マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification

JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 148


********************************************************************
RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 148
********************************************************************

春光天地に満ちる季節。柔らかな陽ざしの中、れんぎょうの鮮やかな黄色と綿毛を
かぶったような優しい姿のよもぎの若葉が目を楽しませてくれます。
理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス "Identifying pheromone circuits in mice"
● 利用者の成果
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Identifying pheromone circuits in mice
  RBRC09260 B6.129-Cnga2<tm1Kob>
  
寄託者:小早川 令子 先生(関西医科大学)

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/mar_2017_mm

今月のマウス・バックナンバー
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室
(animal@brc.riken.jp)までお問い合わせください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
致しております。

RBRC00209  MSM/Ms [M.MOL-MSM]
Hirose M, Hasegawa A, Mochida K, Matoba S, Hatanaka Y, Inoue K, 
Goto T, Kaneda H, Yamada I, Furuse T, Abe K, Uenoyama Y, Tsukamura 
H, Wakana S, Honda A, Ogura A. CRISPR/Cas9-mediated genome editing 
in wild-derived mice: generation of tamed wild-derived strains by 
mutation of the a (nonagouti) gene. Sci Rep.; 7:42476. 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28195201

RBRC00806  GFP-LC3#53
Girault V, Gilard V, Marguet F, Lesueur C, Hauchecorne M, Ramdani Y, 
Laquerrière A, Marret S, Jégou S, Gonzalez BJ, Brasse-Lagnel C, Bekri S.
Prenatal alcohol exposure impairs autophagy in neonatal brain cortical 
microvessels. Cell Death Dis.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28182007

RBRC01080  B6.129S-Drd1a<tm1Mok> [D1R KO, B6-D1R KO]
RBRC03111  C57BL/6J-Tg(mDrd1-YFP)680-1Koba
Nagatomo K, Suga S, Saitoh M, Kogawa M, Kobayashi K, Yamamoto Y, Yamada K.
Dopamine D1 Receptor Immunoreactivity on Fine Processes of GFAP-Positive 
Astrocytes in the Substantia Nigra Pars Reticulata of Adult Mouse.
Front Neuroanat; 11: 3.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28203148 

RBRC01348  ICR.Cg-Trp53<tm1Sia>/Rbrc [ICR-p53+/-]
Okuda A, Kurokawa S, Takehashi M, Maeda A, Fukuda K, Kubo Y, Nogusa H, 
Takatani-Nakase T, Okuda S, Ueda K, Tanaka S. Poly(ADP-ribose) polymerase 
inhibitors activate the p53 signaling pathway in neural stem/progenitor 
cells. BMC Neurosci.; 18(1):14. 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28095779

RBRC01834  C57BL/6-Tg(CAG-flpe)36Ito/ItoRbrc 
           [B6-Tg(CAG-FLPe)36; C57BL/6-Tg(CAG-FLPe)36Ito/ItoRbrc]
Nakata Y, Ueda T, Nagamachi A, Yamasaki N, Ikeda KI, Sera Y, Takubo K, 
Kanai A, Oda H, Sanada M, Ogawa S, Tsuji K, Ebihara Y, Wolff L, Honda ZI, 
Suda T, Inaba T, Honda H. Acquired expression of CblQ367P in mice induces 
dysplastic myelopoiesis mimicking chronic myelomonocytic leukemia. Blood. 
doi: 10.1182/blood-2016-06-724658.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28209720


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソースセンター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 http://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2017.03.15.