Today’s tool for functional analysis / Today’s model for human disease




DateTitleBRC No.DescriptionReferences
22.08.01扁桃体外側核CreドライバーマウスRBRC10694内在性Grp(Gastrin-releasing peptide)プロモーター制御下でiCre酵素を発現するKIマウスです1)1) Elife. 2018 Jun 26;7:e34135.
22.08.01小胞GABAトランスポーターCreドライバーマウスRBRC10606Slc32a1プロモーター制御下でCre酵素を発現するBAC Tgマウスです1)2)3)4)5)1) Hum Mol Genet. 2021 May 28;30(9):758-770.
2) Nat Commun. 2020 Oct 9;11(1):5113.
3) Nat Commun. 2019 Apr 23;10(1):1917.
4) Mol Autism. 2019 Mar 28;10:15.
5) Hum Mol Genet. 2013 Dec 1;22(23):4784-804.
22.08.01骨芽細胞CreドライバーマウスRBRC05603Col1a1プロモーター制御下でCre酵素を発現するTgマウスです1)2)3)4)5)1) Bone. 2021 Sep;150:116010.
2) JBMR Plus. 2021 May 17;5(6):e10496.
3) Cell. 2020 Aug 6;182(3):609-624.e21.
4) Genes Cells. 2018 May;23(5):345-356.
5) Dev Dyn. 2002 Jun;224(2):245-51.
22.08.01骨芽細胞CreドライバーマウスRBRC05524Col1a1プロモーター制御下でCre酵素を発現するTgマウスです1)2)3)4)5)1) JCI Insight. 2020 May 7;5(9):e135355.
2) Stem Cells. 2016 Aug;34(8):2145-56.
3) J Bone Miner Res. 2015 Apr;30(4):715-22.
4) EMBO J. 2015 Jun 12;34(12):1648-60.
5) J Bone Miner Res. 2008 Feb;23(2):271-7.
22.06.01Rspo2プロモーター制御下でCre酵素を発現するBAC TgマウスRBRC10754扁桃体基底外側部(BLA)でCre酵素を発現することが報告されています1)
(BAC clone ID:RP23-39M21)
1) Nat Neurosci. 2016 Dec;19(12):1636-1646.
22.06.01Gpr151プロモーター制御下でCre酵素を発現するBAC TgマウスRBRC10728内側手綱核(mHb)コリン作動性ニューロンでCre酵素を発現することが報告されています1)2)
(BAC clone ID:MSMg01-81G4)
1) J Comp Neurol. 2017 Oct 15;525(15):3227-3250.
2) Front Behav Neurosci. 2013 Mar 12;7:17.
22.06.01Prkcdプロモーター制御下でCre酵素を発現するBAC TgマウスRBRC10725視床背部のほぼ全域でCre酵素を発現することが報告されています1)
(BAC clone ID:RP23-220I83)
1) Sci Rep. 2016 Jun 27;6:28750.
22.06.01VGAT(Slc32a1)プロモーター制御下でCre酵素を発現するBAC TgマウスRBRC10723抑制性ニューロンでCre酵素を発現することが報告されています1)2)
(BAC clone ID:RP23-392P11)
1) Sci Rep. 2016 Jun 27;6:28750.
2) Hum Mol Genet. 2013 Dec 1;22(23):4784-804.
22.03.30外胚葉マーカーOtx2蛍光レポーターマウス1)RBRC10897内在性Otx2プロモーター制御下でtdTomatoを発現するKIマウスです1) Exp Anim. 2019 Nov 6;68(4):499-509
22.03.30内胚葉マーカーSox17蛍光レポーターマウス1)RBRC10898内在性Sox17プロモーター制御下でEGFPを発現するKIマウスです1) Exp Anim. 2019 Nov 6;68(4):499-509
22.03.30Tppp3発現細胞蛍光レポーターマウス1)RBRC10145内在性Tppp3プロモーター制御下でEGFPを発現するKIマウスです1) Nat Commun. 2019 Sep 5;10(1):3999
22.03.30Tppp3発現細胞Creドライバーマウス1)RBRC10144内在性Tppp3プロモーター制御下でタモキシフェン誘導型Cre酵素を発現するKIマウスです1) Nat Commun. 2019 Sep 5;10(1):3999
22.03.30Sox10発現細胞Creドライバーマウス1)RBRC10143内在性Sox10プロモーター制御下でタモキシフェン誘導型Cre酵素を発現するKIマウスです1) Nat Commun. 2019 Sep 5;10(1):3999
22.01.31Actin-tTS Tgマウス 1)2)RBRC05447全身でtTSを発現するTgマウスで、tetO KIマウスとの交配により遺伝子ノックダウンを誘導します3)4)5)1) Genomics. 2003 Apr;81(4):356-60
2) Biol Psychiatry. 2010 Apr 15;67(8):770-3
3) Sci Rep. 2019 Mar 4;9(1):3422
4) Sci Rep. 2017 Oct 19;7(1):13605
5) Neuron. 2015 May 6;86(3):813-26
22.01.31Gad1-tTA KIマウス1)RBRC11365内在性Gad1プロモーター制御によりGABAニューロンでtTAを発現する系統です1) Mol Brain. 2021 Jan 7;14(1):5
22.01.31 Gad1-Stop-tetO KIマウス1)RBRC11364Gad1-tTAノックインマウス(RBRC11365)との交配で、Doc投与によるGAD67ノックダウンが可能です1) Mol Brain. 2021 Jan 7;14(1):5
22.01.31 Nkcc1-tetO KIマウス1)RBRC11202Tet on/offシステムによるNkcc1(Slc12a2)遺伝子の発現制御が可能な系統です。1) Sci Rep. 2017 Oct 19;7(1):13605
22.01.31CatC-tetO KIマウス1)RBRC10854Tet on/offシステムによるCathepsin C遺伝子の発現制御が可能な系統です。1) Glia. 2017 Jun;65(6):917-930
21.12.01Sox9プロモーター制御下でCreERT2酵素を発現するKIマウス1)RBRC05522Sox9プロモーター制御下でタモキシフェン誘導型Cre酵素を発現する系統で、胚発生・細胞分化に関する研究に利用されています2)3)4)5)1) Genesis. 2010 Nov;48(11):635-44.
2) Development. 2021 Jul 1;148(13):dev199543.
3) Nat Commun. 2021 May 4;12(1):2509.
4) Proc Natl Acad Sci U S A. 2021 Feb 16;118(7):e2017115118.
5) Proc Natl Acad Sci U S A. 2020 Jun 2;117(22):12182-12191.
21.12.01Sox9プロモーター制御下でCre酵素を発現するKIマウス1)RBRC05523Sox9プロモーター制御下でCre酵素を発現する系統で、胚発生・細胞分化に関する研究に利用されています2)3)4)5) 1) Proc Natl Acad Sci U S A. 2005 Oct 11;102(41):14665-70.
2) Elife. 2020 May 12;9:e53688.
3) Development. 2019 Oct 4;146(20):dev182782.
4) J Neurosci. 2018 Jun 6;38(23):5429-5440.
5) Development. 2018 Dec 18;145(24):dev165381.
21.12.01Sox1プロモーター制御下でCre酵素を発現するKIマウス1)RBRC05065Sox1プロモーター制御下でCre酵素を発現する系統で、胚発生・細胞分化に関する研究に利用されています2)3)4)5)1) Cell. 2007 Jun 29;129(7):1377-88.
2) Genes Cells. 2021 Feb;26(2):45-55.
3) PLoS Genet. 2020 Feb 24;16(2):e1008300.
