マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 137


**********************************************************************
RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 137
**********************************************************************

寒さの中にも春の息吹が感じられるようになりました。桃の節句も近づき
つくばの冬も終わろうとしています。
理研BRC・実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス
  “Activation of NF-κB pathway and suppression of cell death  
   through linear polyubiquitination activity of LUBAC”
● アンケートのお願い  理研BRCのマウスをご利用の皆様へ
● クロンテック社との蛍光タンパク質 DsRed2 と mCherry の学術利用目的の
  保存と提供に関するLIMITED USE LICENSE締結
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス  2016年2月
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Activation of NF-κB pathway and suppression of cell death 
through linear polyubiquitination activity of LUBAC
  RBRC09483 B6.B6CB-Rnf31<tm1.1Kiwa>
 寄託者:岩井一宏先生(京都大学 大学院医学研究科)

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/feb_2016_mm

今月のマウス・バックナンバー
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp)までお問い合わせください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ アンケートのお願い  理研BRCのマウスをご利用の皆様へ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日頃より理研BRCをご利用いただきありがとうございます。
この度、今後より良いサービスを提供することを目的として皆様のご意見を頂戴したく
アンケートを実施することになりました。

アンケートの回答はサービス向上のためだけに使用され、特定の個人が識別できる情報として
公表されることはありません

アンケートの所要時間は1分程度です。率直なご意見・ご要望をお聞かせください。
皆様のご協力をお待ちしております。

下記URLをクリックしてアンケートにお進みください。
https://jp.surveymonkey.com/r/H7M5SHH

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ クロンテック社との 蛍光タンパク質 DsRed2 と mCherry の
┃ 学術利用目的の保存と提供に関するLIMITED USE LICENSE締結
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCは2016年1月14日に、クロンテック社と、クロンテック社が保有する
蛍光タンパク質(DsRed2とmCherry)についてライセンス契約を締結しました。

皆様の開発されました蛍光タンパク質遺伝子を組み込んだマウス、細胞及び
プラスミドの寄託を受入れ、維持・管理・保存し、ライセンス料相当額を
ご負担いただくことで、非営利機関の学術研究へ提供することが可能となりました。

蛍光タンパク質遺伝子を組み込んだマウス、細胞及びプラスミドは、
関連研究分野の発展に大きな貢献をすることが期待されています。

当センターにご寄託いただくことで、煩雑な維持や他の研究者への分与作業等の
ご負担を大幅に軽減することができます。ご寄託頂きましたバイオリソースは、
広く研究者の皆様のニーズにお応えして提供できるよう精一杯努力しますので、
どうぞ当センターにご寄託くださいますようお願い申し上げます。

クロンテック社が保有する蛍光タンパク質リソースリスト
 http://ja.brc.riken.jp/news/clontech_resource.shtml

詳細はこちら
http://ja.brc.riken.jp/news/press_20160217_01.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには是非ご連絡をお待
ちしております。

RBRC00267  C57BL/6-Tg(CAG-EGFP)C14-Y01-FM131Osb
Baba M, Kitoh K, Takashima Y. Removal of extracellular Toxoplasma 
gondii tachyzoites from suspended cell culture. 
Parasitol Int., doi: 10.1016/j.parint.2016.01.012, 2016.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26806654

RBRC04396  B6.129-Crym<tm1Sasu>
Seko D, Ogawa S, Li TS, Taimura A, Ono Y. μ-Crystallin controls 
muscle function through thyroid hormone action. 
FASEB J., pii: fj.15-280933, 2015. 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26718889

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝いたしております。

Dr. Kiyotoshi Sekiguchi, Osaka University
RBRC06469  B6;129-Frem1<tm1Ksek>

Dr. Shigemi Kinoshita, Osaka University
RBRC09436  STOCK-Cebpb<tm1Kish>/133 (ICR;B6;129P2)
RBRC09437  STOCK-Cebpb<tm1Kish>/188 (ICR;B6;129P2)
RBRC09438  STOCK-Cebpb<tm1Kish>/47 (B6;D2;129P2)
RBRC09439  STOCK-Cebpb<tm1Kish>/57 (B6;D2;129P2)
RBRC09440  STOCK-Cebpb<tm1Kish> (ICR;B6;129P2)
RBRC09441  STOCK-Cebpb<tm1Kish> (B6;D2;129P2)
RBRC09442  STOCK-Aicda<tm1Hon> Cebpb<tm1Kish>

