)1Kag
  RBRC06042 B6.Cg-Hes5<tm1Kag>
  RBRC06043 B6.Cg-Hes3<tm1Kag> Hes5<tm1Kag>
  RBRC06044 B6.Cg-Hes3<tm1Kag>

 Drs. Itaru Imayoshi and Ryoichiro Kageyama, Institute for Virus
 Research, Kyoto University
  RBRC05995 ICR.Cg-Hes1<tm1Imayo>
  RBRC05996 C57BL/6-Tg(Nes-cre/ERT2)1Imayo
  RBRC05997 C57BL/6-Tg(Nes-cre/ERT2)3Imayo
  RBRC05998 C57BL/6-Tg(Nes-cre/ERT2)4Imayo
  RBRC05999 C57BL/6-Tg(Nes-cre/ERT2)5-1Imayo
  RBRC06000 C57BL/6-Tg(Nes-cre/ERT2)5-2Imayo
  RBRC06001 C57BL/6-Tg(Nes-cre/ERT2)6Imayo
  RBRC06002 ICR.Cg-Gt(ROSA26)Sor<tm1(Hes1,EGFP)Imayo>
  RBRC06003 ICR.Cg-Tg(CAG-Hes1,EGFP)1Imayo
  RBRC06004 ICR.Cg-Tg(CAG-Hes5,EGFP)1Imayo
  RBRC06006 ICR-Tg(Hes5-ECFP/PSLD)2Imayo
  RBRC06015 ICR-Tg(Hes1-Ub-NLS-luc2)1Imayo
  RBRC06016 ICR-Tg(Nes-NLS-mCherry)1Imayo
  RBRC06024 ICR;D2-Tg(Hes5-icre/ERT2)1Imayo
  RBRC06047 B6.Cg-Hes1<tm1Imayo>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規提供可能マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記の寄託マウス系統のSPF化が完了し、理研BRCからの提供が提供可能となり
ました。是非、ご利用ください。
 寄託していただいた先生には、室員一同、心より感謝いたしております。
なお、系統によっては、凍結胚保存となっておりますので、生体マウスの利用を
ご希望の場合はお問い合わせください。

  RBRC02781 B6.Cg-Cd8a<a> Tg(Tcra2C,Tcrb2C)1Dlo
  RBRC04434 B6.129-Msi1<tm1Okn>
  RBRC05224 ICR;B6D2-Tg(CAG-Luc,Hsd17b3/EGFP)2Tysn
  RBRC05515 B6;129S4-Ern1<tm2.1Tiw>
  RBRC05601 B6.129(Cg)-Rab7<tm1.1Ywd>
  RBRC05754 B6.129P2-Map3k6<tm1Hijo>
  RBRC05798 B6.Cg-c/c Hr<hr>
  RBRC05827 C57BL/6J-Tg(hIns-NCX1.3)1
  RBRC05830 C57BL/6J-Tg(Myh6-TRPC3DN)1
  RBRC05843 B6.Cg-Actb<tm1(tetO-ChR2*E128T/T159C)Ahky>
  RBRC05844 C57BL/6-Tg(MCH-tTA)1Ahky
  RBRC05847 B6.Cg-Ednrb<tm1Ywa> Tg(DBH-Ednrb)Ywa Tg(Dct-lacZ)A12Jkn
  RBRC05885 B6.Cg-Vdr<tm1Ska>
  RBRC05887 B6;129P2-Bri3bp<Gt(RST655)Byg>/Dkit
  RBRC05890 A.SM-(D12Mit56-D12Mit84)
  RBRC05894 B6.ICR-Fgf5<go-moja>/Utr
  RBRC05895 C.ICR-Fgf5<go-moja>/Utr
  RBRC05901 C57BL/6-Tg(CMV-EGFP/Pkd2l1*del)P
  RBRC05923 B6;129P2-Eed<tm1Homy>
  RBRC05928 B6.Cg-Map3k5<tm1Hijo> Map3k6<tm1Hijo> Map3k15<tm1Hijo>
  RBRC05943 B6.Cg-Tg(Mt1-RET)242Ina Tg(Dct-LacZ)A12Jkn
  RBRC05946 NOD.Cg-H2<d>
  RBRC05953 B6;129P2-Tg(Ly6a-DR-GFP)1Homy

詳細はこちら
  http://mus.brc.riken.jp/mailnews/teikyo_list/20131128_t

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 凍結保存移行予定マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記の寄託マウス系統は、生体から凍結保存へ移行を予定しております。一旦、
凍結保存になりますと、生体での提供にはお時間をいただくことになります。生
体での提供をご検討の方は、メールにてご連絡いただければ、おとりおき致しま
す。なお、ご連絡をいただいた際、系統によっては、すでに凍結保存になってい
る場合がございますので、何とぞご容赦ください。

  RBRC05363 STOCK Tg(FLEXCAG-VSFP2.3)511Bsi
  RBRC05562 B6.Cg-Tg(Crx-rtTA)G2Tfur
  RBRC05563 B6.Cg-Tg(tetO-cre)1Tfur
  RBRC05601 B6.129(Cg)-Rab7<tm1.1Ywd>
  RBRC05660 B6.B6D2-Tg(CAG-CAT,SpH)5Yyan
  RBRC05663 B6.Cg-Bcl6<tm1.1>
  RBRC05755 C57BL/6-Map3k15<tm1Hijo>
  RBRC05822 C57BL/6J-Tg(hSMA-NCX1*trun)1
  RBRC05823 C57BL/6J-Tg(hSMA-NCX1DN*trun)2

詳細はこちら
  http://mus.brc.riken.jp/mailnews/freeze_list/20131128_f

---------------------------------------------
※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp) まで「メール ニュース不要」の旨をご連絡下さい。
※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール
ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。
発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそ
ちらをご覧下さい。
http://mus.brc.riken.jp/mailnews
※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
発行
理化学研究所・バイオリソースセンター
実験動物開発室
animal@brc.riken.jp
http://mus.brc.riken.jp/
_____________________________________________
2013.12.05