マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 146


********************************************************************
RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 146
********************************************************************

今年もあちこちで枝を大きくしならせ折れそうなほどに実った柿を見かけます。
たわわに実った柿には野鳥達が集まり冬の準備をはじめています。
BRC・実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 大隅良典先生ノーベル賞受賞おめでとうございます!
● ノーベル賞受賞記念特集 今月のマウス
  "Autophagy monitoring congenic strains"
  "Atg7 deletion in various tissues"
● Japan Mouse Clinic によるマウス表現型解析サービス開始
● 第39回日本分子生物学会年会 出展のお知らせ
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 大隅良典先生ノーベル賞受賞おめでとうございます!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2016年のノーベル医学・生理学賞は、「オートファジーの仕組みの解明」で
大隅良典先生(東京工業大学栄誉教授)が受賞されました。大隅先生のこれ
までのご功績と生命医科学への多大なご貢献に対して、BRC一同深く敬意を
表しますと共に、心よりお祝い申し上げます。
当室には大隅先生とその共同研究者の方々により開発されたオートファジー研究
に有用なマウスが寄託されています。皆様のご利用をお待ちいたしております。
今月のマウス(October 2016)にはオートファジー関連系統を再掲させて
いただきました。

当室が保有するオートファジー関連リソース
http://mus.brc.riken.jp/ja/info20161004


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ノーベル賞受賞記念特集 今月のマウス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Autophagy monitoring congenic strains
  RBRC00806 GFP-LC3#53
  RBRC01413 C.B6D2-Tg(CAG-GFP/LC3)53Nmz/Rbrc
  RBRC01414 C3.B6D2-Tg(CAG-GFP/LC3)53Nmz/Rbrc
  RBRC01227 MSM.B6D2-Tg(CAG-GFP/LC3)53Nmz/Rbrc

ドナー系統寄託者:水島 昇 先生(東京大学医学部大学院医学系研究科)

Atg7 deletion in various tissues
  RBRC02759  B6.Cg-Atg7<tm1Tchi>  
  RBRC02760  B6.Cg-Atg7<tm1.1Tchi>

寄託者:小松 雅明 先生(東京都医学総合研究所)

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/oct_2016_mm

今月のマウス・バックナンバー
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp)までお問い合わせください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ Japan Mouse Clinic によるマウス表現型解析サービス開始
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRC Japan Mouse Clinic では、日本チャールス・リバー株式会社との
アライアンス締結により遺伝子改変マウスを含む様々なマウスの表現型解析を
お受け致します。解析対象のマウスは、日本チャールス・リバー施設にて凍結
胚を作製し、Japan Mouse Clinic で個体へ復元後に表現型解析を行います。

詳細は日本チャールスリバーへお問い合わせください
  日本チャールス・リバー株式会社 営業部
  TEL: 045(474)9340
  FAX: 045(474)9341
  Email: web_order@crl.com
  HP: http://www.crj.co.jp/ 


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 第39回日本分子生物学会年会 出展のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の日程で、第39回日本分子生物学会年会が開催されます。理研BRCでは
特別企画「NBRP実物つきパネル展示」に出展いたします。みなさまのご来場を
お待ち致しております。

会 期: 2016年11月30日(水)~12月2日(金)
会 場: パシフィコ横浜

詳細はこちら 第39回日本分子生物学会年会
http://www.aeplan.co.jp/mbsj2016/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
致しております。

RBRC00067 BALB/cA-TgH(Tnc) [BALB/cA-TgH(Tnc), BALB/c-TN, TNKO]
Kobayashi Y, Yoshida S, Zhou Y, Nakama T, Ishikawa K, Kubo Y, 
Arima M, Nakao S, Hisatomi T, Ikeda Y, Matsuda A, Sonoda KH, 
Ishibashi T. Tenascin-C secreted by transdifferentiated retinal 
pigment epithelial cells promotes choroidal neovascularization 
via integrin αV. Lab. Invest.v;96(11):1178-1188, 2016.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27668890

RBRC00806 GFP-LC3#53
Osaki Y. 骨格筋における 3-Hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme A reductase 
(HMGCoA 還元酵素) の機能解析. 学位論文, 2016.
http://jairo.nii.ac.jp/0025/00039581

RBRC01390 B6.129P2-Nfe2l2<tm1Mym>/MymRbrc [Nrf2 KO mouse/C57BL6J]
Takayama K, Kaneko H, Kataoka K, Kimoto R, Hwang SJ, Ye F, 
Nagasaka Y, Tsunekawa T, Matsuura T, Nonobe N, Ito Y, Terasaki H. 
Nuclear Factor (Erythroid-Derived)-Related Factor 2-Associated Retinal 
Pigment Epithelial Cell Protection under Blue Light-Induced Oxidative 
Stress. Oxid. Med. Cell. Longev.;2016:8694641, 2016.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27774118

RBRC02932 C57BL/6-Tg(Olfr16-Olr226,-Cre,-EYFP)1Hsak [I7(WT)-Cre]
Zapiec B, Bressel OC, Khan M, Walz A, Mombaerts P. Neuropilin-1 
and the Positions of Glomeruli in the Mouse Olfactory Bulb. eNeuro, 
DOI: 10.1523/ENEURO.0123-16.2016, 2016.
http://dx.doi.org/10.1523/ENEURO.0123-16.2016


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝いたしております。

Dr. Takashi Agui, Hokkaido University
RBRC09375  B6.D2-(D1Mit191-D1Mit14)/Hkv
RBRC09376  D2.B6-(D1Mit191-D1Mit14)/Hkv
RBRC09381  B6.D2-(D1Mit14-D1Mit150)/Hkv

Dr. Mitsuo Tagaya, Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences
RBRC09737  B6.Cg-Sec23ip<tm1.1Katn>
RBRC09739  B6;B6CB-Ddhd1<tm1b(KOMP)Katn>

Dr. Keiichi Nakayama, Kyushu University
RBRC09758  B6;129P2-Chd8<tm1Kei>

Dr. Mikihiko Naito, National Institute of Health Sciences
RBRC09773  B6.129S4-Birc6<tm1Nai>

Dr. Tastumi Hirata, National Institute of Genetics
RBRC09801  B6.B6CB-Gpm6a<tm1.1Tahi>

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20161028_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メール ニュース不要」の旨をご連絡下さい。 
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。 
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews 
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。 
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。 
_____________________________________________ 
 発行
 理化学研究所・バイオリソースセンター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 http://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2016.11.14.