マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 122


**********************************************************************
RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 122
**********************************************************************

早いもので、今年もおしせまってまいりました。寒さも本格的になり、なにかと
気忙しい時期ですが、ちょっと一息入れることも忘れずに。ひと休みの後は、休
んだぶん以上に捗りますよ。
理研BRC・実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス 
“C429S mutation in the mouse β-catenin gene leads to infertility”
● 精子と卵子が正常でも不妊となるモデルマウスを発見
● BRC Current Technology "生殖細胞を用いた核移植"
● 第43回日本免疫学会学術集会 出展のお知らせ
● 年末年始休業のお知らせ
● 利用者の成果
● 理研BRCの成果
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  特集 今月のマウス  2014年11月
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

C429S mutation in the mouse β-catenin gene leads to infertility
 RBRC06154 B6(D2)-Ctnnb1<Rgsc1880>/Rbrc
 RBRC06153 B6.Cg-Tg(TOPGAL) Ctnnb1<Rgsc1880>/Rbrc

 寄託者:権藤洋一先生 (理研BRC)

詳細はこちら
 http://mus.brc.riken.jp/mouse_of_month/nov_2014_mm

今月のマウス・バックナンバー
 http://mus.brc.riken.jp/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室
( animal@brc.riken.jp )までお問い合わせください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  精子と卵子が正常でも不妊となるモデルマウスを発見
┃  -ゲノムのたった1文字の違いで不妊になることを解明-
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 理研BRC新規変異マウス研究開発チームの権藤洋一チームリーダー、村田卓也
開発研究員らが、マウスの全ゲノム情報のわずか1塩基の置換変異によって、精
子と卵子が正常でも不妊となるモデルマウスを発見しました。本研究成果は
『Scientific Reports』のオンライン版(11月7日付け)に掲載されました。

Takuya Murata, Yuichi Ishitsuka, Kumiko Karouji, Hideki Kaneda,
Hideaki Toki, Yuji Nakai, Shigeru Makino, Ryutaro Fukumura,
Hayato Kotaki, Shigeharu Wakana, Tetsuo Noda, and Yoichi Gondo,
"β-catenin<C429S> mice exhibit sterility consequent to spatiotemporally
sustained Wnt signalling in the internal genitalia", Scientific Reports,
2014, doi: 10.1038/srep06959
http://dx.doi.org/10.1038/srep06959

今回、モデル系統として解析したC429Sマウス「RBRC06154」系統は、レポーター
解析に用いた「RBRC06153」系統や最初に発見した「RBRC-GD000125」系統ととも
に、当室から入手可能です。実験動物開発室( animal@brc.riken.jp )までご連
絡ください。

詳細はこちら
 http://www.riken.jp/pr/press/2014/20141107_2/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  BRC Current Technology "生殖細胞を用いた核移植"
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発生エピジェネティクス研究への応用

詳細はこちら
 http://mus.brc.riken.jp/current_tech/current_tech_nov_2014

BRC Current Technology・バックナンバー
 http://mus.brc.riken.jp/current_tech

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  第43回日本免疫学会学術集会 出展のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記の日程で、第43回日本免疫学会学術集会が開催されます。理研BRCからは
付設展示会にブースを出展いたします。ぜひ、お立ち寄りください。

  会 期: 2014年12月10日(水)~12日(金)
  会 場:国立京都国際会館 イベントホール

  第43回日本免疫学会学術集会 詳細はこちら
    http://www.jsi-men-eki.org/jsi43/index_jp.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  年末年始休業のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 誠に勝手ながら下記の期間、年末年始の休業とさせていただきます。皆様には
大変ご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げ
ます。

   休業期間:平成26年12月27日(土)~平成27年1月4日(日)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには是非ご連絡をお待
ちしております。

RBRC00639 JF1/MsRbrc 《JF1/Msf》
Kamimura S, Hatanaka Y, Hirasawa R, Matsumoto K, Oikawa M, Lee J,
Matoba S, Mizutani E, Ogonuki N, Inoue K, Kohda T, Ishino F, Ogura A.
Establishment of Paternal Genomic Imprinting in Mouse Prospermatogonia
Analyzed by Nuclear Transfer. Biol Reprod.;91:120, 2014.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25232016

RBRC00806 B6.Cg-Tg(CAG-GFP/LC3)53Nmz/NmzRbrc 《GFP-LC3#53》
Katamura M, Iwai-Kanai E, Nakaoka M, Okawa Y. Curcumin Attenuates
Doxorubicin-Induced Cardiotoxicity by Inducing Autophagy via the
Regulation of JNK Phosphorylation. J. Clin. Exp. Cardiolog;5:337, 2014.
http://dx.doi.org/10.4172/2155-9880.1000337

RBRC01071 B6.129P2-Rbpj<tm1Hon>/HonRbrc 《Floxed RBP-J》
Obata Y, Kimura S, Nakato G, Iizuka K, Miyagawa Y, Nakamura Y,
Furusawa Y, Sugiyama M, Suzuki K, Ebisawa M, Fujimura Y, Yoshida H,
Iwanaga T, Hase K, Ohno H. Epithelial–stromal interaction via Notch
signaling is essential for the full maturation of gut‐associated
lymphoid tissues. EMBO Rep., doi:10.15252/embr.201438942, 2014.
http://dx.doi.org/10.15252/embr.201438942

RBRC01294 B6.Cg-Tg(CAT-Rho-K DN)3-1Koba/KobaRbrc 《CAT-Rho-K DN/3-1》
Noda K, Nakajima S, Godo S, Saito H, Ikeda S, Shimizu T, Enkhjargal B,
Fukumoto Y, Tsukita S, Yamada T, Katagiri H, Shimokawa H. Rho-Kinase
Inhibition Ameliorates Metabolic Disorders through Activation of AMPK
Pathway in Mice. PLoS One;9:e110446, 2014.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25365359

RBRC01834 C57BL/6-Tg(CAG-FLPe)36Ito/ItoRbrc 《B6-Tg(CAG-FLPe)36》
Kawakami E, Tokunaga A, Ozawa M, Sakamoto R, Yoshida N. The histone
demethylase fbxl11/kdm2a plays an essential role in embryonic
development by repressing cell-cycle regulators. Mechanisms of
Development, doi:10.1016/j.mod.2014.10.001, 2014.
http://dx.doi.org/10.1016/j.mod.2014.10.001

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  理研BRCの成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Mekada K, Hirose M, Murakami A, Yoshiki A. Development of SNP Markers
for C57BL/6N-Derived Mouse Inbred Strains. Exp Anim.; 64:91-100, doi:
10.1538/expanim.14-0061, 2014.
http://dx.doi.org/10.1538/expanim.14-0061

------------------------------------------------------------
※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp) まで「メール ニュース不要」の旨をご連絡下さい。
※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール
ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。
発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますので
そちらをご覧下さい。
http://mus.brc.riken.jp/mailnews
※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
発行
理化学研究所・バイオリソースセンター
実験動物開発室
animal@brc.riken.jp
http://mus.brc.riken.jp/
_____________________________________________
2014.12.05