4) Dev Biol. 2020 Dec 1;468(1-2):101-109.
5) Nat Commun. 2020 Nov 11;11(1):5709.
21.12.01Dkk3プロモーター制御下でCre酵素を発現するBAC Tgマウス1)RBRC10900
(C57BL/6)
RBRC05427
(129)
Dkk3プロモーター制御下でCre酵素を発現する系統で、視覚器の発生に関する研究に利用されています2)3)4)5)1) Genesis. 2007 Aug;45(8):502-7.
2) Genes Cells. 2020 Jun;25(6):402-412.
3) Elife. 2020 Feb 25;9:e51275.
4) Invest Ophthalmol Vis Sci. 2020 Sep 1;61(11):43.
5) Invest Ophthalmol Vis Sci. 2017 Apr 1;58(4):1916-1929.
21.10.01オリゴデンドロサイトでtTAを発現するTgマウスRBRC05446Plp1プロモーター制御下でtTAを発現する系統1)で、利用実績もある系統です2)3)4)5)1) Genesis. 2012 May;50(5):424-8.
2) J Neurosci. 2019 May 22;39(21):4036-4050.
3) J Neurochem. 2019 Jul;150(2):158-172.
4) Nat Neurosci. 2018 Apr;21(4):625-637.
5) Cell Rep. 2018 Aug 21;24(8):2196-2210.e9.
21.10.01セロトニン受容体5B陽性細胞でtTAを発現するKIマウスRBRC05445Htr5bプロモーター制御下でtTAを発現する系統1)で、利用実績もある系統です2)3)4)1) Cell Rep. 2012 Aug 30;2(2):397-406.
2) Nat Neurosci. 2019 May;22(5):770-777.
3) Cell Rep. 2018 Aug 21;24(8):2196-2210.e9.
4) Cell Rep. 2017 Nov 21;21(8):2066-2073.
21.10.01メラニン凝集ホルモン(MCH)産生神経でtTAを発現するBAC TgマウスRBRC05844Pmchプロモーター制御下でtTAを発現する系統1)で、利用実績もある系統です2)3)1) J Neurosci. 2014 May 14;34(20):6896-909.
2) Science. 2019 Sep 20;365(6459):1308-1313.
3) Elife. 2020 Apr 21;9:e54275.
21.10.01セロトニン神経でtTAを発現するBAC TgマウスRBRC05846Tph2プロモーター制御下でtTAを発現する系統1)で、利用実績もある系統です2)3)4) 1) Int J Neuropsychopharmacol. 2014 Nov;17(11):1777-83.
2) Nat Neurosci. 2019 May;22(5):770-777.
3) Neuropharmacology. 2020 May 1;167:107703.
4) Nat Commun. 2018 Jun 1;9(1):2048.
21.08.02内耳でCre酵素を発現するTgマウスRBRC09434Pax2プロモーター制御下でCre酵素を発現する系統で、内耳Creドライバーマウスとして、利用されています1)2)3)1) Elife. 2020 Jan 8;9:e52160.
2) PLoS Genet. 2017 Oct 23;13(10):e1007048.
3) Genesis. 2004 Apr;38(4):195-9.
21.08.02嗅神経細胞でCre酵素を発現するTgマウスRBRC06339Olfr1507(MOR28)プロモーター制御下でCre酵素を発現する系統で、背側から腹側領域にかけての一部の嗅神経細胞のCreドライバーマウスとして、利用されています1)2)3)1) Science. 2019 Jul 5;365(6448):eaaw5030.
2) Mouse of the Month October 2015.
3) Cell. 2010 Jun 11;141(6):1056-67.
21.08.02嗅神経細胞でCre酵素を発現するKIマウスRBRC06346Acsm4(OMACS)プロモーター制御下でCre酵素を発現する系統で、背側嗅神経細胞のCreドライバーマウスとして、利用されています1)2)3)1) Commun Biol. 2019 Jan 8;2:14.
2) Sci Rep. 2015 Sep 11;5:14073.
3) Nature. 2007 Nov 22;450(7169):503-8.
21.08.02網膜視細胞・視細胞前駆細胞でCre酵素を発現するTgマウスRBRC05426Crxプロモーター制御下でCre酵素を発現する系統で、網膜視細胞・視細胞前駆細胞のCreドライバーマウスとして、利用されています1)2)3)1) Sci Rep. 2018 Jun 4;8(1):8543.
2) Hum Mol Genet. 2018 Sep 15;27(18):3137-3153.
3) Nat Neurosci. 2003 Dec;6(12):1255-63.
21.08.02網膜視細胞・視細胞前駆細胞でCreERT2酵素を発現するTgマウスRBRC05559Crxプロモーター制御下でタモキシフェン誘導型Cre酵素を発現する系統で、網膜視細胞・視細胞前駆細胞のCreドライバーマウスとして、利用されています1)2)3)1) Exp Eye Res. 2018 Aug;173:32-43.
2) Cell Rep. 2015 Nov 3;13(5):990-1002.
3) J Neurosci. 2011 Nov 16;31(46):16792-807.
21.03.31Thy1プロモーター制御下でG-CaMP7を発現するTgマウスRBRC06579G-CaMP7の蛍光強度変化によって神経細胞の活動をイメージング可能なマウスで、本系統はマウス海馬の活動を二光子レーザー顕微鏡で画像化する際に利用されました1)2)1) Cell Rep. 2020 Jul 7;32(1):107864.
2) PLoS One. 2012;7(12):e51286.
21.03.31Slc1a2(GLT1)プロモーター制御下でG-CaMP7を発現するTgマウスRBRC09650G-CaMP7の発現によってアストロサイトと神経細胞の活動をイメージング可能なマウス1)2)3)4)で、本系統は脳血管障害による虚血後の損傷を軽減する仕組みの解明に利用されました5)1) Nat Commun. 2016 Mar 22;7:11100.
2) Mouse of the Month August 2017.
3) J Neurosci. 2007 Jun 20;27(25):6607-19.
4) PLoS One. 2012;7(12):e51286.
5) Proc Natl Acad Sci U S A. 2019 May 28;116(22):11010-11019.
21.03.31Thy1プロモーター制御下でG-CaMP6を発現するTgマウスRBRC10611G-CaMP6の蛍光強度変化によって、神経細胞の活動をイメージング可能なマウスです1)2)1) Neurosci Res. 2020 Feb;151:53-60.
2) PLoS One. 2012;7(12):e51286.
21.03.31Tet ON/OFFシステムでG-CaMP7の発現を制御可能なTgマウスRBRC06510G-CaMP7の蛍光強度変化によって、細胞内カルシウムイオン濃度の変化をイメージング可能なマウスです1)2)3)1) PLoS One. 2015 May 6;10(5):e0125354.
2) Mouse of the Month June 2015.
3) PLoS One. 2012;7(12):e51286.
