マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification

JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 134


**********************************************************************
RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 134
**********************************************************************

街路樹の葉は見事に色づき木々の根本には華やかな落ち葉が散りつもっています。
つくばの紅葉は今が見ごろの季節。筑波山も美しい錦の装いをととのえました。
理研BRC・実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス
  “Pathomechanistic model mice of sporadic ALS: Conditional ADAR2 knockout mice AR2”
● BMB2015ブース出展 のお知らせ
● 理研BRCに寄託された系統に関する論文
● 利用者の成果
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス  2015年11月
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Pathomechanistic model mice of sporadic ALS: Conditional ADAR2 knockout mice AR2
 RBRC09428 B6.Cg-Adarb1<tm1.1Skwa> Tg(SLC18A3-cre)KMisa
 寄託者:位高啓史先生・郭伸先生(東京大学 大学院医学系研究科)

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/nov_2015_mm

今月のマウス・バックナンバー
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp)までお問い合わせください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ BMB2015ブース出展 のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の日程で、BMB2015(第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 
合同大会)が開催されます。理研BRCからは神戸国際展示場にブースを出展します。
ぜひ、お立ち寄り下さい。

 会期: 2015年12月1日(火)~4日(金) 出展は12月3日まで
 会場: 神戸ポートアイランド

詳細はこちら
 http://www.aeplan.co.jp/bmb2015/index.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃理研BRCに寄託された系統に関する論文
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

寄託系統に関する論文が発表されました。

Dietrich JE, Panavaite L, Gunther S, Wennekamp S, Groner AC, Pigge A, 
Salvenmoser S, Trono D, Hufnagel L, Hiiragi T.
Venus trap in the mouse embryo reveals distinct molecular dynamics 
underlying specification of first embryonic lineages.
EMBO rep.; 16(8):1005-21, doi: 10.15252/embr.201540162, 2015. 
http://dx.doi.org/10.15252/embr.201540162

RBRC04954 B6C3-Nup85<Gt(venusTrap_JAV0010-C)4000-1211>
RBRC04955 B6C3-Nup85<Gt(venusTrap_JAV0010-C)4000-1214>
RBRC04956 B6C3-Sarnp<Gt(venusTrap_JAV0022-A)4000-1504>
RBRC04957 B6C3-Sarnp<Gt(venusTrap_JAV0022-A)4000-1505>
RBRC04032 B6C3-Polg<Gt(venusTrap_JAV0025-A)4000-256>
RBRC04958 B6C3-Plekhg3<Gt(venusTrap_JAV0033-B)4000-1728>
RBRC04959 B6C3-Plekhg3<Gt(venusTrap_JAV0033-B)4000-1729>
RBRC04960 B6C3-Fbxl3<Gt(venusTrap_JAV0033-D)4000-1634>
RBRC04961 B6C3-Fbxl3<Gt(venusTrap_JAV0033-D)4000-1636>
RBRC04962 B6C3-Pdcd11<Gt(venusTrap_JAV0036-A)4000-1223>
RBRC04963 B6C3-Pdcd11<Gt(venusTrap_JAV0036-A)4000-1225>
RBRC04964 B6C3-Cd2ap<Gt(venusTrap_JAV0036-C)4000-1232>
RBRC14965 B6C3-Cd2ap<Gt(venusTrap_JAV0036-C)4000-1235>
RBRC04034 B6C3-Cdk11b<Gt(venusTrap_JAV0041-A)4000-124>
RBRC04966 B6C3-Itpkc<Gt(venusTrap_JAV0050-A)4000-1140>
RBRC04967 B6C3-Itpkc<Gt(venusTrap_JAV0050-A)4000-1141>
RBRC04972 B6C3-Zfp868<Gt(venusTrap_JAV0053-F)4000-1362>
RBRC04973 B6C3-Zfp868<Gt(venusTrap_JAV0053-F)4000-1363>
RBRC04023 B6C3-Senp2<Gt(venusTrap_fJAV0002-D)4004-321>
RBRC04024 B6C3-Ctnna1<Gt(venusTrap_fJAV0003-A)4004-158>
RBRC04025 B6C3-Supt6h<Gt(venusTrap_fJAV0005-A)4004-565>   
RBRC04026 B6C3-Rbm9<Gt(venusTrap_fJAV006-C)4004-515>
RBRC04978 B6C3-Hjurp<Gt(venusTrap_fJAV0013-A)4004-1078>
RBRC04979 B6C3-Hjurp<Gt(venusTrap_fJAV0013-A)4004-1273>
RBRC04029 B6C3-Tmem50b<Gt(venusTrap_fJAV0017-B)4004-346>
RBRC04980 B6C3-Rprd2<Gt(venusTrap_fJAV0028-A)4004-1101>
RBRC04981 B6C3-Rprd2<Gt(venusTrap_fJAV0028-A)4004-1290>
RBRC04984 B6C3-Hmgcll1<Gt(venusTrap_fJAV0028-G)4004-2170>
RBRC04985 B6C3-Hmgcll1<Gt(venusTrap_fJAV0028-G)4004-2171>

