マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 125


**********************************************************************
RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 125
**********************************************************************

朝の寒さはまだまだ身にしみますが、日だまりの暖かさに春の訪れを感じます。
三寒四温の季節、ゆっくり近づいてくる春の足音が楽しみですね。
理研BRC・実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス “Sirt1 overexpression in neural and vascular
  endothelial cells”
● 熊本大学との「凍結精子から個体化」の実施許諾ライセンス締結のご案内
● リソース概算見積もりのページができました
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
● 新規提供可能マウス系統
● 凍結保存移行予定マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  特集 今月のマウス  2015年2月
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Sirt1 overexpression in neural and vascular endothelial cells
 RBRC06467 C57BL/6-Tg(Prnp-Sirt1,Cryaa-EGFP)1Ksh

 寄託者:木下専先生 (名古屋大学大学院理学研究科)

詳細はこちら
 http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/feb_2015_mm

今月のマウス・バックナンバー
 http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室
( animal@brc.riken.jp )までお問い合わせください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  熊本大学との「凍結精子から個体化」の実施許諾ライセンス締結のご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 国立大学法人熊本大学の特段のご高配により、マウス凍結精子からの個体化に
ついて、寛大な実施許諾をいただきました。熊本大学に謝意を表しますとともに、
以下の通りご案内いたします。

・凍結精子から個体化したマウスの提供について
理研BRCでは、マウスの凍結精子から個体を作製し、利用者に提供しています。
そのために実施している凍結精子の融解過程には、熊本大学が保有する特許とし
て登録された技術(特許第5439677号、特許権者:熊本大学、発明者:
中潟 直己、竹尾 透)が含まれています。熊本大学のご高配により、理研BRCが
利用者のために凍結精子からの個体化に用いている技術の経常実施料は、利用者
が非営利機関の場合は無償、利用者が営利機関の場合は1件(2ストロー)に対し
て2,000円(税別)を支払うことで、熊本大学から実施許諾を受けました。

・凍結精子の提供について
利用者が、理研BRCから凍結精子を入手してご自身が個体化する際に、理研BRCが
用いているプロトコールを用いる場合は、上記特許の実施に該当します。その場
合は、(1)熊本大学の実施許諾を受ける、もしくは(2)熊本大学から本技術を用い
た製品を販売することにつき実施許諾を得た企業の製品を使用する等、特許法上
必要な措置を講じて下さい。尚、熊本大学の特許技術を含まない技術を用いる場
合は、(1)及び(2)は必要ありません。ご理解とご注意の程、宜しくお願い申し上
げます。

詳細はこちら
 http://ja.brc.riken.jp/news/guide_20150204_01.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  リソース概算見積もりのページができました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 マウスリソースの概算見積もり金額を計算することができるページを新たに作
成しました。ただし、マウス梱包の際の箱数の増減などにより、実際にかかる費
用とは異なる場合がございます。
正式な見積書につきましては、animal@brc.riken.jpまでお問い合せください。

リソース概算見積もり
 http://mus.brc.riken.jp/ja/order/estimation

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには是非ご連絡をお待
ちしております。

RBRC00209 MSM/MsRbrc
Mochida K, Hasegawa A, Otaka N, Hama D, Furuya T, Yamaguchi M,
Ichikawa E, Ijuin M, Taguma K, Hashimoto M, Takashima R, Kadota M,
Hiraiwa N, Mekada K, Yoshiki A, Ogura A. Devising assisted reproductive
technologies for wild-derived strains of mice: 37 strains from five
subspecies of Mus musculus. PLoS One.; 9(12):e114305.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25470728

RBRC00422 C.Cg-Cpox<nct>/JmsRbrc 《BALB/c-nct/nct》
Shoji H, Kiniwa Y, Okuyama R, Yang M, Higuchi K, Mori M. A nonsense
nucleotide substitution in the oculocutaneous albinism II gene underlies
the original pink-eyed dilution allele (Oca2 p) in mice. Exp. Anim. In
press.