21.02.01Forminタンパク質ファミリーの1つ mDia1 floxedマウスRBRC02595mDia1は、細胞骨格アクチンの核化・重合を促進するForminタンパク質ファミリーの1つで、本系統は細胞骨格アクチンによるT細胞活性化メカニズムの解明に寄与しました1)2)3)1) Sci Adv6 (1) 2020 eaay2432
2) Cell Rep 2016 17 (9) 2405-2417
3) J Exp Med 2007 204 (9) 2031-8
21.02.01OSMR (oncostatin M受容体) 欠損マウス1)2)RBRC02711OSMRは、IL-6ファミリーのサイトカインの1つである、oncostatin Mの受容体で、本系統は免疫学分野を始めとする様々な研究分野で使われている、利用実績の高い系統です3)4)5)1) Blood 2003 102 (9) 3154-62
2) Hepatology 2004 39 (3) 635-44
3) Proc Natl Acad Sci U S A 2020 117 (9) 5028-5038
4) Nat Commun 2017 8 13946
5) J Lipid Res 2017 58 (5) 895-906
21.02.01サイトカインTNFα欠損マウス1)2RBRC05118
(C57BL/6)
RBRC05119
(BALB/c)
本系統を用いて、免疫メカニズムに関する様々な知見が得られています3)4)1) J Immunol 1997 159 (3) 1418-28
2) Lab Invest 1997 77 (6) 647-58
3) J Immunol 2019 203 (4) 783-788
4) Front Immunol 2018 9 2619
20.12.01内在性膜タンパク質Mavs (IPS-1)欠損マウス1)RBRC04546Mavs (IPS-1)は、細胞質内のウイルス由来RNAを認識する因子のアダプターとして機能し、サイトカインの産生を誘導することが知られています。本系統を用いて様々な知見が明らかになっています2)3)4)5) 1) J Immunol. 2011 Nov 15;187(10):5320-7.
2) Cancer Sci. 2018 Apr;109(4):956-965.
3) Cell Rep. 2017 May 30;19(9):1874-1887.
4) Cell Rep. 2015 May 26;11(8):1193-207.
5) Immunity. 2015 Dec 15;43(6):1148-59.
20.12.01ユビキチンリガーゼEfp (Trim25)欠損マウス1)RBRC02844本系統を用いて、Efp(Trim25)が乳がんの発症2)、神経炎症の病変3)、ウイルス感染阻害4)5)に関与していることが明らかになりました1) Proc Natl Acad Sci U S A. 1999 Oct 12;96(21):12027-32.
2) Nature. 2002 Jun 20;417(6891):871-5.
3) Nat Immunol. 2017 Jan;18(1):54-63.
4) Nat Immunol. 2010 Jan;11(1):63-9.
5) Nature. 2007 Apr 19;446(7138):916-920.
20.12.01Itgal (LFA-1, Cd11a)遺伝子欠損マウス1)RBRC00850本系統を用いて、形質細胞様樹状細胞(pDCs)がTLR7でウイルスを認識後、I型インターフェロンを産生するメカニズムの一端が明らかになりました2)1) J Exp Med. 1996 Apr 1;183(4):1415-26.
2) Nat Commun. 2017 Nov 17;8(1):1592.
20.12.01Agt (angiotensinogen)遺伝子欠損マウス1)RBRC01120血圧調節等に関わるレニンーアンジオテンシン系の機能解析に広く利用されています2)3)1) J Biol Chem. 1994 Dec 16;269(50):31334-7.
2) PLoS One. 2015 Jun 24;10(6):e0129484.
3) Circ Res. 2014 Jul 7;115(2):263-72.
20.10.01炎症性サイトカイン IL-6 KOマウス1)RBRC04918
(C57BL/6)
RBRC04919
(BALB/c)
RBRC05131
(DBA/1)
IL-6(interleukin-6)は様々な細胞で発現し、炎症応答を含む、多様な機能を持つことが知られているサイトカインです。本系統はIL-6の機能解析に広く利用されています2)3)4)1) Nature. 1994 Mar 24;368(6469):339-42.
2) Sci Rep. 2019 Jul 25;9(1):10842.
3) Sci Adv. 2018 Jul 11;4(7):eaas9944. 
4) Sci Rep. 2018 Oct 25;8(1):15783.
20.10.01IL-6による炎症状態をin vivoモニタリング可能なマウスRBRC09487ヒトIL-6遺伝子のBAC Tg レポーターマウスで、生体内の炎症状態をルシフェラーゼ活性でモニター可能です1)2)3)4)5)1) Sci Rep. 2018 May 23;8(1):8037. 
2) Eur J Pharmacol. 2017 May 5;802:76-84.
3) Nat Commun. 2016 May 23;7:11624.
4) Mouse of the Month May 2016
5) Mol Cell Biol. 2015 Oct;35(20):3590-601. 
20.10.01コンディショナルにヒトIL-6発現を制御可能なマウスRBRC09734
RBRC09735
Cre/loxPシステム制御下で、ヒトIL-6を発現するTgマウスです1)1) Exp Anim. 2016 Nov 1;65(4):455-463.
20.04.01Cre酵素による組換えにより発現する蛍光シグナルが変化するCreレポーター・KIマウス1)2)3)RBRC04874Cre酵素による組換え前は緑色蛍光シグナル(EGFP)を、組換え後は 赤色蛍光シグナル(tdsRed)を発現するROSA26-KIマウスで、利用実績もある系統です4)5)6)1) Exp Anim. 2013;62(4):295-304.
2) Mouse of the Month October 2018
3) Mouse of the Month March 2014
4) iScience. 2019 Oct 25;20:337-347.
5) Dev Cell. 2019 Jul 22;50(2):139-154.e5.
6) PLoS One. 2018 Jan 11;13(1):e0190800.
20.04.01Cre酵素による組換えにより緑色蛍光シグナルを発現するCreレポーター・Tgマウス1)RBRC09806Cre酵素による組換え後に緑色蛍光シグナル(EGFP)を発現するTgマウスで、利用実績もある系統です2)3)4)1) FEBS Lett. 2000 Mar 31;470(3):263-8.
2) Dev Cell. 2019 Jan 28;48(2):151-166.e7.
3) Cell Stem Cell. 2018 Mar 1;22(3):384-397.e6.
4) Nat Commun. 2018 Apr 24;9(1):1623.
20.04.01Cre酵素による組換えによりLacZを発現するCreレポーター・KIマウス1)2)RBRC02657Cre酵素による組換え後に細胞核でLacZを発現するROSA26-KIマウスで、利用実績もある系統です3)4)5)1) Front Behav Neurosci. 2013 Mar 12;7:17.
2) Mouse of the Month March 2013
3) Transgenic Res. 2018 Apr;27(2):193-201.
4) J Neurosci. 2017 Aug 9;37(32):7682-7699.
5) Genesis. 2016 Nov;54(11):568-572.
20.02.03Siglec-H遺伝子
DTR-EGFP KIマウス
RBRC05658
(C57BL/6)
RBRC09688
(BALB/c)
DT (diphtheria toxin) 非投与でSiglec-H欠損マウス、DT投与で形質細胞様樹状細胞(pDCs)欠失マウスとして利用可能な系統です1) 2) 3)
本系統を用いて、pDCsと急性肝障害との関連が明らかになりました4)
1) Glia. 2017 Dec;65(12):1927-1943.
2) Sci Rep. 2016 Apr 14;6:24477.
3) Immunity. 2011 Dec 23;35(6):958-71.
4) J Clin Invest. 2019 Jul 2;129(8):3201-3213.
20.02.03Xcr1遺伝子
KikGR KIマウス
RBRC09928樹状細胞のサブセットの1つで発現するケモカイン受容体XCR1を光変換蛍光タンパク質KikGRでイメージング可能なマウスです1)1) Proc Natl Acad Sci U S A. 2016 Jan 26;113(4):1044-9.
20.02.03Xcr1遺伝子
DTR-Venus KIマウス
RBRC09485
(C57BL/6)
RBRC10391
(BALB/c)
DT (diphtheria toxin) 非投与でXCR1蛍光イメージングマウス、DT投与でXCR1陽性細胞欠失マウスとして利用可能な系統です1) 2) 3)1) Nat Microbiol. 2018 May;3(5):611-621.
2) J Immunol. 2017 Dec 15;199(12):4165-4179.
