マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification

JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 153


********************************************************************
RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 153
********************************************************************

お盆は、故郷の習慣や味を楽しみ、優しいふるさとの風を感じてお過ごしでしたでしょうか。
夕立のあとの雨上がりのにおい、ヒグラシのカナカナと鳴く声が涼しさを届けてくれます。
理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス
  "Transcranial imaging of intracellular Ca2+ in astrocytes and neurons"
● BRCセミナーのお知らせ
● 2017 RIKEN MARC KMPC Mouse Workshop
● 第57回 日本先天異常学会・第6回 日本DOHaD学会合同学術集会
● 4th World Congress of Reproductive Biology 2017 出展のお知らせ
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Transcranial imaging of intracellular Ca2+ in astrocytes and neurons
  RBRC09650  C57BL/6-Tg(Slc1a2-G-CaMP7)Bsi

寄託者:平瀬 肇 先生(理研BSI神経グリア回路研究チーム)

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/aug_2017_mm 

今月のマウス・バックナンバー
http://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室(animal@brc.riken.jp)
までお問い合わせください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ BRCセミナーのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次の日程で、理研BRCセミナーを開催いたします。お申し込みは不要です。
みなさまのご参加をお待ちしております。

第145回 BRCセミナー
日 時:  8月30日(水)16:00~
講 師:  Dr. Terry Meehan
         Project co-Leader, Mouse Informatics European Molecular Biology 
         Laboratory- European Bioinformatics Institute (EMBL-EBI)
演 題:  "The IMPC: A global research infrastructure for understanding the 
          role of genes in human development and disease."
場 所:  バイオリソースセンター1階 森脇和郎ホール

詳細はこちら
http://ja.brc.riken.jp/news/notice_20170802_01.html


第143回 BRCセミナー
日 時: 9月8日(金)16:00~
講 師: 大塚 正人 先生
     東海大学医学部医学科基礎医学系
演 題: 新規ゲノム編集マウス作製法:Easi-CRISPR法とGONAD法
場 所: バイオリソースセンター1階 森脇和郎ホール

詳細はこちら
http://ja.brc.riken.jp/news/notice_20170724_01.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 2017 RIKEN MARC KMPC Mouse Workshop
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRC、南京大学モデル動物研究センター Model Animal Research Center(MARC)、
韓国マウス表現型解析コンソーシアム Korea Mouse Phenotyping Consortium(KMPC)
によるマウスワークショップ "From Breeding Mouse to Editing Mouse Genome" が
開催されます。

Date: August 28-29th, 2017
Venue: NEST Hotel, Incheon, Korea

詳細はこちら
http://mouse.snu.ac.kr/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  第57回 日本先天異常学会・第6回 日本DOHaD学会合同学術集会  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の日程で、 第57回 日本先天異常学会・第6回 日本DOHaD学会合同学術集会
"ヒトと実験動物の接点を探る" が開催されます。
みなさまのご来場をお待ちしております。

会 期: 2017年8月26日(土)~28日(月)
会 場: 早稲田大学理工学術院 西早稲田キャンパス

詳細はこちら
http://jts57.umin.jp/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  4th World Congress of Reproductive Biology 2017 出展のお知らせ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の日程で、4th World Congress of Reproductive Biology 2017が開催
されます。実験動物開発室ではブースを出展いたします。
みなさまのご来場をお待ちしております。

会 期: 2017年9月27日(水)~29日(金)
会 場: 沖縄コンベンションセンター

詳細はこちら
http://www.wcrb2017.jp/index.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
いたしております。

RBRC00144 C57BL/6-Ly-5.1
Uchiyama R, Yonehara S, Taniguchi S, Ishido S, Ishii KJ, 
Tsutsui H. Inflammasome and Fas-Mediated IL-1β Contributes 
to Th17/Th1 Cell Induction in Pathogenic Bacterial Infection 
In Vivo. J. Immunol.; 199(3):1122-1130, 2017.
http://dx.doi.org/10.4049/jimmunol.1601373

RBRC00209 MSM/Ms [M.MOL-MSM]
Yagi M, Kishigami S, Tanaka A, Semi K, Mizutani E, Wakayama S, 
Wakayama T, Yamamoto T, Yamada Y. Derivation of ground-state 
female ES cells maintaining gamete-derived DNA methylation.
Nature, doi: 10.1038/nature23286, 2017.
http://dx.doi.org/10.1038/nature23286

