マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 164


********************************************************************
RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 164
********************************************************************

本年も理研BRC実験動物開発室をご利用くださいましてありがとうございました。
来る年のみなさまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
尚、年末年始は次の通り、休業とさせていただきます。
休業期間: 平成30年12月31日(月)~平成31年1月3日(木)
理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス "Bicistronic Insulin1-Cre knock-in mice" 
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Bicistronic Insulin1-Cre knock-in mice
 RBRC09525 C57BL/6J-Ins1<em1(cre)Utr>

寄託者:杉山 文博 先生 (筑波大学 生命科学動物資源センター)

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/dec_2018_mm

今月のマウス・バックナンバー
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室(animal@brc.riken.jp)
までお問い合わせください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
いたしております。

RBRC01361  B6.Cg-Trp53<tm1Sia>/Rbrc [C57BL-p53+/-]
Kobayashi M, Hoshino S, Abe T, Okita N, Tagawa R, Nagai W, 
Konno R, Suzuki Y, Furuya K, Ishikawa N, Okado H, Oku M, 
Iwamoto M, Miura Y, Sudo Y, Higami Y.
Identification of WWP1 as an obesity-associated E3 ubiquitin 
ligase with a protective role against oxidative stress in adipocytes.
Biochem Biophys Res Commun., doi: 10.1016/j.bbrc.2018.11.127, 2018.
https://doi.org/10.1016/j.bbrc.2018.11.127


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝いたしております。

Dr. Haruhiko Koseki, RIKEN IMS
RBRC10317 B6;129-Epc1<tm1Hko>
RBRC10320 B6;Cg-Kdm2a<tm1.1Hko>

Dr. Thomas N. Sato, Advanced Telecommunications Research Institute International
RBRC10393 C57BL/6N-Nmrk2<em1Sato>/F0-7b
RBRC10394 C57BL/6N-Nmrk2<em3Sato>/F0-8b
RBRC10395 C57BL/6N-Nmrk2<em4Sato>/F0-13b
RBRC10396 C57BL/6N-Nmrk2<em5Sato>/F0-13c
RBRC10397 C57BL/6N-Nmrk2<em6Sato>/F0-59a
RBRC10398 C57BL/6N-Nmrk2<em2Sato>/F0-59b
RBRC10400 C57BL/6N-Hpd<em1Sato>/F0-9a
RBRC10401 C57BL/6N-Hpd<em3Sato>/F0-2b
RBRC10402 C57BL/6N-Hpd<em2Sato>/F0-2a
RBRC10403 C57BL/6N-Hpd<em4Sato>/F0-16a
RBRC10404 C57BL/6N-Ftcd<em3Sato>/F0-1b
RBRC10405 C57BL/6N-Ftcd<em1Sato>/F0-2b
RBRC10406 C57BL/6N-Ftcd<em4Sato>/F0-6b
RBRC10407 C57BL/6N-Ftcd<em5Sato>/F0-55c
RBRC10408 C57BL/6N-Ftcd<em2Sato>/F0-55d
RBRC10409 C57BL/6N-Alas2<em1Sato>/F0-51a
RBRC10410 C57BL/6N-Arntl<em1Sato>/F0-8b
RBRC10411 C57BL/6N-Arntl<em2Sato>/F0-14d
RBRC10412 C57BL/6N-Arntl<em3Sato>/F0-53b
RBRC10413 C57BL/6N-Ciart<em1Sato>/F0-8b
RBRC10414 C57BL/6N-Elovl3<em1Sato>/F0-2b
RBRC10415 C57BL/6N-Elovl3<em3Sato>/F0-57a
RBRC10416 C57BL/6N-Elovl3<em2Sato>/F0-57b
RBRC10417 C57BL/6N-Elovl3<em4Sato>/F0-60a
RBRC10418 C57BL/6N-Elovl3<em5Sato>/F0-60b
RBRC10419 C57BL/6N-Ddit4<em3Sato>/F0-4a
RBRC10420 C57BL/6N-Ddit4<em1Sato>/F0-4b
RBRC10421 C57BL/6N-Ddit4<em2Sato>/F0-51a
RBRC10422 C57BL/6N-Ddit4<em4Sato>/F0-51b
RBRC10423 C57BL/6N-Nmrk2<em7Sato>
RBRC10424 C57BL/6N-Dnase1<em1Sato>/F0-6b
RBRC10425 C57BL/6N-Dnase1<em2Sato>/F0-70c
RBRC10426 C57BL/6N-Dnase1<em3Sato>
RBRC10427 C57BL/6N-Slco1a1<em1Sato>

RIKEN BDR
RBRC10433 Runx2 (loxP) (Acc. No. CDB0832K)

RIKEN BRC
RBRC09920 C57BL/6N-Pdx1<em1(cre/ERT2)Rbrc>
RBRC09921 C57BL/6N-Trp53<em1Rbrc>
RBRC10197 C57BL/6N-Trp53<em1.1Rbrc>

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20181122_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソース研究センター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 http://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2018.12.14.