3) Mouse of the Month January 2016
20.02.03Relb遺伝子
Venus KIマウス
RBRC09496NF-κBファミリーの1つで、免疫細胞の成熟との関与が報告されているRelb遺伝子の動態を蛍光イメージング可能なマウスです1)1) J Biochem. 2015 Dec;158(6):485-95.
19.12.02CRFニューロンでCre酵素を発現するマウスRBRC06520Crh(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)遺伝子のiCre KIマウスで、ストレス応答研究に有用です1) 2)1) Sci Adv. 2016 Aug 17;2(8):e1501723.
2) Endocrinology. 2014 Oct;155(10):4054-60.
19.12.02Crh遺伝子蛍光レポーターマウスRBRC09893Crh(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)遺伝子のVenus KIマウスで、CRFニューロンを可視化します1) 2) 3)1) Biol Sex Differ. 2019 Jan 28;10(1):6.
2) Brain Struct Funct. 2017 May;222(4):1705-1732.
3) Endocrinology. 2014 Oct;155(10):4054-60.
19.12.02オリゴデンドロサイト・運動ニューロンでCre酵素を発現するマウスRBRC01507Olig2遺伝子のタモキシフェン誘導型Cre KIマウスで、神経科学分野でよく使われる系統です1) 2) 3) 4) 5)1) Nat Neurosci. 2018 May;21(5):696-706.
2) Science. 2014 Sep 26;345(6204):1254927.v
3) Mouse of the Month July 2006
4) Dev Biol. 2006 May 15;293(2):358-69.
5) Curr Biol. 2002 Jul 9;12(13):1157-63.
19.12.02転写因子Olig2レポーターマウスRBRC06017
RBRC06018
RBRC06022
Olig2遺伝子のBAC Tgマウスで、Venus, mCherry, luc2いずれかとOLIG2の融合タンパク質を発現します1)1) Science. 2013 Dec 6;342(6163):1203-8.
19.12.02背側終脳でCre酵素を発現するマウスRBRC01345Emx1遺伝子(ホメオボックス転写因子)のCre KIマウスで、神経科学分野でよく使われる系統です1) 2) 3) 4) 5)1) Nat Commun. 2019 Aug 8;10(1):3581.
2) Nat Commun. 2017 May 23;8:15488.
3) Mouse of the Month July 2006
4) Genesis. 2004 Mar;38(3):130-8.
5) Nature. 2000 Aug 17;406(6797):726-31.
19.12.02内耳でCre酵素を発現するマウスRBRC02272Emx2遺伝子(ホメオボックス転写因子)のCre KIマウスで1)、内耳発生に関する研究で使われています2) 3) 4)1) J Neurosci. 2005 May 25;25(21):5097-108.
2) J Neurosci. 2019 Oct 9;39(41):8013-8023.
3) Dev Biol. 2018 May 1;437(1):17-26.
4) Development. 2018 Jun 14;145(12).
19.10.01細胞内酸化ストレスイメージングマウスRBRC057041)
RBRC061612)
酸化ストレス応答性転写因子Nrf2のレポーターマウスで、本系統を利用して酸化ストレス感知の仕組みが明らかになりました3)1) Sci Rep. 2012;2:229.
2) Free Radic Biol Med. 2014 Jul;72:124-33.
3) Cell Rep. 2019 Jul 16;28(3):746-758.e4.
19.10.01コンディショナルにROS産生増加を制御可能なマウス1)RBRC09859Cre/loxPシステム制御下で、SDAD(ROS産生制御酵素)の不活化変異体を発現します1) Eur J Immunol. 2017 Feb;47(2):406-418.
19.10.01精子−卵 膜融合イメージングマウス1)RBRC05763精子融合因子Izumo1のレポーターマウスで、配偶子融合のメカニズム解析に有用です2) 3)1) J Cell Sci. 2012 Nov 1;125(Pt 21):4985-90.
2) Cell Cycle. 2018;17(11):1279-1285.
3) Nat Commun. 2015 Nov 16;6:8858.
19.10.01精子アクロソーム−GFP:
精子ミトコンドリア−DsRed
二重レポーターマウス1)
RBRC03743
RBRC05861
受精や精子先体反応のメカニズム解明に広く利用されています2) 3) 4)1) Exp Anim. 2010;59(1):105-7.
2) J Cell Biol. 2018 Jun 4;217(6):2103-2119.
3) J Biol Chem. 2018 Jul 27;293(30):11796-11808.
4) Biol Reprod. 2016 Apr;94(4):80.
19.08.01オレキシン神経細胞でCre酵素を発現するマウスRBRC06806睡眠、覚醒、食欲などを制御するオレキシン神経でCre組み換え酵素及びEGFPを発現します1) 2)1) Proc Natl Acad Sci U S A. 2018 Nov 6;115(45):E10740-E10747.
2) Neuropharmacology. 2014 Oct;85:451-60.
19.08.01成熟嗅神経可視化マウス1)RBRC02092OMP(Olfactory marker protein)遺伝子座にGFPをKIしたマウスで、嗅覚系の解析に広く利用されています2) 3) 4)1) J Neurosci. 2001 Dec 15;21(24):9713-23.
2) J Neurosci. 2019 Jan 30;39(5):814-832.
3) Cell Stem Cell. 2017 Dec 7;21(6):761-774.e5.
4) Cell. 2016 Jun 16;165(7):1734-1748.
19.08.01セレノシステイン転移RNA遺伝子 (Trsp)floxedマウス1)RBRC02681Trspは抗酸化酵素に多い含セレンタンパク質の合成に必須なため、酸化ストレスモデルとして利用されています2) 3) 1) J Biol Chem. 2008 Jan 25;283(4):2021-30.
2) Cell Rep. 2017 Feb 21;18(8):2030-2044.
3) Blood. 2011 Jan 20;117(3):986-96.
19.08.01神経系で高発現するRufy3遺伝子KO-firstマウスRBRC05780 本系統を用いた解析により、RUFY3がカスパーゼを介した軸索変性に必須であることが明らかになりました1)1) Neuron. 2019 Jun 7. pii: S0896-6273(19)30483-0. 
19.06.03生後の運動ニューロンでCre酵素を発現するマウスRBRC01515
RBRC01516
赤筋(遅筋)に投射するスロー運動ニューロンでCre組み換え酵素を発現します1) 2)1) Genesis. 2016 Nov;54(11):568-572.
2) Brain Res. 2014 Mar 6;1550:36-46.
19.06.03ミトコンドリア可視化マウス1) 2)RBRC02250ミトコンドリア局在型EGFPを発現するTgマウスで、ミトコンドリア形態イメージングが可能です3) 4)1) Exp Anim. 2010;59(1):99-103.
2) FEBS Lett. 2001 Jun 29;500(1-2):7-11.
3) Sci Transl Med. 2017 Oct 25;9(413).
4) PLoS One. 2012;7(6):e36850.
19.06.03亜鉛トランスポーターSlc39a10 (Zip10) floxedマウスRBRC06221本系統を用いた解析により、Slc39a10が獲得免疫応答1) 2)や上皮性組織の形成3)に関与することが明らかになりました 1) Proc Natl Acad Sci U S A. 2014 Aug 12;111(32):11786-91.
2) Proc Natl Acad Sci U S A. 2014 Aug 12;111(32):11780-5.
3) Proc Natl Acad Sci U S A. 2017 Nov 14;114(46):12243-12248.
19.06.03細胞接着分子Cadm1 (SynCAM1) KOマウスRBRC04062シナプス接着因子としての解析1) 2) 3)だけでなく、骨代謝研究4)においても利用されています1) J Neurosci. 2016 Jul 13;36(28):7464-75.
