マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 123


**********************************************************************
RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 123
**********************************************************************

今年も大変お世話になりました。この一年はいろいろなことがあり、厳しい時も
ありましたが、みなさまからのお言葉を励みに、ご期待に沿えるよう取り組んで
参りますので来年も相変わらずのご高配ご支援をよろしくお願い申し上げます。
みなさま、どうぞよい新年をお迎えください。
理研BRC・実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス
 “CXCL12-abundant reticular cells as a microenvironmental niche in
  bone marrow”
● 年末年始休業のお知らせ
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
● 新規提供可能マウス系統
● 凍結保存移行予定マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  特集 今月のマウス  2014年12月
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

CXCL12-abundant reticular cells as a microenvironmental niche in bone
marrow
 RBRC04200 B6;129P2-Cxcl12<tm2Tng>/TngRbrc
 RBRC04198 B6;129P2-Cxcr4<tm2Tng>/TngRbrc

 寄託者:長澤丘司先生 (京都大学再生医科学研究所)

詳細はこちら
 http://mus.brc.riken.jp/mouse_of_month/dec_2014_mm

今月のマウス・バックナンバー
 http://mus.brc.riken.jp/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室
( animal@brc.riken.jp )までお問い合わせください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  年末年始休業のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 誠に勝手ながら下記の期間、年末年始の休業とさせていただきます。皆様には
大変ご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げ
ます。

   休業期間:平成26年12月27日(土)~平成27年1月4日(日)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには是非ご連絡をお待
ちしております。

RBRC00144 B6.SJL-Ptprc<a>/Rbrc 《C57BL/6-Ly5.1》
Masuko K, Wakita D, Togashi Y, Kita T, Kitamura H, Nishimura T.
Artificially synthesized helper/killer-hybrid epitope long peptide
(H/K-HELP): Preparation and immunological analysis of vaccine efficacy.
Immunol Lett., doi: 10.1016/j.imlet.2014.11.016, 2014.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25479286

RBRC00806 B6.Cg-Tg(CAG-GFP/LC3)53Nmz/NmzRbrc 《GFP-LC3#53》
Nakaoka M, Iwai-Kanai E, Katamura M, Okawa Y, Mita Y, Matoba S. An
alpha-adrenergic agonist protects hearts by inducing Akt1-mediated
autophagy.
Biochem Biophys Res Commun., doi: 10.1016/j.bbrc.2014.11.067, 2014.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25446079

RBRC01059 NC/NgaRbrc
Hussain Z, Katas H, Mohd Amin MC, Kumolosasi E. Efficient
Immuno-Modulation of TH1/TH2 Biomarkers in
2,4-Dinitrofluorobenzene-Induced Atopic Dermatitis: Nanocarrier-Mediated
Transcutaneous Co-Delivery of Anti-Inflammatory and Antioxidant Drugs.
PLoS One; 9:e113143, 2014.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25396426

RBRC01071 B6.129P2-Rbpj<tm1Hon>/HonRbrc 《Floxed RBP-J》
Nakamura M, Shibata K, Hatano S, Sato T, Ohkawa Y, Yamada H, Ikuta K,
Yoshikai Y.
A Genome-Wide Analysis Identifies a Notch-RBP-Jκ-IL-7Rα Axis That
Controls IL-17-Producing γδ T Cell Homeostasis in Mice. J Immunol.,
pii: 1401619, 2014.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25429074

RBRC01908 B6.C3-Tg(Mt1-Il5)6Ato/KtkRbrc
Aihara N, Kamiie J, Yamada M, Shirota K. The Development of Mixed
Cryoglobulinemia in Capillaria hepatica-Infected Mice Is Associated with
the Capillaria Antigen-Induced Selective Proliferation of Splenic B-1a
Cells in Response to Interleukin-5 Stimulation. Am. J. Pathol. doi:
10.1016/j.ajpath.2014.09.017, 2014.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25452118

RBRC02705 B6.Cg-Tg(FucciS/G2/M)#492Bsi/BsiRbrc
RBRC02709 B6.Cg-Tg(FucciG1)#639Bsi/BsiRbrc
Marchingo JM, Kan A, Sutherland RM, Duffy KR, Wellard CJ, Belz GT,
Lew AM, Dowling MR, Heinzel S, Hodgkin PD. T cell signaling. Antigen
affinity, costimulation, and cytokine inputs sum linearly to amplify T
cell expansion. Science; 346:1123-7, 2014
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25430770

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝いたしております。

Dr. Kyoji Ikeda, National Center for Geriatrics and Gerontology
 RBRC06142  B6.129-Tnfsf11<tm1>

Dr. Kazuhisa Sekimizu, The University of Tokyo
 RBRC06350  B6.129S2-Asf1b<Gt(ROSABetageo)437Muv>/Skmz
 RBRC06351  ICR;129S4(B6)-Asf1a<Gt(S7-4B1)Sor>/Skmz
 RBRC06352  B6.129S4-Asf1a<Gt(S7-4B1)Sor>/Skmz

