マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 111


**********************************************************************
RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 111
**********************************************************************

今年も残すところあと僅かとなりました。本年は格別のご高配ご支援を賜り、
厚く御礼申し上げます。来年もより一層の向上を図るよう努力してまいりますの
で、本年同様よろしくお願い申し上げます。
来るべき新しい年がみなさまにとって佳き年となりますよう室員一同心よりお祈
り申し上げます。
理研BRC・実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス 
   "New reporter line for optogenetic stimulation at high frequencies"
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
● 新規提供可能マウス系統
● 凍結保存移行予定マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス  2013年12月
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

New reporter line for optogenetic stimulation at high frequencies
    RBRC05843 B6.Cg-Actb<tm1(tetO-ChR2*E123T/T159C)Ahky>/AhkyRbrc
    寄託者:山中章弘先生 (名古屋大学 環境医学研究所)

詳細はこちら
 http://mus.brc.riken.jp/mouse_of_month/dec_2013_mm

今月のマウス・バックナンバー
 http://mus.brc.riken.jp/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は実験動物開発室
( animal@brc.riken.jp )までお問い合わせ下さい。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには是非ご連絡をお待
ちしております。

RBRC01774 mDomino knockout mouse
Chevillard-Briet M, Quaranta M, Grézy A, Mattera L, Courilleau C,
Philippe M, Mercier P, Corpet D, Lough J, Ueda T, Fukunaga R, Trouche D,
Escaffit F. Interplay between chromatin modifying enzymes controls colon
cancer progression through Wnt signaling. Hum Mol Genet, 2013.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24287617

RBRC02142 C57BL/6-Pdcd1-/- mouse
Horne-Debets JM, Faleiro R, Karunarathne DS, Liu XQ, Lineburg KE,
Poh CM, Grotenbreg GM, Hill GR, Macdonald KP, Good MF, Renia L, Ahmed R,
Sharpe AH, Wykes MN.
PD-1 Dependent Exhaustion of CD8+ T Cells Drives Chronic Malaria.
Cell Rep. pii: S2211-1247(13)00650-5, doi: 10.1016/j.celrep.2013.11.002,
2013.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24316071

RBRC02298 C.Cg-Il3<tm1Glli>
Leyva-Castillo JM, Hener P, Michea P, Karasuyama H, Chan S, Soumelis V,
Li M. Skin thymic stromal lymphopoietin initiates Th2 responses through
an orchestrated immune cascade. Nat Commun.; 4:2847,
doi: 10.1038/ncomms3847, 2013.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24284909

RBRC02975 B6.129S-Atg5<tm1Myok>
Rosenfeldt MT, O'Prey J, Morton JP, Nixon C, Mackay G, Mrowinska A,
Au A, Rai TS, Zheng L, Ridgway R, Adams PD, Anderson KI, Gottlieb E,
Sansom OJ, Ryan KM. p53 status determines the role of autophagy in
pancreatic tumour development. Nature, doi: 10.1038/nature12865, 2013.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24305049

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝いたしております。

 Dr. Naojiro Minami, Kyoto University
  RBRC06132 C57BL/6-Tg(Oog1*2.7-AcGFP)B
  RBRC06133 C57BL/6-Tg(Oog1*3.9-AcGFP)A
  RBRC06134 C57BL/6-Tg(Oog1*3.9-AcGFP)B

 Dr. Yoshibumi Matsushima, Saitama Cancer Center
  RBRC06175 B6;KOR1-Mpzl3<+/->
  RBRC06176 C;KOR1-Mpzl3<+/->
  RBRC06177 KOR1-Mpzl3<-/->
  RBRC06178 B6;KOR1-Pitx3<+/->
  RBRC06179 C.KOR1-Pitx3<+/->
  RBRC06180 KOR1-Pitx3<-/->

 Dr. Takashi Kasukabe, Saitama Cancer Center
  RBRC06183 SL/Stm

 Dr. Naohiro Hashimoto, National Institute for Longevity Sciences
  RBRC06189 B6.Cg-Tg(CAG-MSTN*C313Y)
  RBRC06190 D2;129-Myod1<tm1Jae>
  RBRC06191 B6.129-Acsbg1<tm1Nah>
  RBRC06192 B6.129-Trib3<tm1Nah>
  RBRC06193 B6.Cg-Tg(Pax7-eGFP)13Nah

