マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification

JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 126


**********************************************************************
RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 126
**********************************************************************

あたたかい風に乗って花の香りが運ばれてくる頃となりました。のどかな陽の中
を散策していると大きなつくしの群生を見つけました。「土筆」と書くように筆
のような姿が一面に広がり春らしい光景です。
理研BRC・実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 理研BRC一般公開のお知らせ 4月17日(金)、18日(土)
● 日本実験動物学会総会 参加のお知らせ
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  理研BRC一般公開のお知らせ 4月17日(金)、18日(土)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 理研BRCでは、科学技術週間4月13日(月)~19日(日)の一環として、一般公
開を予定しております。みなさま、是非ご家族そろってお越しください。

理研BRCの一般公開日は次の通りです。入場無料。
4月17日(金) 13:00~16:00
  18日(土) 10:00~16:00

詳細はこちら
 http://rtcweb.rtc.riken.jp/openhouse27/index.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  日本実験動物学会総会 参加のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の日程で、第62回日本実験動物学会総会が開催されます。みなさま、是非ご
参加下さい。

会 期:  5月28日(木)~5月30日(土)
会 場:  京都テルサ(京都府民総合交流プラザ)

詳細はこちら
 http://www.ipec-pub.co.jp/62jalas/index.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには是非ご連絡をお待
ちしております。

RBRC00806 B6.Cg-Tg(CAG-GFP/LC3)53Nmz/NmzRbrc 《GFP-LC3#53》
Carames B, Olmer M, Kiosses WB, Lotz M. The relationship of autophagy
defects and cartilage damage during joint aging in a mouse model.
Arthritis Rheumatol, doi: 10.1002/art.39073.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25708836

RBRC02228 ICR.Cg-Tg(TOPGAL)/YsaRbrc 《TOP-GAL》
Lu TL, Chen CM. Differential Requirements for β-Catenin in Murine
Prostate Cancer Originating from Basal versus Luminal Cells, doi:
10.1002/path.4521.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25712462

RBRC01080 B6.129S-Drd1a<tm1Mok>/MokRbrc
Hu Z, Oh EH, Chung YB, Hong JT, Oh KW. Predominant D1 Receptors
Involvement in the Over-expression of CART Peptides after Repeated
Cocaine Administration. Korean J. Physiol. Pharmacol. Korean J Physiol
Pharmacol.;19(2):89-97, doi: 10.4196/kjpp.2015.19.2.89.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25729269

RBRC02290 STOCK Tg(Nanog-GFP,Puro)1Yam
Nukaya D, Minami K, Hoshikawa R, Yokoi N, Seino S. Preferential gene
expression and epigenetic memory of induced pluripotent stem cells
derived from mouse pancreas. Genes Cells, doi: 10.1111/gtc.12227.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25727848

RBRC011959-UCD
Hirayama Y, Ikeda-Matsuo Y, Notomi S, Enaida H, Kinouchi H, Koizumi S.
Astrocyte-Mediated Ischemic Tolerance. J Neurosci. ;35(9):3794-805,
doi: 10.1523/JNEUROSCI.4218-14.2015.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25740510

RBRC01680 B6.Cg-Smoc1<Tn(sb-lacZ,GFP)PV384Jtak>/JtakRbrc 《PV384》
Awwad K, Hu J, Shi L, Mangels N, Malik RA, Zippel N, Fisslthaler B,
Eble JA, Pfeilschifter J, Popp R, Fleming I. Role of secreted modular
calcium binding protein 1 (SMOC1) in transforming growth factor β
signaling and angiogenesis. Cardiovasc Res, pii: cvv098.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25750188

RBRC01390 B6.129P2-Nfe2l2<tm1Mym>/MymRbrc 《Nrf2 KO mouse/C57BL6J》
Bretscher P, Egger J, Shamshiev A, Trötzmüller M, Köfeler H, Carreira EM,
Kopf M, Freigang S. Phospholipid oxidation generates potent
anti-inflammatory lipid mediators that mimic structurally related
pro-resolving eicosanoids by activating Nrf2. EMBO Mol Med,
pii: e201404702, doi: 10.15252/emmm.201404702.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25770125

RBRC01672 RR/SgnRbrc
Suto JI. Genetic analysis of low survival rate of pups in RR/Sgn inbred
mice. J Vet Med Sci.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25754650

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝いたしております。

Dr. Yoshibumi Matsushima, Saitama Cancer Center
 RBRC06413  AK.Cg-Dms
 RBRC06415  C.Cg-Dms
 RBRC06416  C3.Cg-Dms
 RBRC06417  D2.Cg-Dms
 RBRC06418  JF1.Cg-Dms
 RBRC06419  KOR1.Cg-Dms
 RBRC06420  NC.Cg-Dms
 RBRC06422  BALB/c-Scn1a<+/->
 RBRC06423  D2;C-Scn1a<+/->
 RBRC06424  SMD
 RBRC06425  SMM
 RBRC06426  STM
 RBRC06440  C3H-ses

Dr. Haruko Hayasaka, Kinki University
 RBRC06804  B6.Cg-Dach1<tm1Hhsk>
 RBRC06805  C57BL/6-Gt(ROSA)26Sor<tm1(dach1)Hhsk>

RIKEN Center for Developmental Biology
 RBRC09236  p16-luc(Acc. No. CDB0416T-53)(B6)
 RBRC09237  p21-p-luc(Acc. No. CDB0415T-34)(B6)

Dr. Yujiro Higashi, Aichi Human Service Center
 RBRC09239  ICR;129(Cg)-Zfhx1b<tm2.1Yhi>
 RBRC09240  STOCK Zfhx1b<tm2.1Yhi>

Dr. Nobuko Mori, Osaka Prefecture University
 RBRC09247  BALB/cHeAHiOpu
 RBRC09248  CHe.129-Trp53<tm1Brd>
 RBRC09249  CHe(Cg)-Ccdc85c<hhy>
 RBRC09250  CHe.STS-(D4Mit302-D4YI7)
 RBRC09251  CHe.STS-(D4Mit163-D4Mit31)
 RBRC09252  CHe.STS-(D4Mit39-D4Mit86)
 RBRC09253  CHe.STS-(D4Mit322-D4Mit86)

詳細はこちら
  http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20150330_k

------------------------------------------------------------
※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp) まで「メール ニュース不要」の旨をご連絡下さい。
※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール
ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。
発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますので
そちらをご覧下さい。
http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
発行
理化学研究所・バイオリソースセンター
実験動物開発室
animal@brc.riken.jp
http://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
2015.03.31