Charles River Laboratories International, Inc.
 RBRC06455  C3H/HeNCrlCrlj

Dr. Tamio Ohno, Nagoya University
 RBRC06464  NC.MRL-Fas<lpr>

RIKEN Center for Developmental Biology
 RBRC06500  Aquaporin 4 (GFP)-9 (Acc.No. CDB0758K-1)

Dr. Masato Yasui, Keio University
 RBRC06502  C.129(B6)-Aqp6<tmMysi>

Dr. Atsushi Suzuki, Yokohama National University
 RBRC06505  ICR.Cg-Tg(CAG-cat,-3xFLAG/Dazl)3
 RBRC06506  ICR.Cg-Tg(CAG-cat,-3xFLAG/Dazl)4
 RBRC06507  ICR.Cg-Tg(CAG-cat,-3xFLAG/Dnd1*3'UTR)2
 RBRC06508  ICR.Cg-Tg(CAG-cat,-3xFLAG/Dnd1)3
 RBRC06509  ICR.Cg-Tg(Oct4dPE-creERT2)4

Dr. Fujio Murakami, Graduate School of Frontier Biosciences,
Osaka University
 RBRC06513  C57BL/6N-Pax6<tm2(iCre)Fmur>

Dr. Shinichiro Chuma, Institute for Frontier Medical Sciences, Kyoto
University
 RBRC06515  B6.Cg-Tdrd6<tm1Chum>
 RBRC06516  B6.Cg-Tdrd7<tm1.1Chum>

Dr. Atsushi Suzuki, Yokohama National University
 RBRC06518  ICR.Cg-Tg(N2enh-3xFALG/Nanos3/Nanos2*3'UTR)1

Dr. Keiichi Itoi, Tohoku University
 RBRC06519  C57BL/6N-Crh<tm1(venus)Ksak>
 RBRC06520  C57BL/6N-Crh<tm2(cre)Ksak>

Dr. Makoto Tachibana, Institute for Enzyme Research, The University of
Tokushima
 RBRC06532  B6.Cg-Jmjd1c<tm1Mtac>

詳細はこちら
  http://mus.brc.riken.jp/mailnews/kitaku_list/20141209_k

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  新規提供可能マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記の寄託マウス系統のSPF化が完了し、理研BRCからの提供が提供可能となり
ました。是非、ご利用ください。
 寄託していただいた先生には、室員一同、心より感謝いたしております。
なお、系統によっては、凍結胚保存となっておりますので、生体マウスの利用を
ご希望の場合はお問い合わせください。

 RBRC06164  B6;129-Edn2<tm1Ywa>
 RBRC06165  B6;129-Edn3<tm1Ywa>
 RBRC06166  B6;129-Ece1<tm1Reh>
 RBRC06167  B6;129-Ece2<tm1Ywa>
 RBRC06252  B6.Cg-Pdzrn3<tm1.2Ysa>
 RBRC06314  C3.129(MF1)-Sparc<tm1Cam>
 RBRC06329  C57BL/6-Tg(Ly6a-KDM1A*v2)3Fscr
 RBRC06337  ICR.Cg-Tg(Olfr1507-EYFP,Olfr1508-ECFP)10Hsak
 RBRC06340  ICR.Cg-Kirrel2<tm1Hsak>
 RBRC06346  ICR.Cg-Acsm4<tm1(cre)Hsak>
 RBRC06356  B6(C3)-Lgalsl<tm1(KOMP)Vlcg>
 RBRC06380  C57BL/6J-Tg(hSMA-NCX1.3/EGFP)1

詳細はこちら
  http://mus.brc.riken.jp/mailnews/teikyo_list/20141209_t

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  凍結保存移行予定マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記の寄託マウス系統は、生体から凍結保存へ移行を予定しております。一旦、
凍結保存になりますと、生体での提供にはお時間をいただくことになります。生
体での提供をご検討の方は、メールにてご連絡いただければ、おとりおき致しま
す。なお、ご連絡をいただいた際、系統によっては、すでに凍結保存になってい
る場合がございますので、何とぞご容赦ください。

 RBRC05927  B6.Cg-Map3k5<tm1Hijo> Map3k15<tm1Hijo>
 RBRC05945  ICR.Cg-Pax6<tm1Ued>
 RBRC06164  B6;129-Edn2<tm1Ywa>
 RBRC06238  ICR.Cg-Capn6<tm1Hiso>
 RBRC06329  C57BL/6-Tg(Ly6a-KDM1A*v2)3Fscr

詳細はこちら
  http://mus.brc.riken.jp/mailnews/freeze_list/20141209_f

------------------------------------------------------------
※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp) まで「メール ニュース不要」の旨をご連絡下さい。
※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール
ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。
発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますので
そちらをご覧下さい。
http://mus.brc.riken.jp/mailnews
※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
発行
理化学研究所・バイオリソースセンター
実験動物開発室
animal@brc.riken.jp
http://mus.brc.riken.jp/
_____________________________________________
2014.12.22