マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 133


**********************************************************************
RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 133
**********************************************************************

青く澄み渡った空に赤とんぼが飛び交う季節となりました。枝が折れそうなほど柿が実り
つくばの街は鮮やかな秋の色で彩られています。
理研BRC・実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス “A tool for olfactory sensory neuron-specific mosaic analysis”
● IMPC国際シンポジウム横浜 のお知らせ
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス  2015年10月
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

A tool for olfactory sensory neuron-specific mosaic analysis
RBRC02930  C57BL/6-Tg(Olfr1507,ECFP)1Hsak  (東京大学大学院医学研究科)
RBRC06339  ICR.Cg-Tg(Olfr1507-cre)1Hsak    (福井大学医学部)
寄託者:坂野仁先生(福井大学医学部)

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/oct_2015_mm

今月のマウス・バックナンバー
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp)までお問い合わせください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃IMPC国際シンポジウム横浜 のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の日程で、IMPC国際シンポジウム横浜が開催されます。当シンポジウムでは
IMPCの順調な成果を発表するとともに、欧米でのIMPCマウスの利用と創薬・基礎
医学の発展に向けた実情の紹介、さらに、マウスを使って創薬に取り組んでいる国内
の研究者をお招きし、実際どのように利用しているのかを紹介していただく予定です。
基礎はもちろん、創薬、基礎医学に関わっておられる研究者、学生のみなさまに広く
IMPCで開発したマウスを知っていただきたく、多数のご参加をお待ちしております。

 日 時:11月12日(木) 13:00~
 会 場:横浜市開港記念会館
 参加費:無料(但し、事前申込をお願い致します)

 お申込みフォーム
 http://impc.brc.riken.jp/ja/sympo_5.html

 詳細はこちら
 http://impc.brc.riken.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには是非ご連絡をお待
ちしております。

RBRC00398 B6.129P2-Mmp2<tm1Ito>/ItoRbrc [GelA KO, B6.129P2-Mmp2tm1Ito]
Taylor SH, Yeung CC, Kalson NS, Lu Y, Zigrino P, Starborg T, Warwood S, 
Holmes DF, Canty-Laird EG, Mauch C, Kadler KE. Matrix metalloproteinase 
14 is required for fibrous tissue expansion. Elife.;4, pii:e09345, 2015. 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26390284

RBRC00984 ICR;129P2-Nfe2l2<tm1Mym>/MymRbrc [Nrf2 KO]
Ramkissoon A, Wells PG. Methamphetamine Oxidative Stress, Neurotoxicity, 
And Functional Deficits Are Modulated By Nuclear Factor-E2-Related Factor 2. 
Free Radic Biol Med.;89:358-368, 2015.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26427884

RBRC01099 ERAI mice [ER stress-activated indicator]
Norlin S, Parekh VS, Naredi P, Edlund H. Asna1/TRC40 controls beta 
cell function and ER homeostasis by ensuring retrograde transport. 
Diabetes, pii: db150699, 2015.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26438609

RBRC01459 POCre-A
Ogawa Y, Eto A, Miyake C, Tsuchida N, Miyake H, Takaku Y, Hagiwara H, 
Oishi K. Induced Pluripotent Stem Cells Generated from P0-Cre;Z/EG 
Transgenic Mice. PLoS One.;10(9):e0138620, 2015.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26382630

RBRC01834 C57BL/6-Tg(CAG-flpe)36Ito/ItoRbrc [B6-Tg(CAG-FLPe)36]
Raveney BJ, Oki S, Hohjoh H, Nakamura M, Sato W, Murata M, Yamamura T. 
Eomesodermin-expressing T-helper cells are essential for chronic neuroinflammation. 
Nat Commun.;6:8437, 2015. 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26436530

RBRC01939 B6.129X1-Trpv4<tm1Msz> [TRPV4KO]
Ueda T, Hoshikawa M, Shibata Y, Kumamoto N, Ugawa S. Basal cells express 
functional TRPV4 channels in the mouse nasal epithelium. Biochem. Biophys. 
Rep.;4:169-174, 2015
http://dx.doi.org/10.1016/j.bbrep.2015.09.008

RBRC02412 B6.Cg-Tg(Nes-cre)1Nogu
Trifonov S, Yamashita Y, Kase M, Maruyama M, Sugimoto T. Overview and 
assessment of the histochemical methods and reagents for the detection of 
β-galactosidase activity in transgenic animals. Anat Sci Int., 2015.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26394634

RBRC03733 B6;129S4-Dnmt3b<tm5.1Enl> [Dnmt3b<tm5.1Enl>; Dnmt3b conditional KO, Dnmt3b-2lox]
Matsuzaki H, Okamura E, Takahashi T, Ushiki A, Nakamura T, Nakano T, Hata K, 
Fukamizu A, Tanimoto K. De novo DNA methylation through 5'-segment of the H19 
ICR maintains its imprint during early embryogenesis. Development, 
pii: dev.126003, 2015.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26417043

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝いたしております。

Dr. Takahisa Furukawa, Osaka University
RBRC09406 B6C3.129-Lrtm2<tm1(EUCOMM)Wtsi>/Tfur
RBRC09407 B6C3.129-Zfp365<tm1(KOMP)Wtsi>/Tfur
RBRC09433 129(Cg)-Ick<tm1.1Tfur>
RBRC09434 B6CD1-Tg(Pax2-cre)1Akg

Dr. Yoh Wada, Osaka University 
RBRC09432 B6-Atp6v1g2<tm1.1Ywd>

Dr. Yoichi Shinkai, RIKEN
RBRC09463 B6-Mettl20<em1.2Yshk>

Dr. Toru Nakano, Osaka University
RBRC09475 B6.129S2-Piwil2<tm1Nkn>
RBRC09476 B6.129S2-Piwil4<tm1Nkn>

Dr. Kazuhiro Iwai, Kyoto University
RBRC09483 B6.B6CB-Hoip<tm1Kiwa>

Dr. Kazuhisa Sekimizu, University of Tokyo
RBRC09498 B6.129/Sv-Tcea3<tm1Skmz>
RBRC09499 B6.129R1-Tg(p116)

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20151023_k

------------------------------------------------------------
※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メール ニュース不要」の旨をご連絡下さい。 
※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。 
※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。 発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますので そちらをご覧下さい。 http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。 
※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
発行
理化学研究所・バイオリソースセンター
実験動物開発室
animal@brc.riken.jp
http://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
2015.11.04.