マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 160


********************************************************************
RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 160
********************************************************************

4月1日より、国立研究開発法人理化学研究所の第四期中長期計画が開始され、バイオリソース
センターは、バイオリソース研究センター(BioResource Research Center : BRC)へ
改称致しました。
第四期中長期計画における実験動物開発室のテーマは、高次生命現象の理解ならびに人の
健康増進と病気の克服です。マウスリソースの国際拠点として、社会ニーズ・研究ニーズ
に応える最先端のモデルマウスを収集・保存・品質管理・提供します。
さらに、汎用性の高い新規マウス系統を開発・評価し、世界最高水準の品質管理に必要な
技術開発を実施します。今後とも皆様のご支援をよろしくお願い申しあげます。
室長 吉木 淳

理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
いたしております。

RBRC00806 GFP-LC3#53
Sauvat A, Chen G, Müller K, Tong M, Aprahamian F, Durand S, 
Cerrato G, Bezu L, Leduc M, Franz J, Rockenfeller P, Sadoshima J, 
Madeo F, Kepp O, Kroemer G. Trans-Fats Inhibit Autophagy Induced 
by Saturated Fatty Acids. EBioMedicine, pii: S2352-3964(18)30115-4, 
doi: 10.1016/j.ebiom.2018.03.028, 2018.
https://doi.org/10.1016/j.ebiom.2018.03.028

RBRC01465 C57BL/6-Cacna1g-/+ [Ca1G KO]
Tracy ME, Tesic V, Stamenic TT, Joksimovic SM, Busquet N, 
Jevtovic-Todorovic V, Todorovic SM. CaV3.1 isoform of T-type calcium 
channels supports excitability of rat and mouse ventral tegmental area neurons.
Neuropharmacology.;135:343-354, doi: 10.1016/j.neuropharm.2018.03.028, 2018.
https://doi.org/10.1016/j.neuropharm.2018.03.028

RBRC01888 C57BL/6-Wsh/Wsh [W sash]
Hitomi K, Tahara-Hanaoka S, Miki H, Iwata K, Shibayama S, 
Kubo M, Shibuya A. Allergin-1 on mast cells suppresses 
house dust mite-induced airway hyperresponsiveness in mice.
Int. Immunol., doi: 10.1093/intimm/dxy025, 2018.
https://doi.org/10.1093/intimm/dxy025

RBRC02657 B6.129P2-Gt(ROSA)26Sor<tm1(NLS-lacZ)Ito> [ROSA nls LacZ]
Yoshimura Y, Ida-Tanaka M, Hiramaki T, Goto M, Kamisako T, Eto T, 
Yagoto M, Kawai K, Takahashi T, Nakayama M, Ito M. Novel reporter 
and deleter mouse strains generated using VCre/VloxP and SCre/SloxP 
systems, and their system specificity in mice.
Transgenic Res.;27(2):193-201, doi: 10.1007/s11248-018-0067-0, 2018.
https://doi.org/10.1007/s11248-018-0067-0

RBRC05603 B6.FVB-Tg(Col1a1-cre)1Kry [alpha 1(I)-Cre, B6-Col1a1Cre Tg]
Hayata T, Chiga M, Ezura Y, Asashima M, Katabuchi H, Nishinakamura R, Noda M.
Dullard deficiency causes hemorrhage in the adult ovarian follicles.
Genes Cells, doi: 10.1111/gtc.12575, 2018.
https://doi.org/10.1111/gtc.12575

RBRC06217 B6;129-Slc39a13<tm1Thir> [ZIP13 KO, B6-Slc39a13 KO]
Hirose T, Suzuki I, Takahashi N, Fukada T, Tangkawattana P, Takehana K.
Morphometric analysis of cornea in the Slc39a13/Zip13-knockout mice.
J. Vet. Med. Sci.,  doi: 10.1292/jvms.18-0019, 2018.
https://doi.org/10.1292/jvms.18-0019


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝いたしております。

Dr. Hirohide Nambu, Shionogi & Co., Ltd
RBRC10180 B6.Cg-Mboat4<tm1Shi>

Dr. Yasushi Okazaki, Saitama Medical University
RBRC10196 C57BL/6-Gt(ROSA)26Sor<tm1(CAG-Tysnd1)Okazk>

Dr. Kazuhiro Iwai, Kyoto University
RBRC10219 B6.B6CB-Rnf31<tm1.1Kiwa>Ripk3<em1Kiwa>
RBRC10220 B6.B6CB-Rnf31<tm1.1Kiwa>Ripk3<em2Kiwa>

Dr. Yasuyuki Goto, The University of Tokyo
RBRC10221 BALB/c-Tnfsf13b<em1Fjw>
RBRC10222 BALB/c-S100a9<em1Fjw>

Dr. Yuki Sugiyama, Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University
RBRC10238 B6;Cg-Tg(Cryd1/Cryaa-Sfrp2)1Jmca

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20180327_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソース研究センター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 http://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2018.04.20.