RBRC00222 SL/Kh
Tsuruyama T. DNA insertion mutations can be predicted by a 
periodic probability function. arXiv:1707.00159, 2017.
https://arxiv.org/abs/1707.00159

RBRC01390 B6.129P2-Nfe2l2<tm1Mym>/MymRbrc [Nrf2 KO mouse/C57BL6J]
Santarino IB, Viegas MS, Domingues NS, Ribeiro AM, Soares MP, 
Vieira OV. Involvement of the p62/NRF2 signal transduction 
pathway on erythrophagocytosis.
Sci. Rep.; 7(1):5812, doi: 10.1038/s41598-017-05687-1, 2017.
http://dx.doi.org/10.1038/s41598-017-05687-1

RBRC01942 B6;129S2-Creb3l4<tm1Noj> [Tisp40 KO mouse]
Qin C, Xiao C, Su Y, Zheng H, Xu T, Lu J, Luo P, Zhang J.
Tisp40 deficiency attenuates renal ischemia reperfusion 
injury induced apoptosis of tubular epithelial cells.
Exp Cell Res., doi: 10.1016/j.yexcr.2017.07.038, 2017.
http://dx.doi.org/10.1016/j.yexcr.2017.07.038

RBRC02300 B6.129P2-Pten<tm2Mak> [Pten-flox(C57BL/6), C57BL/6-Pten-flox]
Renault-Mihara F, Mukaino M, Shinozaki M, Kumamaru H, 
Kawase S, Baudoux M, Ishibashi T, Kawabata S, Nishiyama Y, 
Sugai K, Yasutake K, Okada S, Nakamura M, Okano H.
Regulation of RhoA by STAT3 coordinates glial scar formation.
J. Cell Biol., doi: 10.1083/jcb.201610102, 2017.
http://dx.doi.org/10.1083/jcb.201610102

RBRC02388 B6.129P2-Ly96<tm1Kmiy> [C57BL/6-MD-2 KO]
Wang L, Han J, Shan P, You S, Chen X, Jin Y, Wang J, Huang W, 
Wang Y, Liang G. MD2 Blockage Protects Obesity-Induced Vascular 
Remodeling via Activating AMPK/Nrf2.
Obesity (Silver Spring), doi: 10.1002/oby.21916, 2017.
http://dx.doi.org/10.1002/oby.21916

RBRC02946 NSY
Takato T, Iwata K, Murakami C, Wada Y, Sakane F.
Chronic administration of myristic acid improves hyperglycaemia 
in the Nagoya-Shibata-Yasuda mouse model of congenital type 2 
diabetes. Diabetologia., doi: 10.1007/s00125-017-4366-4, 2017.
http://dx.doi.org/10.1007/s00125-017-4366-4

RBRC02975 B6.129S-Atg5<tm1Myok> [Atg5flox]
Shen L, Yang Y, Ou T, Key CC, Tong SH, Sequeira RC, Nelson JM, 
Nie Y, Wang Z, Boudyguina E, Shewale SV, Zhu X.
Dietary PUFAs attenuate NLRP3 inflammasome activation via 
enhancing macrophage autophagy.
J. Lipid Res., doi: 10.1194/jlr.M075879, 2017.
http://dx.doi.org/10.1194/jlr.M075879


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝いたしております。

Dr. Nobuya Sasaki, Kitasato University
RBRC10049  129T.ICGN-Tns2<nph>

Dr. Mika Tsujita, Niigata University
RBRC10053  B6(Cg)-Aqp4<tm1.1Tsna>
RBRC10054  C57BL/6N-Aqp4<tm1Tsna>
RBRC10055  B6(Cg)-Aqp1<tm1.1Tsna>
RBRC10056  C57BL/6N-Aqp1<tm1Tsna>
RBRC10057  B6.Cg-Eif2b5<toy>
RBRC10058  C3H.Cg-Eif2b5<toy>

Dr. Tsukasa Ohmori, Jichi Medical University
RBRC10060  B6.Cg-F8<tm1.1(EGFP)Tsuka>
RBRC10061  B6.Cg-F8<tm1.2(EGFP)Tsuka>
RBRC10062  C57BL/6J-F9<em1Tsuka>

Dr. Susumu Seino, Kobe University
RBRC10082  B6-Kcnj11<tm2.1Sse>

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20170726_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソースセンター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 http://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2017.08.17.