マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification

JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 154


********************************************************************
RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 154
********************************************************************

清々しく過ごしやすい季節へと変わってきました。窓をあけると、涼風が虫の音を
運んできてくれます。
理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス
  "AQP4, the main subset of the aquaporin water channel family in the brain"
● 4th World Congress of Reproductive Biology 2017 出展のお知らせ
● 第76回 日本癌学会学術総会
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

AQP4, the main subset of the aquaporin water channel family in the brain
  RBRC10054  C57BL/6N-Aqp4<tm1Tsna> (flox)
  RBRC10053  C57BL/6N-Aqp4<tm1.1Tsna> (KO)

寄託者:照光-辻田 実加 先生(新潟大学脳研究所統合脳機能研究センター)

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/sep_2017_mm

今月のマウス・バックナンバー
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室(animal@brc.riken.jp)
までお問い合わせください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  4th World Congress of Reproductive Biology 2017 出展のお知らせ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の日程で、4th World Congress of Reproductive Biology 2017が開催されます。
実験動物開発室ではブースを出展いたします。みなさまのご来場をお待ちしております。

会 期: 2017年9月27日(水)~29日(金)
会 場: 沖縄コンベンションセンター

詳細はこちら
http://www.wcrb2017.jp/index.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  第76回 日本癌学会学術総会  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の日程で、 第76回 日本癌学会学術総会が開催されます。理研BRCではブースを
出展いたします。みなさまのご来場をお待ちしております。

会 期: 2017年9月28日(木)~30日(土)
会 場: パシフィコ横浜

詳細はこちら
http://www2.convention.co.jp/jca2017/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
いたしております。

RBRC00806  GFP-LC3#53
Meckes JK, Caramés B, Olmer M, Kiosses WB, Grogan SP, Lotz MK, D'Lima DD.
Compromised autophagy precedes meniscus degeneration and cartilage damage 
in mice. Osteoarthritis Cartilage., doi: 10.1016/j.joca.2017.07.023, 2017.
https://doi.org/10.1016/j.joca.2017.07.023

RBRC01059  NC
Yang Z, Liu M, Wang W, Wang Y, Cao B, Gao Y, Chen H, Li T. Pseudolaric 
acid B attenuates atopic dermatitis-like skin lesions by inhibiting 
interleukin-17-induced inflammation. Sci Rep.; 7(1):7918, 2017. 
https://doi.org/10.1038/s41598-017-08485-x

RBRC02388  B6.129P2-Ly96<tm1Kmiy> [C57BL/6-MD-2 KO]
Fang Q, Wang L, Yang D, Chen X, Shan X, Zhang Y, Lum H, Wang J, Zhong P, 
Liang G, Wang Y. Blockade of myeloid differentiation protein 2 prevents 
obesity-induced inflammation and nephropathy. 
J Cell Mol Med., doi: 10.1111/jcmm.13287, 2017.
https://doi.org/10.1111/jcmm.13287

RBRC02432  (hRN8-12 x hAG2-5)F1
Suzuki D, Saito-Hakoda A, Ito R, Shimizu K, Parvin R, Shimada H, Noro E, 
Suzuki S, Fujiwara I, Kagechika H, Rainey WE, Kure S, Ito S, Yokoyama A, 
Sugawara A. Suppressive effects of RXR agonist PA024 on adrenal CYP11B2 
expression, aldosterone secretion and blood pressure. 
PLoS One.; 12(8):e0181055, 2017.
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0181055

RBRC02759  B6.Cg-Atg7<tm1Tchi>  [C57BL/6-Atg7 flox/flox]
Kang X, Yang W, Feng D, Jin X, Ma Z, Qian Z, Xie T, Li H, Liu J, Wang R, 
Li F, Li D, Sun H, Wu S. Cartilage-Specific Autophagy Deficiency Promotes 
ER Stress and Impairs Chondrogenesis in PERK-ATF4-CHOP-Dependent Manner.
J Bone Miner Res., doi: 10.1002/jbmr.3134, 2017.
https://doi.org/10.1002/jbmr.3134

RBRC02692  B6.129X1-Lilrb4<tm1Ttk>  [gp49B]
Li Z, Zhao M, Teng Li, Zheng J, Liu X, Yuzhu Jiang Y, Zhang H, Hu X.
Decidual Macrophage Functional Polarization during Abnormal Pregnancy 
due to Toxoplasma gondii: Role for LILRB4. Front. Immunol., 
doi: 10.3389/fimmu.2017.01013, 2017.
https://doi.org/10.3389/fimmu.2017.01013

RBRC03941  C57BL/6N-Sqstm1<tm2(GFP)Keta>/Rbrc
Eino A, Kageyama S, Uemura T, Annoh H, Saito T, Narita I, Waguri S, Komatsu M. 
Sqstm1-GFP knock-in mice reveal dynamic actions of Sqstm1 during autophagy and 
under stress conditions in living cells. J. Cell Sci.; 128(23) 4453-4461, 2015. 
https://doi.org/10.1242/jcs.180174

RBRC05918  B6.Cg-Tg(TOPGAL)
Watanabe M, Natsuga K, Nishie W, Kobayashi Y, Donati G, Suzuki S, 
Fujimura Y, Tsukiyama T, Ujiie H, Shinkuma S, Nakamura H, Murakami M, 
Ozaki M, Nagayama M, Watt FM, Shimizu H. Type XVII collagen coordinates 
proliferation in the interfollicular epidermis. Elife.; 6, 2017.
https://doi.org/10.7554/eLife.26635


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝いたしております。

Dr. Susumu Seino, Chiba University
RBRC10018  C57BL/6-Tg(Myh6-Kcnj8)634Kcmm
RBRC10019  C57BL/6-Tg(Myh6-Kcnj8)673Kcmm

Dr. Haruki Nakaya, Chiba University
RBRC10020  C57BL/6-Tg(Myh6-Kcnj8<*>S422L)105Hnky
RBRC10021  C57BL/6-Tg(Myh6-Kcnj8<*>S422L)111Hnky

Dr. Hiroyuki Tomita, Gifu University
RBRC10070  C57BL/6J-Lrrc34<em1Hirt>

Dr. Hiroaki Honda, Hiroshima University
RBRC10071  C57BL/6-Tg(S100A8-FCGR2A)1Homy
RBRC10072  C57BL/6-Tg(S100A8-FCGR2A<*>A225I)1Homy

Dr. Yoko Hirabayashi, National Institute of Health Sciences
RBRC10076  KSN.Cg-Trp53<tm1Sia>
RBRC10080  B6J.Cg-Trp53<tm1Sia>

Dr. Susumu Seino, Kobe University
RBRC10082  B6-Kcnj11<tm2.1Sse>

Dr. Hidenori Ichijo, The University of Tokyo
RBRC10083  C57BL/6-Map3k5<tm3.1Hijo>

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20170824_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソースセンター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 http://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2017.09.15.