マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 145


**********************************************************************
RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 145
**********************************************************************

さわやかな秋風が吹く季節となりました。みなさまの秋もまた、実り多いものでありますように。
BRC・実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス
  "A new CreERT2 line for studying PDGFRα-expressing cells in vivo"
● IMPCの成果が”Nature”に掲載されました
● マウスの大規模解析データを世界へ発信しました
● BRCの遺伝子組換えマウス検査法 (KO survey) がキット化されました
● 第75回日本癌学会学術総会 出展のお知らせ
● 第39回日本分子生物学会年会 出展のお知らせ
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

A new CreERT2 line for studying PDGFRα-expressing cells in vivo
  RBRC09616 B6.Cg-Pdgfra<tm1.1(EGFP/cre/ERT2)Hyma>

寄託者:江良 択実 先生(熊本大学発生医学研究所 幹細胞部門幹細胞誘導分野)

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/sep_2016_mm

今月のマウス・バックナンバー
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp)までお問い合わせください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ IMPCの成果が”Nature”に掲載されました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCを含む世界の主要18マウス解析基機関による国際マウス表現型解析
コンソーシアム(The International Mouse Phenotyping Consortium, 
IMPC)は、1,751遺伝子のKOマウスの網羅的表現型解析の結果、410の胎生
致死遺伝子を特定しました。その成果が『Nature』(2016年9月22日号)
に掲載されました。この成果は、遺伝子機能やヒト疾患研究に有用なデータ
セットを提供すると共に、今後のヒト難病克服にも貢献すると期待されます。

Mary E. Dickinson他80名, "High-throughput discovery of novel developmental phenotypes"
http://dx.doi.org/10.1038/nature19356

詳細はこちら
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160920_3/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ マウスの大規模解析データを世界へ発信しました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

詳細はこちら
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160920_2/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ BRCの遺伝子組換えマウス検査法 (KO survey) がキット化されました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

詳細はこちら
http://lifescience.toyobo.co.jp/detail/detail.php?product_detail_id=218


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 第75回日本癌学会学術総会 出展のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の日程で、第75回日本癌学会学術総会が開催されます。理研BRCではブースを
出展いたします。みなさまのご来場をお待ち致しております。

会 期: 2016年10月6日(木)~8日(土)
会 場: パシフィコ横浜

詳細はこちら 第75回日本癌学会学術総会
http://www.congre.co.jp/jca2016/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 第39回日本分子生物学会年会 出展のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の日程で、第39回日本分子生物学会年会が開催されます。理研BRCでは
特別企画「NBRP実物つきパネル展示」に出展いたします。みなさまのご来場を
お待ち致しております。

会 期: 2016年11月30日(水)~12月2日(金)
会 場: パシフィコ横浜

詳細はこちら 第39回日本分子生物学会年会
http://www.aeplan.co.jp/mbsj2016/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
致しております。

RBRC00657 HMI/Ms
RBRC01196 MYS/Mz
Nürnberger C, Zimmermann V, Gerhardt M, Staeheli P. Influenza virus 
susceptibility of wild-derived CAST/EiJ mice results from two amino 
acid changes in the MX1 restriction factor. J Virol. 
pii: JVI.01213-16, 2016.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27654285

RBRC00753 CD100 Knockout mice
Zhu Z, Luo Y, Yu J, Gao J, Zhang Y, Xiao C, Zhang C, Wang G, Liu Y, 
Fu M, Yao X, Li W. Sema4D is required in both the adaptive and innate 
immune responses of contact hypersensitivity. Mol Immunol.;78:98-104, 2016.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27614265

RBRC01765 tob-gene KO (B6)
Didonna A, Cekanaviciute E, Oksenberg JR, Baranzini SE. Immune 
cell-specific transcriptional profiling highlights distinct 
molecular pathways controlled by Tob1 upon experimental autoimmune 
encephalomyelitis. Sci Rep. ;6:31603, 2016.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27546286

RBRC01828 B6.Cg-Tg(CAG-Cre)CZ-MO2Osb [CAG-cre]
Ueda T, Nakata Y, Nagamachi A, Yamasaki N, Kanai A, Sera Y, Sasaki M, 
Matsui H, Honda ZI, Oda H, Wolff L, Inaba T, Honda H. Propagation of 
trimethylated H3K27 regulated by polycomb protein EED is required for 
embryogenesis, hematopoietic maintenance, and tumor suppression. 
Proc Natl Acad Sci U S A.;113(37):10370-5, 2016.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27578866

RBRC02706 B6.Cg-Tg(FucciS/G2/M)#504Bsi [Fucci S/2G/M-Green#504]
RBRC02707 B6.Cg-Tg(FucciG1)#596Bsi [Fucci G1-red#596]
Morita R, Kihira M, Nakatsu Y, Nomoto Y, Ogawa M, Ohashi K, Mizuno K, 
Tachikawa T, Ishimoto Y, Morishita Y, Tsuji T. Coordination of Cellular 
Dynamics Contributes to Tooth Epithelium Deformations.
PLoS One.;11(9):e0161336, 2016.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27588418

RBRC02975 B6.129S-Atg5<tm1Myok> [Atg5flox]
Jessop F, Hamilton RF, Rhoderick JF, Shaw PK, Holian A. Autophagy 
deficiency in macrophages enhances NLRP3 inflammasome activity and 
chronic lung disease following silica exposure. 
Toxicol Appl Pharmacol.;309:101-10, 2016.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27594529


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝いたしております。

Dr. Takashi Moriguchi, Tohoku University
RBRC09713 ICR.Cg-Gata3<tm1.1(GFP)Mpu>Tg(Gata3)1Mpu

Dr. Shigenobu Shibata, Waseda University
RBRC09717 C57BL/6J-Tg(Arntl-cat,-luc*SLG)1Shige

Dr. Yoko Aoki, Tohoku University
RBRC09730 B6.Cg-Braf<tm1Tumg>
RBRC09731 ICR.Cg-Braf<tm1.1Tumg>

Dr. Ken Watanabe, National Center for Geriatrics and Gerontology
RBRC09734 C57BL/6N-Tg(CAG-EGFP,-IL6/mCherry)29Kenw
RBRC09735 C57BL/6N-Tg(CAG-EGFP,-IL6/mCherry)56Kenw

Dr. Kuratomi Go, Dokkyo Medical University
RBRC09741 B6.C3-Hps4<le>/Gku

Dr. Tamio Ohno, Nagoya University
RBRC09749 MSM.B6J-A<y>/Ohnot
RBRC09763 MSM.B6-A<y>Kit<W-v>/Ohnot

Dr. Keiichi Nakayama, Kyushu University
RBRC09759 B6.129P2-Chd8<tm2.1Kei>

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20160928_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メール ニュース不要」の旨をご連絡下さい。 
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。 
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews 
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。 
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。 
_____________________________________________ 
 発行
 理化学研究所・バイオリソースセンター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 http://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2016.10.05.