詳細はこちら
  http://mus.brc.riken.jp/mailnews/kitaku_list/20131220_k

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規提供可能マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記の寄託マウス系統のSPF化が完了し、理研BRCからの提供が提供可能となり
ました。是非、ご利用ください。
 寄託していただいた先生には、室員一同、心より感謝いたしております。
なお、系統によっては、凍結胚保存となっておりますので、生体マウスの利用を
ご希望の場合はお問い合わせください。

  RBRC05281 LtbR (Acc. No. CDB0531K)
  RBRC05642 B6.129-Hspa5<tm1Aoe>
  RBRC05701 STOCK Tg(FLEXCAG-VSFP-Butterfly)552Bsi
  RBRC05702 C57BL/6J-Tg(CAG-XBP1/luc)23Tiw
  RBRC05703 B6;129S4-Gt(ROSA)26Sor<tm1.1Tiw>
  RBRC05753 B6.129S4-Map3k5<tm1Hijo>
  RBRC05756 B6.Cg-Spry2<tm1Ayos>
  RBRC05761 B6.Cg-Rftn1<tm1Ayos>
  RBRC05825 C57BL/6J-Tg(hSMA-NCX1.3*del)2
  RBRC05826 C57BL/6J-Tg(hSMA-NCX1.3*SA)1
  RBRC05832 C57BL/6J-Tg(Myh6-PIP5K alpha)2
  RBRC05889 B6.129P2-Dpysl2<tm1Gosh>
  RBRC05926 B6.Cg-Map3k5<tm1Hijo> Map3k6<tm1Hijo>
  RBRC05939 B6.Cg-Tg(Mt1-RET)304Ina Hr<hr>
  RBRC05949 B6.129P2-Rbm3<tm1Ttg>
  RBRC05954 B6.129S7-Dp(7Herc2-Mkrn3)1Taku
  RBRC05975 B6.Cg-Tg(Mt1-RET)242Ina Hr<hr>

詳細はこちら
  http://mus.brc.riken.jp/mailnews/teikyo_list/20131220_t

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 凍結保存移行予定マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記の寄託マウス系統は、生体から凍結保存へ移行を予定しております。一旦、
凍結保存になりますと、生体での提供にはお時間をいただくことになります。生
体での提供をご検討の方は、メールにてご連絡いただければ、おとりおき致しま
す。なお、ご連絡をいただいた際、系統によっては、すでに凍結保存になってい
る場合がございますので、何とぞご容赦ください。

  RBRC04023 B6C3-Senp2<Gt(venusTrap_fJAV0002-D)4004-321>
  RBRC04604 STOCK Tg(Kcnc1-EYFP)27Bsi
  RBRC05224 ICR;B6D2-Tg(CAG-Luc,Hsd17b3/EGFP)2Tysn
  RBRC05363 STOCK Tg(FLEXCAG-VSFP2.3)511Bsi
  RBRC05562 B6.Cg-Tg(Crx-rtTA)G2Tfur
  RBRC05660 B6.B6D2-Tg(CAG-CAT,SpH)5Yyan
  RBRC05755 C57BL/6-Map3k15<tm1Hijo>
  RBRC05770 B6.Cg-Tg(Pvalb-tTA)1Kftnk
  RBRC05822 C57BL/6J-Tg(hSMA-NCX1*trun)1
  RBRC05823 C57BL/6J-Tg(hSMA-NCX1DN*trun)2

詳細はこちら
  http://mus.brc.riken.jp/mailnews/freeze_list/20131220_f

------------------------------------------------------------
※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp) まで「メール ニュース不要」の旨をご連絡下さい。
※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール
ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。
発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますので
そちらをご覧下さい。
http://mus.brc.riken.jp/mailnews
※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
発行
理化学研究所・バイオリソースセンター
実験動物開発室
animal@brc.riken.jp
http://mus.brc.riken.jp/
_____________________________________________
2013.12.25