RBRC00806 B6.Cg-Tg(CAG-GFP/LC3)53Nmz/NmzRbrc 《GFP-LC3#53》
Napolitano G, Johnson JL, He J, Rocca CJ, Monfregola J, Pestonjamasp K,
Cherqui S, Catz SD. Impairment of chaperone-mediated autophagy leads to
selective lysosomal degradation defects in the lysosomal storage disease
cystinosis. EMBO Mol Med. 7(2):158-74.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25586965

RBRC01390 B6.129P2-Nfe2l2<tm1Mym>/MymRbrc 《Nrf2 KO mouse/C57BL6J》
Jeney V, Ramos S, Bergman ML, Bechmann I, Tischer J, Ferreira A,
Oliveira-Marques V, Janse CJ, Rebelo S, Cardoso S, Soares MP. Control of
disease tolerance to malaria by nitric oxide and carbon monoxide.
Cell Rep.; 8(1):126-36.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24981859

RBRC01723 B6;129-Dffb<tm1Osa>/OsaRbrc 《CAD KO mouse》
Gao L, Huang K, Jiang DS, Liu X, Huang D, Li H, Zhang XD, Huang K.
Novel Role for Caspase-Activated DNase in the Regulation of Pathological
Cardiac Hypertrophy. Hypertension, pii: HYPERTENSIONAHA.114.04806.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25646292

RBRC01725 B6;129-Dnase2a<tm1Osa>/OsaRbrc 《DNase II Hetero KO mouse》
RBRC04020 B6.129-Dnase2a<tm2Osa>/OsaRbrc
Chan MP, Onji M, Fukui R, Kawane K, Shibata T, Saitoh S, Ohto U,
Shimizu T, Barber GN, Miyake K. DNase II-dependent DNA digestion is
required for DNA sensing by TLR9. Nat Commun.; 6:5853.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25600358

RBRC02227 ICR.Cg-Ripply2<tm1.1Ysa>/YsaRbrc 《Δ-neo-Ripply2-KO》
McInerney-Leo AM, Sparrow DB, Harris JE, Gardiner BB, Marshall MS,
O'Reilly VC, Shi H, Brown MA, Leo PJ, Zankl A, Dunwoodie SL, Duncan EL.
Compound heterozygous mutations in RIPPLY2 associated with vertebral
segmentation defects. Hum Mol Genet.; 24(5):1234-42.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25343988

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝いたしております。

Dr. Yoshihiro Ohmiya, National Institute of Advanced Industrial Science
and Technology
 RBRC05691  B6;129-Fgf18<tm1Tri>

Dr. Richard Mort, University of Edinburgh
 RBRC06511  B6;129-Gt(ROSA)26Sor<tm1(Fucci2aR)Jkn>

Dr. Tadashi Matsushita, Nagoya University Graduate School of Medicine
 RBRC06563  B6.Cg-Rhof<tm1.2Dash>

詳細はこちら
  http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20150130_k

Dr. Naohiro Hashimoto, National Institute for Longevity Sciences
 RBRC03551  B6.Cg-Abcd1<tm1Ymd>
 RBRC03552  B6.129-Abcd1<tm1Ymd>

Dr. Keiko Nakanishi, Aichi Human Service Center
 RBRC06559  B6J.129P2-Brsk2<tm1Mkt>/52Yhi
 RBRC06560  B6J.129P2-Brsk2<tm1Mkt>/28Yhi
 RBRC06561  B6N.129P2-Brsk2<tm1Mkt>/52Yhi
 RBRC06562  B6N.129P2-Brsk2<tm1Mkt>/28Yhi

Dr. Takahisa Furukawa, Institute for Protein Research, Osaka University
 RBRC06569  B6(C3)-Ift80<tm1c(KOMP)Wtsi>
 RBRC06570  B6.Cg-Tg(Npy2r-cre)1Tfur

Dr. Hiroshi Hamada, Osaka University
 RBRC06571  STOCK Tg(RARE-Hspa1b/lacZ)12Jrt

Dr. Makoto Noda, Graduate School of Medicine, Kyoto University
 RBRC06577  B6.129P2-Reck<tm2.1Noda>

Dr. Yasuko Nakano, School of Pharmaceutical Sciences, Showa University
 RBRC06578  C57BL/6N-Tg(CAG-LNL-Adipo)1Shb

Charles River Laboratories International, Inc.
 RBRC06803  STR/OrtCrlj

詳細はこちら
  http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20150304_k

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  新規提供可能マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記の寄託マウス系統のSPF化が完了し、理研BRCからの提供が提供可能となり
ました。是非、ご利用ください。
 寄託していただいた先生には、室員一同、心より感謝いたしております。
なお、系統によっては、凍結胚保存となっておりますので、生体マウスの利用を
ご希望の場合はお問い合わせください。