2) Neuron. 2010 Dec 9;68(5):894-906.
3) Biochem Biophys Res Commun. 2010 Jun 4;396(3):703-8.
4) PLoS One. 2017 Apr 17;12(4):e0175632.
19.04.01中枢神経系ミエリン形成細胞でCre酵素を発現するマウス1)RBRC01461オリゴデンドロサイトのミエリン形成過程での遺伝子機能の解明2)などに有用です1) Genesis. 2000 Feb;26(2):127-9.
2) Nat Commun. 2016 Nov 23;7:13478.
19.04.01Oct3/4 (Pou5f1) 遺伝子レポーターマウスRBRC007711)
RBRC060372)
多能性マーカーOct3/4の制御下でEGFPを発現するため、幹細胞研究に有用です3) 4) 5)1) Dev Biol. 2003 Jun 1;258(1):209-25.
2) Development. 2008 Mar;135(5):909-18.
3) Cell Res. 2011 Jan;21(1):196-204.
4) Dev Biol. 2010 Oct 1;346(1):90-101.
5) Stem Cells. 2009 Feb;27(2):383-9.
19.04.01Fgf5 遺伝子自然突然変異マウスRBRC05894

RBRC05895
発毛サイクルの異常1)を示すほか、精子幹細胞に関する研究2)にも貢献しました1) Exp Anim. 2011;60(2):161-7.
2) Cell Stem Cell. 2019 Jan 3;24(1):79-92. e6.
19.04.01Fstl4 (Mahya) 遺伝子レポーターマウスRBRC04952進化遺伝学分野に有用1)なだけでなく、特定のサブタイプの網膜神経節細胞をモニターする実験2)にも利用されました1) Dev Genes Evol. 2005 Nov;215(11):564-74.
2) Curr Eye Res. 2016 Apr;41(4):558-68.


DateTitleBRC No.DescriptionReferences
22.07.01サイトカインシグナル阻害因子Socs1 floxed miceRBRC04753各種細胞(内皮細胞、肝細胞、神経細胞等)での機能解析、抗炎症メカニズムの解析に利用されています1)2)3)4)5)1) FASEB J. 2021 Apr;35(4):e21388.
2) J Immunol. 2018 Jan 1;200(1):177-185.
3) J Immunol. 2017 Jul 1;199(1):149-158.
4) Nat Immunol. 2017 Jan;18(1):54-63.
5) J Immunol. 2008 Mar 15;180(6):3746-56.
22.07.01サイトカインシグナル阻害因子Socs3 floxed miceRBRC04754各種細胞(内皮細胞、神経細胞、造血細胞等)での機能解析、抗炎症メカニズムの解析に利用されています1)2)3)4)5)1) J Biol Chem. Jan-Jun 2021;296:100239.
2) Neuron. 2021 Apr 21;109(8):1333-1349.e6.
3) EBioMedicine. 2021 Nov;73:103632.
4) JCI Insight. 2021 Jul 22;6(14):e147280.
5) Nat Immunol. 2003 Jun;4(6):551-6.
22.07.01NF-κB負の制御因子Tnfaip3(A20) floxed miceRBRC05494
(Tnfaip3 floxed)
RBRC05495
(Tnfaip3 KO)
各種細胞(免疫細胞、血液細胞等)での機能解析、抗炎症メカニズムの解析に利用されています1)2)3)1) Int J Mol Sci. 2020 Apr 18;21(8):2830.
2) J Immunol. 2017 Jan 15;198(2):820-831.
3) PLoS One. 2014 Jan 31;9(1):e87425.
22.05.06血管新生因子Angpt1 floxed miceRBRC09330各種網膜疾患や糖尿病などの研究に
利用実績がある系統です1)2)3)4)5)
1) Diabetes. 2019 Apr;68(4):774-786.
2) Sci Adv. 2019 Feb 13;5(2):eaau6732.
3) Nat Commun. 2018 Jun 22;9(1):2448.
4) Nat Commun. 2017 May 16;8:15296.
5) Sci Transl Med. 2013 Sep 18;5(203):203ra127.
22.05.06進行性視神経症に類似した表現型が見られるSrc点変異導入マウスRBRC10208Src遺伝子にセリン75をアスパラギン酸に置換したリン酸化の擬似変異(S75D)を導入した系統で、加齢に伴う網膜神経節細胞数減少が報告されています1)2)1) Sci Rep. 2017 Dec 1;7(1):16779.
2) J Biochem. 2003 May;133(5):563-9.
22.05.06網膜色素変性症に類似した表現型が見られるMef2d KOマウスRBRC09366
(Mef2d floxed)
RBRC09367
(Mef2d KO)
進行性の網膜視細胞脱落、網膜電図の異常、視細胞外節の短縮、視細胞リボンシナプスの形成異常が報告されています1)2)1) Cells. 2020 Apr 10;9(4):931.
2) Genes Cells. 2015 May;20(5):408-26.
22.05.06膜足場タンパク質Epb4.1l2 (4.1G) KOマウスRBRC09370網膜での視細胞端末の局在のずれと、視運動反応における視力障害が報告されています1)1) Cell Rep. 2015 Feb 10;10(5):796-808.
22.03.01乳児期発症白質脳症モデルマウスRBRC10267
( Mlc1-STOPtetO KI)
RBRC10268
( Mlc1-tetO KI)
アストロサイトで発現するMlc1遺伝子のKOまたは過剰発現を実現可能な系統で、ヒト病態と類似した表現型を示すことが報告されています1)1) Glia. 2017 Jan;65(1):150-168.
22.03.01早期乳児てんかん性脳症モデルマウスRBRC03654Arx遺伝子の330コドンにGCG配列が7個挿入されたKIマウスで、メカニズムの解明に利用されています1)2)3)4)5)1) Neurobiol Dis. 2021 Jun;153:105329.
2) Neuroscience. 2017 Aug 15;357:220-231.
3) Neurobiol Dis. 2017 Sep;105:245-256.
4) Hum Mol Genet. 2016 Dec 15;25(24):5433-5443.
5) Hum Mol Genet. 2009 Oct 1;18(19):3708-24.
22.03.01滑脳症モデルマウスRBRC03438
RBRC03435
Arx遺伝子KOマウスで、複数の解析結果が報告されています1)2)3)4)1) Biol Open. 2017 Oct 15;6(10):1552-1568.
2) PLoS One. 2013 Jun 28;8(6):e68050.
3) Development. 2005 Feb;132(4):751-62.
4) Nat Genet. 2002 Nov;32(3):359-69.
22.03.01Protrudin (Zfyve27) KOマウスRBRC10084本系統はうつ様行動を含む様々な行動異常が報告されています1)1) Mol Brain. 2020 Nov 10;13(1):146.
22.01.05抗原反応性CD4陽性T細胞を用いた核移植により作出されたクローンマウスRBRC10902
RBRC10903
高感受性アレルギーモデルマウスとして、アレルギー関連研究への利用が期待されます1)1) EMBO Rep. 2017 Jun;18(6):885-893.
22.01.05カルシウム依存的非リソソームシステインプロテアーゼCapn6遺伝子欠損マウスRBRC06237
(C57BL/6)
RBRC06238
(ICR)
Capn6は、胚の骨格筋および成体の再生骨格筋で発現が見られ、骨格筋の発生・再生に関する研究への利用が期待されます1)2)1) J Clin Invest. 2016 Sep 1;126(9):3417-32.
2) PLoS Genet. 2013;9(8):e1003668.
