マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 163


********************************************************************
RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 163
********************************************************************

つくばも紅葉の季節を迎え、いつの間にか吐く息が白くなる日が多くなりました。
理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス "Autism spectrum disorder (ASD) model mice" 
● 動物実験計画のためのPREPAREガイドライン・チェックリストの和訳がウェブ公開されました
● LABIO21に「実験動物マウスリソース事業の進捗」が掲載されました
● 第41回日本分子生物学会年会
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Autism spectrum disorder (ASD) model mice
 RBRC09758 B6;129P2-Chd8<tm1Kei>
 RBRC09759 B6.129P2-Chd8<tm2.1Kei> 

寄託者:中山 敬一 先生 (九州大学生体防御医学研究所)

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/nov_2018_mm

今月のマウス・バックナンバー
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室(animal@brc.riken.jp)
までお問い合わせください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 動物実験計画のためのPREPAREガイドライン・チェックリストの和訳がウェブ公開されました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

綾部信哉博士(理研BRC 実験動物開発室)と國田智博士(自治医科大学 実験医学センター)
によるPREPAREガイドライン・チェックリストの和訳がウェブ公開されました。

和訳PDF
https://norecopa.no/media/8155/prepare_checklist_japanese.pdf

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/info20181101


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ LABIO21に「実験動物マウスリソース事業の進捗」が掲載されました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本実験動物協会の情報誌-LABIO21のNo. 74, 24-27, Oct 2018にマウスリソース整備
に関する紹介記事「実験動物マウスリソース事業の進捗」が掲載されました。

記事はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/wp-content/uploads/2018/11/LABIO21_no74_24-27.pdf


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 第41回 日本分子生物学会年会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の日程で、第41回日本分子生物学会年会が開催されます。理研BRCではNBRPコーナーに
出展いたします。みなさまのご来場をお待ちしております。

会 期: 2018年11月28日(水)~30日(金)
会 場: パシフィコ横浜

https://www2.aeplan.co.jp/mbsj2018/index.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
いたしております。

RBRC00213  PWK
Fujiwara K, Inagaki Y, Soma M, Ozaki T, Nagase H. Mapping of new 
skin tumor susceptibility loci by a phenotype-driven congenic approach.
Oncology Lett.;16(5):6670-6676, doi: 10.3892/ol.2018.9495, 2018.
https://doi.org/10.3892/ol.2018.9495

RBRC00806  GFP-LC3#53
Wärri A, Cook KL, Hu R, Jin L, Zwart A, Soto-Pantoja DR, Liu J, 
Finkel T, Clarke R. Autophagy and unfolded protein response (UPR) 
regulate mammary gland involution by restraining apoptosis-driven 
irreversible changes.
Cell Death Discov.;5:40, doi: 10.1038/s41420-018-0105-y, 2018.
https://doi.org/10.1038/s41420-018-0105-y

RBRC01888  C57BL/6-Wsh/Wsh [W sash]
Murata A, Hikosaka M, Yoshino M, Zhou L, Hayashi SI.
Kit-independent mast cell adhesion mediated by Notch.
Int. Immunol., doi: 10.1093/intimm/dxy067, 2018.
https://doi.org/10.1093/intimm/dxy067

RBRC02796  B6.Cg-Stab2<tm1> [Stab2-KO]
Pirie E, Ray S, Pan C, Fu W, Powers AF, Polikoff D, Miller CM, 
Kudrna KM, Harris EN, Lusis AJ, Crooke RM, Lee RG.
Mouse genome-wide association studies and systems genetics uncover 
the genetic architecture associated with hepatic pharmacokinetic 
and pharmacodynamic properties of a constrained ethyl antisense 
oligonucleotide targeting Malat1.
PLoS Genet.;14(10):e1007732, doi: 10.1371/journal.pgen.1007732, 2018.
https://doi.org/10.1371/journal.pgen.1007732


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝いたしております。

Dr. Masatoshi Hori, The University of Tokyo
RBRC10371  C57BL/6J-Ppp1r14a<em1Mhori>
RBRC10372  C57BL/6J-Ppp1r14a<em2Mhori>

Dr. Hiroko Tsukamura, Nagoya University
RBRC10379  ICR.Cg-Tg(Kiss1-cre,-AcGFP)1Nurep
RBRC10389  ICR.Cg-Kiss1<tm1.1Nurep>

Dr. Shigekazu Nagata, Osaka University
RBRC10388  B6.Cg-Xkr8<tm1.2Osa>

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20181026_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソース研究センター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 http://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2018.11.20.