マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 120


**********************************************************************
RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 120
**********************************************************************

澄みきった青空の爽やかな日が続き、1年でもっとも過ごしやすい季節となりま
した。
皆様の毎日も爽快でありますように。
理研BRC・実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス 
 “App knock-in mouse strains: new models for Alzheimer’s disease”
● バイオリソースの品質と情報発信について
● Banking on biological tools for research innovation
● 第37回日本分子生物学会年会 出展のお知らせ
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
● 新規提供可能マウス系統
● 凍結保存移行予定マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  特集 今月のマウス  2014年9月
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

App knock-in mouse strains: new models for Alzheimer’s disease
 RBRC06342 C57BL/6-App<tm1(NL)Tcs>/TcsRbrc
 RBRC06343 C57BL/6-App<tm2(NL-F)Tcs>/TcsRbrc
 RBRC06344 C57BL/6-App<tm3(NL-G-F)Tcs>/TcsRbrc

 寄託者:西道隆臣先生 (理研・脳科学総合研究センター)

詳細はこちら
 http://mus.brc.riken.jp/mouse_of_month/sep_2014_mm

今月のマウス・バックナンバー
 http://mus.brc.riken.jp/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室
( animal@brc.riken.jp )までお問い合わせ下さい。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  バイオリソースの品質と情報発信について
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 当センターでは、再現性を確保した最高品質のバイオリソースを提供すること
に努めてまいりました。しかし、大変不本意ながら、意図せずに不具合のあるバ
イオリソースを提供した事例が発生しました。これにより、貴重な時間や経費な
どを費やした利用者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしました。関係した利
用者の皆様に陳謝申し上げるとともに、できる限りの対応をさせていただきまし
た。また、研究コミュニティや国民の皆様には、大変ご心配をおかけいたしまし
たことを深くお詫び申し上げます。
 当センターでは、事例が発生する度に原因を明らかにし、再発防止策を策定し、
実施してまいりました。主な原因は、(1)バイオリソースの提供時に検査方法が
存在しなかった、(2)当センターの検査範囲が十分でなかった、(3)寄託者と当セ
ンターの間での情報伝達が不十分であった、(4)単純な作業ミスなどでありまし
た。今後は、これらの原因を排除し、二度と不具合のあるバイオリソースを提供
することがないよう努めてまいります。

詳細はこちら
 http://ja.brc.riken.jp/news/guide_20140901_01.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  Banking on biological tools for research innovation
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 Repositories of biological materials and information play an essential
role in managing the unprecedented growth in knowledge about living
systems that is being generated by genomics, genetics and molecular
biology. To help ensure that research in these fields continues to make
a positive contribution to humanity, RIKEN is engaging in international
collaborations and targeted research.

詳細はこちら
 http://www.riken.jp/en/research/rikenresearch/perspectives/7862/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  第37回日本分子生物学会年会 出展のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記の日程で、第37回日本分子生物学会年会が開催されます。理研BRCからは
ブースを出展します。ぜひ、お立ち寄り下さい。

  会 期: 2014年11月25日(火)~27日(木)
  会 場:パシフィコ横浜

  第37回日本分子生物学会年会 詳細はこちら
   http://www.aeplan.co.jp/mbsj2014/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには是非ご連絡をお
待ちしております。

RBRC01828 B6.Cg-Tg(CAG-Cre)CZ-M02Osb/OsbRbrc
Liu T, Yamaguchi Y, Shirasaki Y, Shikada K, Yamagishi M, Hoshino K,
Kaisho T, Takemoto K, Suzuki T, Kuranaga E, Ohara O, Miura M.
Single-Cell Imaging of Caspase-1 Dynamics Reveals an All-or-None
Inflammasome Signaling Response.
Cell Rep.; 8(4):974-82, doi: 10.1016/j.celrep.2014.07.012, 2014.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25127135

RBRC02095 B6.Cg-Tg(Th-EGFP)21-31Koba/KobaRbrc
Suzuki Y, Kiyokage E, Sohn J, Hioki H, Toida K, Structural basis for
serotonergic regulation of neural circuits in the mouse olfactory bulb.
J Comp Neurol. doi: 10.1002/cne.23680, 2014.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25234191

RBRC02370 B6.129-Grn<tm1Mni>
Hafler BP, Klein ZA, Jimmy Zhou Z, Strittmatter SM, Progressive retinal
degeneration and accumulation of autofluorescent lipopigments in
Progranulin deficient mice.
Brain Res. pii: S0006-8993(14)01234-7. doi: 10.1016/j.brainres.2014.09.
023, 2014.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25234724

RBRC02892 B6.Cg-Tg(FucciS/G2/M)#504Bsi Tg(FucciG1)#596Bsi/Rbrc
Imayoshi I, Isomura A, Harima Y, Kawaguchi K, Kori H, Miyachi H,
Fujiwara T, Ishidate F, Kageyama R. Oscillatory control of factors
determining multipotency and fate in mouse neural progenitors.
Science; 342(6163):1203-8, doi: 10.1126/science.1242366, 2013.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24179156