Shionogi & Co., Ltd.
RBRC09450  B6-Gt(Rosa)26Sor<tm1(CAG-GCaMP6,-mCherry)Shi>
RBRC09451  FVB-Tg(Thy1-GCaMP6-actin/mCherry)1Shi
RBRC09452  FVB-Tg(Thy1-GCaMP6)5Shi
RBRC09453  FVB-Tg(Thy1-GCaMP6, -mCherry)1Shi

Dr. Masahito Ikawa, Osaka University
RBRC09500  B6D2-Wbp2nl<tm1b(EUCOMM)Osb>
RBRC09501  B6D2-Tg(Clgn-Ppp3cc,mCherry)Osb
RBRC09502  B6D2-Tg(Clgn-Ppp3cc,FLAG)Osb/1
RBRC09503  B6D2-Tg(Clgn-Ppp3cc,FLAG)Osb/2
RBRC09504  B6D2-Ppp3r2<em1Osb>
RBRC09505  B6D2-Wdr63<em1Osb>
RBRC09506  B6D2-Ccdc63<em1Osb>
RBRC09507  B6D2-Dnaic1<em1Osb>/S124A S127A

Dr. Takahisa Furukawa, Osaka University
RBRC09557 B6;C3H;129-Itfg1<tm1a(EUCOMM)Hmgu/Tfur>

Dr. Hiromichi Matsumoto, Utsunomiya University
RBRC09560  129S2.B6-Tg(CAG/Acr-EGFP)-Tinagl1<tm1Maru>
RBRC09561  C57BL/6-Tinagl1<tm1Maru>
RBRC09562  C57BL/6-Tinagl1<tm1.1Maru>

Dr. Masatake Araki, Kumamoto University
RBRC09567  B6.Cg-Eif2c1<Gt(Ayu21-W246*mERT2)1Card>
RBRC09568  B6.Cg-Eif2c1<Gt(Ayu21-W246*mERT2)2Card>
RBRC09569  B6.Cg-Eif2c1<Gt(Ayu21-W246*mERT2)3Card>
RBRC09570  B6.Cg-Gt(Ayu21-106*SACre)1Card
RBRC09571  B6.Cg-CF166997<Gt(Ayu21-T34*SACre)2Card>
RBRC09572  B6.Cg-BY736053<Gt(Ayu21-W148*SACre)1Card>
RBRC09573  B6.Cg-BY736053<Gt(Ayu21-W148*SACre)2Card>
RBRC09574  B6.Cg-Gt(Ayu21-W203*SACre)2Card
RBRC09575  B6.Cg-Gt(Ayu21-W241*SACre)1Card
RBRC09576  B6.Cg-Gt(Ayu21-W241*SACre)2Card
RBRC09577  B6.Cg-Gt(Ayu21-W147*SACre)1Card
RBRC09578  B6.Cg-6820431F20Rik<Gt(Ayu21-W392*mERT2)1Card>
RBRC09579  B6.Cg-Slc38a4<Gt(Ayu21-W473*mERT2)1Card>
RBRC09580  B6.Cg-Fblim1<Gt(Ayu21-T327*mERT2)1Card>
RBRC09581  B6.Cg-Fblim1<Gt(Ayu21-T327*mERT2)2Card>
RBRC09582  B6.Cg-Fblim1<Gt(Ayu21-T327*mERT2)3Card>
RBRC09583  B6.Cg-Apobec1<Gt(Ayu21-B120*SACre)1Card>
RBRC09584  B6.Cg-Itgb7<Gt(Ayu21-T514*mERT2)1Card>
RBRC09585  B6.Cg-Itgb7<Gt(Ayu21-T514*mERT2)2Card>
RBRC09586  B6.Cg-Tet1<Gt(Ayu21-W28*SAiCE)1Card>
RBRC09587  B6.Cg-Tet1<Gt(Ayu21-W28*SAiCE)2Card>
RBRC09588  B6.Cg-Sos1<Gt(Ayu21-B166*mERT2)1Card>
RBRC09589  B6.Cg-Gt(Ayu21-W115*SACre)2Card
RBRC09590  B6.Cg-Gt(Ayu21-W207*SAEiCE)1Card
RBRC09591  B6.Cg-Trp53cor1<Gt(Ayu21-B186*SAEiCE)1Card>
RBRC09592  B6-ROSA26Tm(SAEiCE)13Card
RBRC09593  B6-ROSA26Tm(SAEiCE)16Card
RBRC09594  B6-AfmTm(NLSD-Cre)38Card