22.01.05神経軸索ガイダンス因子Sema4d遺伝子欠損マウスRBRC10202
(C.B17/Icr-+/+Jcl)
中大脳動脈閉塞による脳梗塞巣の再現性に優れていることが報告されています1)2)3)4)5)1) Biochem Biophys Res Commun. 2020 Jan 22;521(4):827-832.
2) Neuroscience. 2019 May 15;406:420-431.
3) Glia. 2015 Dec;63(12):2249-59.
4) J Exp Stroke Transl Med. 2010 Mar;3(1):28-33.
5) J Neurosci Res. 2009 Oct;87(13):2833-41.
22.01.05Sema4Dの受容体Plxnb1遺伝子欠損マウスRBRC10201
(C.B17/Icr-+/+Jcl)
中大脳動脈閉塞による脳梗塞巣の再現性に優れていることが報告されています1)2)3)1) J Exp Stroke Transl Med. 2010 Mar;3(1):28-33.
2) Development. 2008 Oct;135(20):3333-43.
3) Proc Natl Acad Sci U S A. 2005 Sep 13;102(37):13188-93.
21.11.01Flg (filaggrin) 遺伝子欠損マウス1)RBRC05850
(C57BL/6J)

RBRC05851
(BALB/c)
尋常性魚鱗癬の原因遺伝子であるfilaggrinは角層の主要な構成タンパク質で、皮膚疾患関連の研究に利用されています2)3)4)1) J Allergy Clin Immunol. 2012 Jun;129(6):1538-46.e6.
2) J Dermatol Sci. 2019 Jun;94(3):346-349.
3) Immunity. 2015 Apr 21;42(4):756-66.
4) Sci Rep. 2013;3:1731.
21.11.01GPIアンカー型膜タンパク質Cd109欠損マウス1)RBRC09599CD109は様々な癌で高発現していることが報告されており、本系統を用いた解析で、各種疾患との関連が示唆されています2)3)4)5)1) Am J Pathol. 2012 Oct;181(4):1180-9.
2) Cell Rep. 2019 Oct 8;29(2):391-405.e5.
3) Genes Cells. 2018 Jul;23(7):590-598.
4) J Pathol. 2017 Dec;243(4):468-480.
5) Oncotarget. 2016 Dec 13;7(50):82836-82850.
21.11.01ヒト言語障害家系で見つかったFoxp2[R552H]変異を持つKIマウスRBRC04059
RBRC04060
ヒト言語障害家系であるKE家系で見つかったforkhead box P2 (FOXP2)タンパク質のR553H変異を持つ系統で、解析が進められています1)2)3)4)5)1) Cereb Cortex. 2017 Jul 1;27(7):3648-3659.
2) Neurosci Lett. 2014 Apr 30;566:162-6.
3) J Neurochem. 2012 Jul;122(1):72-80.
4) Neurosci Lett. 2012 Jan 11;506(2):277-80.
5) Proc Natl Acad Sci U S A. 2008 Feb 26;105(8):3117-22.
21.11.01GPIアンカー型膜タンパク質Mdga1欠損マウスRBRC05286
RBRC10977
RBRC10978
認知学習障害、統合失調症様の表現型が観察されることが報告されています1)2)3)4)1) Neurosci Lett. 2020 Jan 18;716:134677.
2) Cell Rep. 2017 Dec 26;21(13):3637-3645.
3) Neuroscience. 2012 Jun 1;211:136-64.
4) Dev Dyn. 2011 Jan;240(1):96-107.
21.09.01アッシャー症候群2C型(OMIM:605472)責任遺伝子Adgrv1(Vlgr1,Gpr98)欠損マウスRBRC09313
(KO)
RBRC09315
(KO)
RBRC09314
(EYFP KI)
本系統は聴覚異常を示し、Adgrv1の機能解析に利用されています 1)2)3)4)5)1) Proc Natl Acad Sci U S A. 2017 Jul 25;114(30):7765-7774.
2) J Clin Endocrinol Metab. 2012 Apr;97(4):E565-74.
3) Neurosci Lett. 2009 Sep 18;461(2):190-5.
4) J Neurosci. 2007 Jun 13;27(24):6478-88.
5) J Neurochem. 2005 Jan;92(1):191-202.
21.09.01プラダー・ウィリー症候群(OMIM:176270)責任遺伝子Necdin(Ndn)欠損マウスRBRC09382
(B6)
RBRC09363
(ICR)
RBRC02316
(ICR and B6 mixed)
本系統は神経形態異常や行動異常を示し、Ndnの機能解析に利用されています1)2)3)4)5)1) Nat Commun. 2016 Mar 14;7:10943.
2) PLoS One. 2014 Jan 2;9(1):e84460.
3) J Neurosci. 2013 Jun 19;33(25):10362-73.
4) J Neurosci. 2012 Apr 18;32(16):5562-72.
5) J Neurosci. 2005 Jul 27;25(30):7090-9.
21.09.01先天性停止性夜盲症責任遺伝子Trpm1欠損マウスRBRC05509
(B6)
RBRC05138
(129)
本系統は視覚異常を示し、Trpm1の機能解析に利用されています 1)2)3)4)5)1) Mol Brain. 2021 Mar 30;14(1):61.
2) J Neurosci. 2017 Oct 11;37(41):9889-9900.
3) PLoS One. 2013 Nov 25;8(11):e81507.
4) Eur J Neurosci. 2013 Sep;38(6):2823-31.
5) Proc Natl Acad Sci U S A. 2010 Jan 5;107(1):332-7.
21.09.01SNAREタンパク質Snap25遺伝子アミノ酸置換マウスRBRC09306
本系統はてんかん発作等の行動異常を示し、Snap25の機能解析に利用されています1)2)3)4)1) Sci Rep. 2017 Aug 11;7(1):7996.
2) Epilepsy Res. 2015 Sep;115:30-44.
3) J Neurosci. 2012 Nov 28;32(48):17186-96.
4) PLoS One. 2011;6(9):e25158.
21.07.01NMDA受容体サブユニットの1つをコードするGrin2a遺伝子欠損マウス1)RBRC01195
(C57BL/6J)
RBRC02256
(B6 and 129 mixed)
本系統は神経メカニズムの解明2)3)やNMDA受容体の関連が示唆されている神経疾患の研究4)などに利用されています1) J Neurosci. 1996 Dec 15;16(24):7859-67.
2) Proc Natl Acad Sci U S A. 2019 Oct 15;116(42):21207-21212.
3) Nat Neurosci. 2011 Mar;14(3):338-44.
4) Cell Rep. 2020 Jan 14;30(2):381-396.e4.
21.07.01シナプスタンパク質MUNC18-1をコードするStxbp1遺伝子 floxedマウスRBRC05604Stxbp1ヘテロ欠損マウスはてんかん発作が見られ、新規のてんかん発症神経回路の解明に貢献しました1)2)1) Nat Commun. 2019 Apr 23;10(1):1917.
2) Hum Mol Genet. 2017 Dec 15;26(24):4961-4974.
21.07.01セリンプロテアーゼニューロプシンをコードするKlk8遺伝子欠損マウス1)RBRC02740本系統を用いて、ニューロプシンが社会的差別行動2)、認知障害3)、ストレス障害4)等に関連することが報告されました1) Mol Cell Neurosci. 2001 Mar;17(3):600-10.
2) Neurobiol Learn Mem. 2019 Jul;162:47-58.
3) Transl Psychiatry. 2017 Mar 7;7(3):e1052.
4) PLoS Genet. 2016 Oct 4;12(10):e1006356.
21.07.01分泌型糖タンパク質リーリンをコードするReln遺伝子C末端欠損マウス1)RBRC03079本系統は神経活動異常2)や行動異常3)を示すことが報告されています1) J Neurosci. 2015 Mar 18;35(11):4776-87.