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝いたしております。

Dr. Takao Shimizu, The University of Tokyo, Graduate School of Medicine
 RBRC05641  B6.129P2-Pla2g4a<tm1Tksh>

Dr. Takaomi C. Saido, RIKEN
 RBRC06342  C57BL/6-App<tm1(NL)Tcs>

Dr. Jun Wada, Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry
and Pharmaceutical Sciences
 RBRC06436  C57BL/6-Pemt<tm1>
 RBRC06443  C57BL/6-Tg(Fabp4-Clmp)4Jwada
 RBRC06444  C57BL/6-Tg(Fabp4-Clmp)11Jwada
 RBRC06445  C57BL/6-Tg(Fabp4-Clmp)22Jwada
 RBRC06446  B6.129-Clmp<tm1Jwada>
 RBRC06447  ICR.129-Clmp<tm1Jwada>
 RBRC06448  STOCK Clmp<tm1Jwada>

Dr. Fumihiro Sugiyama, University of Tsukuba
 RBRC06458  C57BL/6J-Tyr<em1Utr>
 RBRC06459  C57BL/6J-Tyr<em2Utr>

Dr. Seiji Shiota, Showa University
 RBRC06462  C57BL/6-Prkcd<tm1Shb>
 RBRC06463  C57BL/6-Prkcd<tm1.1Shb>

Dr. Makoto Kinoshita, Nagoya University
 RBRC06467  C57BL/6-Tg(Prnp-Sirt1,Cryaa-EGFP)1Ksh

詳細はこちら
  http://mus.brc.riken.jp/mailnews/kitaku_list/20141010_k

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  新規提供可能マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記の寄託マウス系統のSPF化が完了し、理研BRCからの提供が提供可能となり
ました。是非、ご利用ください。
 寄託していただいた先生には、室員一同、心より感謝いたしております。
なお、系統によっては、凍結胚保存となっておりますので、生体マウスの利用を
ご希望の場合はお問い合わせください。

 RBRC06233  DS/Shi-Trpv3<Nh>/Shi
 RBRC06294  B6;129-Aqp7<tm1Tfun>
 RBRC06303  NEAT2(lacZ)(Acc.No.CDB0837K)
 RBRC06313  B6.129-Sparc<tm1Hwe>
 RBRC06317  C.Cg-Cables1<Tg(CAG-rtTA,CAG-tTS)138Utr>
 RBRC06318  BALB/c-Cables1<tm1Utr>
 RBRC06330  C57BL/6-Tg(Ly6a-KDM1A*v2)6Fscr

詳細はこちら
  http://mus.brc.riken.jp/mailnews/teikyo_list/20141010_t

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  凍結保存移行予定マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記の寄託マウス系統は、生体から凍結保存へ移行を予定しております。一旦、
凍結保存になりますと、生体での提供にはお時間をいただくことになります。生
体での提供をご検討の方は、メールにてご連絡いただければ、おとりおき致しま
す。なお、ご連絡をいただいた際、系統によっては、すでに凍結保存になってい
る場合がございますので、何とぞご容赦ください。

 RBRC05282  LMIR5 (Acc. No. CDB0539K)
 RBRC05525  B6.B6D2-Tg(Prrx1-Sox9,-lacZ)1Haak
 RBRC05556  B6J.MSM-Aanat<MSM>
 RBRC05765  B6.Cg-H2az1<tm1.1Hko> H2az2<tm1.1Hko>
 RBRC05822  C57BL/6J-Tg(hSMA-NCX1*trun)1
 RBRC05825  C57BL/6J-Tg(hSMA-NCX1.3*del)2
 RBRC05924  B6.Cg-Atpif1<tm1>
 RBRC05926  B6.Cg-Map3k5<tm1Hijo> Map3k6<tm1Hijo>
 RBRC05945  ICR.Cg-Pax6<tm1Ued>
 RBRC05949  B6.129P2-Rbm3<tm1Ttg>
 RBRC06173  ICR;FVB-Invs<inv>
 RBRC06178  B6;KOR1-Pitx3<+/->
 RBRC06238  ICR.Cg-Capn6<tm1Hiso>

詳細はこちら
  http://mus.brc.riken.jp/mailnews/freeze_list/20141010_f

------------------------------------------------------------
※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp) まで「メール ニュース不要」の旨をご連絡下さい。
※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール
ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。
発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますので
そちらをご覧下さい。
http://mus.brc.riken.jp/mailnews
※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
発行
理化学研究所・バイオリソースセンター
実験動物開発室
animal@brc.riken.jp
http://mus.brc.riken.jp/
_____________________________________________
2014.10.16