マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 159


********************************************************************
RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 159
********************************************************************

講談社ブルーバックス『理化学研究所 100年目の巨大研究機関』第7章「生き物たちの宝物殿」
にて BRCが取り上げられています。全国書店にて大好評発売中です。
http://bluebacks.kodansha.co.jp/intro/226

理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 日本学術会議提言「生物多様性条約及び名古屋議定書におけるデジタル配列情報の取り扱い」
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 日本学術会議提言「生物多様性条約及び名古屋議定書におけるデジタル配列情報の取り扱い」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

詳細はこちら
http://ja.brc.riken.jp/news/press_20180215_01.html

提言のPDFは、以下のURLからダウンロードできます。
「生物多様性条約及び名古屋議定書におけるデジタル配列情報の取り扱い」
http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-24-t258.pdf


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
いたしております。

RBRC01361 B6.Cg-Trp53<tm1Sia>/Rbrc [C57BL-p53+/-]
Saito Y, Onishi N, Takami H, Seishima R, Inoue H, Hirata Y, 
Kameyama K, Tsuchihashi K, Sugihara E, Uchino S, Ito K, 
Kawakubo H, Takeuchi H, Kitagawa Y, Saya H, Nagano O.
Development of a functional thyroid model based on an organoid 
culture system.
Biochem Biophys Res Commun. doi: 10.1016/j.bbrc.2018.02.154, 2018.
https://doi.org/10.1016/j.bbrc.2018.02.154

RBRC02345 B6.Cg-Pcdha<tm(v2-c2/del)>/ATyagRbrc
          [B6;TT2-Pcdha<dl v2c2-1>, CNR delta v2-c2 line A]
Truong K, Ahmad I, Jason Clark J, Seline A, Bertroche T, 
Mostaert B, Van Daele DJ, Hansen MR.
Nf2 Mutation in Schwann Cells Delays Functional Neural 
Recovery Following Injury.
Neuroscience.; 374:205-213, doi: 10.1016/j.neuroscience.2018.01.054, 2018.
https://doi.org/10.1016/j.neuroscience.2018.01.054

RBRC02401 B6.129P2-Bst1<tm1Thir> [BST-1/CD157 KO]
Wakabayashi T, Naito H, Suehiro JI, Lin Y, Kawaji H, Iba T, 
Kouno T, Ishikawa-Kato S, Furuno M, Takara K, Muramatsu F, 
Weizhen J, Kidoya H, Ishihara K, Hayashizaki Y, Nishida K, 
Yoder MC, Takakura N.
CD157 Marks Tissue-Resident Endothelial Stem Cells with 
Homeostatic and Regenerative Properties.
Cell Stem Cell.; 22(3):384-397.e6, doi: 10.1016/j.stem.2018.01.010, 2018.
https://doi.org/10.1016/j.stem.2018.01.010

RBRC02704 B6.Cg-Tg(FucciS/G2/M)#474Bsi
          [B6.Cg-Tg(Fucci)474Bsi, B6;B6D2-Tg(Fucci)474Bsi]
Evrard M, Kwok IWH, Chong SZ, Teng KWW, Becht E, Chen J, 
Sieow JL, Penny HL, Ching GC, Devi S, Adrover JM, Li JLY, 
Liong KH, Tan L, Poon Z, Foo S, Chua JW, Su IH, Balabanian K, 
Bachelerie F, Biswas SK, Larbi A, Hwang WYK, Madan V, Koeffler HP, 
Wong SC, Newell EW, Hidalgo A, Ginhoux F, Ng LG.
Developmental Analysis of Bone Marrow Neutrophils Reveals Populations 
Specialized in Expansion, Trafficking, and Effector Functions.
Immunity.; 48(2):364-379.e8, doi: 10.1016/j.immuni.2018.02.002, 2018.
https://doi.org/10.1016/j.immuni.2018.02.002

RBRC02704 B6.Cg-Tg(FucciS/G2/M)#474Bsi
          [B6.Cg-Tg(Fucci)474Bsi, B6;B6D2-Tg(Fucci)474Bsi]
Thion MS, Low D, Silvin A, Chen J, Grisel P, Schulte-Schrepping J, 
Blecher R, Ulas T, Squarzoni P, Hoeffel G, Coulpier F, Siopi E, 
David FS, Scholz C, Shihui F, Lum J, Amoyo AA, Larbi A, Poidinger M, 
Buttgereit A, Lledo PM, Greter M, Chan JKY, Amit I, Beyer M, 
Schultze JL, Schlitzer A, Pettersson S, Ginhoux F, Garel S. 
Microbiome Influences Prenatal and Adult Microglia in a Sex-Specific Manner.
Cell.; 172(3):500-516.e16, doi: 10.1016/j.cell.2017.11.042, 2018.
https://doi.org/10.1016/j.cell.2017.11.042

RBRC03709 B6.B6CB-Disc1<tm1Kozo>
Onishi T, Sakamoto H, Namiki S, Hirose K.
The Altered Supramolecular Structure of Dopamine D2 Receptors 
in Disc1-deficient Mice.
Sci Rep.; 8(1):1692, doi: 10.1038/s41598-018-20090-0, 2018.
https://doi.org/10.1038/s41598-018-20090-0


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝いたしております。

Dr. Shintaroh Ueda, The University of Tokyo
RBRC10182 B6.Cg-Pou3f2<tm1.1(dGQP)Lmame>
RBRC10183 B6.Cg-Pou3f2<tm2.1(xPou3f2)Lmame>

Dr. Kazuo Inoue, Kyoto University
RBRC10195 BALB/c-Ffar4<tm1Kync>

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20180222_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソースセンター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 http://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2018.03.16.