2) Neuroscience. 2016 Nov 12;336:20-29.
3) Sci Rep. 2016 Jun 27;6:28636.
21.04.27IL-17シグナルの下流で働くNfkbiz (IκB-ζ)floxed マウス1)RBRC06410各種細胞でのNfkbizでの機能解析に利用されている系統で2)3)4)5)、最近では、本系統を用いて、NFKBIZが潰瘍性大腸炎や大腸がんの治療ターゲットになり得ることが示唆されました6)1) Immunity. 2013 Mar 21;38(3):450-60.
2) J Immunol. 2020 Apr 15;204(8):2033-2042.
3) JCI Insight. 2019 Nov 14;4(22):e130835.
4) Proc Natl Acad Sci U S A. 2018 Oct 2;115(40):10088-10093.
5) Mouse of the Month Apr 2017
6) Nature. 2020 Jan;577(7789):260-265.
21.04.27チロシンキナーゼ型受容体ファミリーEphB6欠損マウスRBRC02280本系統を用いて、EPHB6が大腸がんの転移に関与していることがが示唆されました1) Biochem Biophys Res Commun. 2002 Oct 18;298(1):87-94.
2) Sci Rep. 2017 Mar 6;7:43702.
21.04.27肺がん発症モデルマウスRBRC09696
(CD74-ROS1 Tg)
RBRC09697
(SDC4-ROS1 Tg)
本系統はヒト肺腺がんで報告されている融合タンパク質 (CD74-ROS1またはSDC4-ROS1)を発現するTgマウスです1)1) Carcinogenesis. 2016 May;37(5):452-60.
21.04.27解糖系酵素PKM(ピルビン酸キナーゼM)変異マウスRBRC10481
(PKM1 KI)
RBRC10482
(PKM2 KI)
本系統はがんのグルコース代謝特性(ワークブルグ効果)に対するPKMの働きを解析するために作製された、PKMのスプライシングアイソフォーム(PKM1またはPKM2)を選択的に発現するマウスです1)1) Cancer Cell. 2018 Mar 12;33(3):355-367.e7.
21.03.01自閉スペクトラム症モデルマウスRBRC05954染色体重複によるコピー数多型を持つ系統1)2)3)4)で、機能的MRIを用いて本系統での脳機能異常の可視化が報告されてました5)1) Sci Rep. 2018 Sep 12;8(1):13675.
2) Sci Rep. 2017 Aug 29;7(1):9902.
3) Mouse of the Month April 2015.
4) Cell. 2009 Jun 26;137(7):1235-46.
5) Sci Adv. 2020 Feb 5;6(6):eaav4520.
21.03.01Ednrb (endothelin receptor type B) 遺伝子欠損マウス1)RBRC06163ヒルシュスプルング病2)、悪性黒色腫3)、ワールデンブルグ症候群4)のモデルとして報告されています1) Cell. 1994 Dec 30;79(7):1267-76.
2) Development. 1998 Mar;125(5):825-36.
3) Cancer Res. 2010 Jan 1;70(1):24-9.
4) J Biol Chem. 2011 Aug 26;286(34):29621-6.
21.03.01リンパ水腫‐睫毛重生症候群原因遺伝子Foxc2 floxedマウスRBRC10306腎臓でFoxc2を欠損させた場合の表現型解析結果が報告されています1)1) Mamm Genome. 2016 Feb;27(1-2):62-9.
21.03.01TPST2触媒活性欠損マウスRBRC05261甲状腺機能低下症に伴う成長遅延が報告されています1)2)3)1) Biomed Res. 2010 Jun;31(3):207-11.
2) J Vet Med Sci. 2008 Oct;70(10):1043-9.
3) Mol Endocrinol. 2007 Jul;21(7):1713-21.
21.01.04ビタミンD受容体VDR欠損マウス1)2)RBRC05885骨粗鬆症、くる病(ビタミンD欠乏による骨基質石灰化不全)のモデルとして知られ、骨形成等に係るビタミンDの機能解析に利用されています3)4)5)1) Endocrinology. 2000 Apr;141(4):1317-24.
2) Nat Genet. 1997 Aug;16(4):391-6.
3) Biochem Biophys Res Commun. 2017 Jan 29;483(1):359-365.
4) Endocrinology. 2017 Jun 1;158(6):1951-1963.
5) Sci Rep. 2017 Aug 10;7(1):7786.
21.01.04オーファンGPCRの1つGPRC5B欠損マウス1)RBRC10166本系統を用いて、GPRC5Bが肥満細胞での肥満関連炎症性シグナル伝達2)や、プルキンエ細胞でのシナプス形成3)に関与していることが報告されています1) Biochem Biophys Res Commun. 2011 Sep 2;412(3):460-5.
2) Sci Signal. 2012 Nov 20;5(251):ra85.
3) Neurosci Res. 2018 Nov;136:33-47.
21.01.04脂肪組織でACAM(CLMP)を過剰発現させたTgマウスRBRC06443
RBRC06444
RBRC06445
ACAM(CLMP)は2型糖尿病モデルOLETFラットから同定された膜タンパク質1)2)で、本系統は高脂肪高蔗糖食飼育時に肥満・糖尿病に対して抵抗性を示すことが報告されています3)1) J Lipid Res. 2000 Oct;41(10):1615-22.
2) Biochem J. 2005 Apr 15;387(Pt 2):343-53.
3) Diabetes. 2016 May;65(5):1255-67.
21.01.04Phosphatidylcholine生合成酵素Pemt欠損マウスRBRC06436Pemtは主に肝臓で発現し、本系統は高脂肪高蔗糖食飼育時に肥満・糖尿病に対して抵抗性を示すと共に、脂肪肝・脂肪肝炎を示すことが報告されています1)2)1) Sci Rep. 2016 Feb 17;6:21721.
2) PLoS One. 2014 Mar 25;9(3):e92647.
20.10.23ヒトレニン遺伝子・ヒトアンジオテンシノーゲン遺伝子ダブルTgマウスRBRC01122
(hRN Tg)
RBRC01123
(hAG Tg)
RBRC02432
(F1(hRN × hAG))
つくば高血圧マウスとして、利用実績の高い系統です1)2)3)
妊娠高血圧症モデルとしても知られています4)5)
1) Eur J Histochem. 2018 Jul 24;62(3):2930.
2) Mouse of the Month May 2012
3) Biochem Biophys Res Commun. 1991 Oct 31;180(2):1103-9.v
4) Sleep. 2018 Mar 1;41(3).
5) Sci Signal. 2017 May 16;10(479):eaam5711.
20.10.23プロリン異性化酵素Pin1欠損マウス1)2)RBRC10368本系統を用いて、PIN1と様々な生命現象、疾患との関連が報告されています3)4)5)1) Proc Natl Acad Sci U S A. 2002 Feb 5;99(3):1335-40.
2) Biochem Biophys Res Commun. 1999 Nov 30;265(3):658-63.
3) Hum Mol Genet. 2018 Nov 15;27(22):3827-3839.
4) Biochem Biophys Res Commun. 2018 Feb 26;497(1):388-393.
5) Biochem Biophys Res Commun. 2017 Nov 18;493(2):946-951.
20.10.23p53標的遺伝子Tigar 欠損マウスRBRC10981p53誘導性解糖系およびアポローシス制御因子であるTIGARは、心代謝との関連が報告されています1)2)1) Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2019 Jun 1;316(6):H1366-H1377.
2) J Mol Cell Cardiol. 2012 Jan;52(1):175-84.