 <寄託者のみなさまへ:Reference情報ご提供のお願い>
特性や成果論文の情報が追加されることで、ご寄託いただいたマウス系統が利用
されるチャンスが増え、生命科学研究の進展にさらに寄与することができます。
理研BRCへご寄託いただいた系統を利用した成果を発表された際には、ぜひ当室へ
ご連絡をお願い申し上げます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには是非ご連絡をお待
ちしております。

RBRC-GD000099 animal_RBRC-GD000099
Zhang H, Kuang XL, Chang Y, Lu J, Jiang H, Wu S. Reduced serine 
racemase expression in aging rat cerebellum is associated with 
oxidative DNA stress and hypermethylation in the promoter. Brain Res., 
pii: S0006-8993(15)00796-9, doi: 10.1016/j.brainres.2015.10.034, 2015.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26505919

RBRC00002 129/Sv
Inoue K, Ogura A. In quest of genomic treasure. J Reprod Dev., 2015.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26400375

RBRC00222 SL/Kh
Hiratsuka T, Takei Y, Ohmori R, Imai Y, Ozeki M, Tamaki K, Haga H, 
Nakamura T, Tsuruyama T. ZFP521 contributes to pre-B-cell lymphomagenesis 
through modulation of the pre-B-cell receptor signaling pathway. Oncogene, 
doi: 10.1038/onc.2015.385, 2015.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26522721

RBRC01262 Mitf<mi-bw> mutant mouse
Ohba K, Takeda K, Yamamoto H, Shibahara S. Microphthalmia-associated 
transcription factor is expressed in projection neurons of the mouse 
olfactory bulb. Genes Cells, doi: 10.1111/gtc.12312, 2015.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26522736

RBRC02928 B6;129-Olfr1507<tm1(EGFP)Hsak> [MOR28 knock-in]
Zapiec B, Mombaerts P. Multiplex assessment of the positions of odorant 
receptor-specific glomeruli in the mouse olfactory bulb by serial two-photon 
tomography. Proc Natl Acad Sci U S A.;112(43):E5873-82, 2015.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26450880

RBRC02290 STOCK Tg(Nanog-GFP,Puro)1Yam
Iseki H, Nakachi Y, Hishida T, Yamashita-Sugahara Y, Hirasaki M, Ueda A, 
Tanimoto Y, Iijima S, Sugiyama F, Yagami KI, Takahashi S, Okuda A, Okazaki Y. 
Combined Overexpression of JARID2, PRDM14, ESRRB, and SALL4A Dramatically 
Improves Efficiency and Kinetics of Reprogramming to Induced Pluripotent 
Stem Cells. Stem Cells, doi: 10.1002/stem.2243, 2015.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26523946

------------------------------------------------------------
※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メール ニュース不要」の旨をご連絡下さい。 
※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。 
※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。 発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますので そちらをご覧下さい。 http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。 
※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
発行
理化学研究所・バイオリソースセンター
実験動物開発室
animal@brc.riken.jp
http://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
2015.11.27.