 RBRC06161  C57BL/6J-Tg(3xARE/TK-NRF2/venus)F4Tiw
 RBRC06351  ICR;129S4(B6)-Asf1a<Gt(S7-4B1)Sor>/Skmz
 RBRC06379  C57BL/6J-Tg(Trpv5-NCX1.3)2
 RBRC06385  C57BL/6-Dhx15<tm1Hijo>
 RBRC06448  STOCK Clmp<tm1Jwada>

詳細はこちら
  http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/teikyo_list/20150130_t

 RBRC04110  B6;129-Cyp26a1<tm1.2Hmd>
 RBRC05532  C3H/HeN-Tg(Cd4-CD4)1Yiw
 RBRC06155  C.Cg-Tg(CAG-Cre)CZ-M02Osb
 RBRC06175  B6;KOR1-Mpzl3<+/->
 RBRC06325  B6.Cg-Nfatc2<tm1Rao> Tob1<tm1Tya>
 RBRC06327  B6;129-Ffar3<tm1Reh>
 RBRC06342  C57BL/6-App<tm1(NL)Tcs>
 RBRC06355  B6.Cg-Tg(Nes-EGFP)1Yamm
 RBRC06445  C57BL/6-Tg(Fabp4-Clmp)22Jwada
 RBRC06462  C57BL/6-Prkcd<tm1Shb>

詳細はこちら
  http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/teikyo_list/20150304_t

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  凍結保存移行予定マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記の寄託マウス系統は、生体から凍結保存へ移行を予定しております。一旦、
凍結保存になりますと、生体での提供にはお時間をいただくことになります。生
体での提供をご検討の方は、メールにてご連絡いただければ、おとりおき致しま
す。なお、ご連絡をいただいた際、系統によっては、すでに凍結保存になってい
る場合がございますので、何とぞご容赦ください。

 RBRC02132  B6.Cg-Tg(Hils-EGFP)2Htan
 RBRC05945  ICR.Cg-Pax6<tm1Ued>
 RBRC06238  ICR.Cg-Capn6<tm1Hiso>
 RBRC06352  B6.129S4-Asf1a<Gt(S7-4B1)Sor>/Skmz

詳細はこちら
  http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/freeze_list/20150130_f

 RBRC02132  B6.Cg-Tg(Hils-EGFP)2Htan
 RBRC03513  Isx(lacZ) (Acc.No. CDB0475K)
 RBRC05737  B6.Cg-Tg(CAG-tdKaede)15Utr
 RBRC05755  C57BL/6-Map3k15<tm1Hijo>
 RBRC06038  B6.Cg-Hcn4<tm1(tTA)>/1Kyo
 RBRC06134  C57BL/6-Tg(Oog1*3.9-AcGFP)B
 RBRC06162  B6;129-Ednra<tm1Ywa>
 RBRC06163  B6;129-Ednrb<tm1Ywa>
 RBRC06165  B6;129-Edn3<tm1Ywa>
 RBRC06238  ICR.Cg-Capn6<tm1Hiso>
 RBRC06249  B6.129-Ret<tm1Mat>
 RBRC06252  B6.Cg-Pdzrn3<tm1.2Ysa>
 RBRC06314  C3.129(MF1)-Sparc<tm1Cam>
 RBRC06327  B6;129-Ffar3<tm1Reh>
 RBRC06350  B6.129S2-Asf1b<Gt(ROSABetageo)437Muv>/Skmz
 RBRC06352  B6.129S4-Asf1a<Gt(S7-4B1)Sor>/Skmz
 RBRC06380  C57BL/6J-Tg(hSMA-NCX1.3/EGFP)1
 RBRC06448  STOCK Clmp<tm1Jwada>

詳細はこちら
  http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/freeze_list/20150304_f

------------------------------------------------------------
※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp) まで「メール ニュース不要」の旨をご連絡下さい。
※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール
ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。
発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますので
そちらをご覧下さい。
http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
発行
理化学研究所・バイオリソースセンター
実験動物開発室
animal@brc.riken.jp
http://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
2015.03.06