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20160212_k

Dr. Takashi Agui, Hokkaido University
RBRC09377  B6.D2-(D6Mit188-D6Mit15)/Hkv
RBRC09379  B6.D2-(D1Mit191-D1Mit291)/Hkv
RBRC09380  D2.B6-(D1Mit191-D1Mit291)/Hkv

Dr. Yasushi Okazaki, Saitama Medical University
RBRC09421  FVB.129S6-Gt(ROSA)26Sor<tm1(Pik3ca*H1047R)Egan>
RBRC09422  FVB.129S6-Gt(ROSA)26Sor<tm1(Pik3ca*E545K)Egan>

RIKEN BRC
RBRC09443  C3.B6-Tuba1a<Rgsc1736>
RBRC09444  B6(C3)-Tuba1a<Rgsc1736>

Dr. Toshiaki Kokubo, National Institute of Radiological Sciences
RBRC09465  C57BL/6JJmcSlc-Tg(GFPDcp1a)29Nrs

Dr. Masayuki Yamamoto, Tohoku University
RBRC09508  C57BL/6J-Tg(RP11-94J18/RP11-662G11)BMy

Dr. Hiroshi Hamada, Osaka University
RBRC09510  B6 129-Rsph4a<tm1.0Hmd>
RBRC09511  B6 129-Rsph4a<tm1.1Hmd>

Dr. Osamu Hashimoto, Kitasato University
RBRC09516  C57BL/6J-Inhbc<em10Ohm>
RBRC09517  C57BL/6J-Inhbc<em61Ohm>
RBRC09518  C57BL/6J-Inhbc<em93Ohm>
RBRC09519  C57BL/6J-Tg(CAC-flox stoped INHBC)18Ohm
RBRC09520  C57BL/6J-Tg(CAC-flox stoped INHBC)38Ohm
RBRC09521  C57BL/6J-Tg(CAC-flox stoped INHBC)48Ohm

Dr. Fumihiro Sugiyama, University of Tsukuba
RBRC09522  B6-Exoc1<tm1b(EUCOMM)Hmgu>
RBRC09523  C57BL/6J-Kit<em1Utr>
RBRC09524  C57BL/6J-Kit<W-Utr>
RBRC09525  C57BL/6J-Ins1<em1(cre)Utr>

Dr. Shigeto Shimmura, Keio University
RBRC09538  B6-Tgfbi<tm1(TGFBI)Dokm>

Dr. Makoto Kinoshita, Nagoya University
RBRC09539  C57BL/6-Cdc42ep4<tm1.1Ksh>

Dr. Kenji Tanaka, Keio University
RBRC09545  STOCK-Tg(Slc6a3-tTA)15Kftnk (DAT-tTA line15)
RBRC09547  STOCK-Tg(Slc6a3-tTA)2Kftnk (DAT-tTA line2)
RBRC09548  STOCK-Tg(Dbh-tTA)Kftnk (DBH-tTA)
RBRC09549  STOCK-Tg(Aif1-tTA)75Kftnk (Iba1-tTA line75)
RBRC09550  B6;129-Actb<tm1(tetO-YCnano50)Kftnk>/Kftnk (tetO-YCnano50)

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20160128_k

------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メール ニュース不要」の旨をご連絡下さい。 
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。 
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews 
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。 
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。 
_____________________________________________ 
 発行
 理化学研究所・バイオリソースセンター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 http://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2016.02.29.