20.10.23内在性膜タンパク質Aqp7 欠損マウスRBRC06294水だけでなく、グリセロールも通すアクアグリセロポリン AQP7は、様々な代謝経路との関連が報告されています1)2)3)1) Cardiovasc Res. 2009 Jul 1;83(1):34-41.
2) Proc Natl Acad Sci U S A. 2005 Aug 2;102(31):10993-8.
3) Proc Natl Acad Sci U S A. 2004 Dec 21;101(51):17801-6.
20.03.02小胞体膜貫通タンパク質IRE1α(ERN1) 欠損マウス1)RBRC05515
(floxed)
RBRC05516
(KO)
IRE1は小胞体ストレスセンサーの1つとして知られ、本系統は小胞体ストレスと疾患の関連性を探る際にも利用されています2)3)4)1) Proc Natl Acad Sci U S A. 2009 Sep 29;106(39):16657-62.
2) Nat Commun. 2018 Dec 17;9(1):5340.
3) Nature. 2018 Oct;562(7727):423-428.
4) J Cell Biol. 2018 Apr 2;217(4):1287-1301.
20.03.02腫瘍壊死因子(TNF)受容体関連因子TRAF6欠損マウス1)RBRC04950
(C57BL/6)
RBRC05386
(BALB/c)
TRAF6はNF-κBの活性化に関わる細胞質タンパク質で、本系統は外胚葉形成不全、大理石骨病、自己免疫疾患など、様々な病態と類似した表現型を示します2)3)4)5)1) Genes Cells. 1999 Jun;4(6):353-62.
2) Commun Biol. 2019 Aug 6;2:292.
3) Proc Natl Acad Sci U S A. 2017 Aug 22;114(34):E7140-E7149.
4) J Biol Chem. 2017 Jun 16;292(24):10169-10179.
5) Mouse of the Month Sep 2012
20.03.02チューブリン グルタミル化酵素TTLL1欠損マウスRBRC03327TTLL1は線毛機能に関与する酵素の1つで、本系統は原発性線毛機能形成不全症と類似した表現型を示します1)2)3)1) Sci Rep. 2018 Feb 13;8(1):2904.
2) PLoS One. 2015 Nov 18;10(11):e0141823.
3) Proc Natl Acad Sci U S A. 2010 Jun 8;107(23):10490-5.
20.03.02アポトーシス関連膜貫通受容体FAS欠損マウス RBRC01474
(C57BL/6)
RBRC01476
(MRL)
FASはTNFファミリーに属する膜貫通受容体で、本系統は自己免疫性リンパ増殖症候群(OMIM: 601859)と類似した表現型を示します1)2)3)4)1) Proc Natl Acad Sci U S A. 1996 Mar 5;93(5):2131-6.
2) Nat Genet. 1995 Nov;11(3):294-300.
3) Eur J Immunol. 2013 Jul;43(7):1789-98.
4) J Exp Med. 2013 Sep 23;210(10):2087-103.
20.01.06球脊髄性筋萎縮症(SBMA) モデルマウスRBRC00344ヒトの病態と類似した表現型を示し、分子メカニズムの解明や新規治療薬の探索に利用されています1)2)3)1) Hum Mol Genet. 2018 Jul 15;27(14):2425-2442.
2) J Neurosci. 2016 May 4;36(18):5094-106.
3) Neuron. 2002 Aug 29;35(5):843-54.
20.01.06肢帯型筋ジストロフィー2A型(LGMD2A)モデルマウスRBRC04787骨格筋特異的に発現するCAPN3のプロテアーゼ活性不全マウスで、ホモ変異個体は筋疾患様の表現型を示します1)2)3)1) Hum Mol Genet. 2018 May 1;27(9):1642-1653.
2) J Clin Invest. 2010 Aug;120(8):2672-83.
3) J Biol Chem. 2010 Jul 23;285(30):22986-98.
20.01.06孤発性筋萎縮性側索硬化症(ALS) モデルマウスRBRC09428ヒトの病態と類似した表現型を示し、分子メカニズムの解明や新規治療薬の探索に利用されています1)2)3)4) 1) Sci Rep. 2017 Jan 3;7:39994.
2) Sci Rep. 2016 Jun 28;6:28649.
3) J Neurosci. 2010 Sep 8;30(36):11917-25.
4) Mouse of the Month Nov 2015.
20.01.06家族性筋萎縮性側索硬化症(ALS) モデルマウスRBRC09642
RBRC09643
RBRC09644
ヒトの家族性ALSで見つかったSOD1遺伝子変異を導入したTgマウスで、進行性運動神経麻痺を示します1)1) Hum Mol Genet. 2015 Jun 15;24(12):3427-39.
19.11.06統合失調症様行動を示すDisc1遺伝子点変異(L100P)マウスRBRC06364ENUミュータジェネシスによって樹立されたDisc1点変異マウスで、統合失調症モデルとして利用されています1) 2) 3) 4)1) Neuron. 2007 May 3;54(3):387-402.
2) Front Cell Neurosci. 2018 Aug 2;12:238.
3) Behav Brain Res. 2017 Mar 1;320:113-118.
4) Schizophr Bull. 2017 Jan;43(1):214-225.
19.11.06うつ病様行動を示すDisc1遺伝子点変異(Q13L)マウスRBRC06365ENUミュータジェネシスによって樹立されたDisc1点変異マウスで、内因性うつ病モデルとして利用されています1) 2) 3)1) Neuron. 2007 May 3;54(3):387-402.
2) Neuroscience. 2016 May 3;321:99-107.
3) PLoS One. 2014 Oct 1;9(10):e108088.
19.11.06記憶学習障害を示すCaMKIIα遺伝子点変異(K42R)マウスRBRC05821
RBRC05636
CaMKIIαのキナーゼ活性を欠損させたKIマウスで、海馬依存性の記憶学習に障害を示します1) 2) 3)1) eNeuro. 2018 Aug 21;5(4). pii: ENEURO.0133-18.2018.
2) Genes Dev. 2014 May 15;28(10):1101-10.
3) J Neurosci. 2009 Jun 10;29(23):7607-18.
19.11.06代謝型グルタミン酸受容体2(mGluR2)欠損マウス1)RBRC01351本系統を用いた解析により、mGluR2と統合失調症との関連性が示唆されています2) 3) 4)1) Science. 1996 Aug 2;273(5275):645-7.
2) Sci Signal. 2016 Jan 12;9(410):ra5.
3) J Neurosci. 2016 Nov 9;36(45):11521-11531.
4)PLoS One. 2015 May 7;10(5):e0125523.
19.09.03GPIアンカー型膜タンパク質CD109 欠損マウス1) 2)RBRC05911骨減少症3)、乾癬様表皮過形成4)を示します
腫瘍悪性化への関与5)も報告されています
1) Pathol Int. 2019 May;69(5):249-259.
2) Mouse of the Month Nov 2013.
3) Genes Cells. 2018 Jul;23(7):590-598.
4) Am J Pathol. 2012 Oct;181(4):1180-9.
5) J Pathol. 2017 Dec;243(4):468-480.
19.09.03Gタンパク質共役型受容体BLT2欠損マウスRBRC04741
RBRC04742
薬剤(DSS)誘導性大腸炎の悪化1)、皮膚や角膜の創傷治癒修復の遅延2) 3) 4)が報告されています1) FASEB J. 2010 Dec;24(12):4678-90.
2) Sci Rep. 2017 Oct 16;7(1):13267.
3) FASEB J. 2016 Feb;30(2):933-47.
4) J Exp Med. 2014 Jun 2;211(6):1063-78.
19.09.03スコット症候群
(OMIM: 262890)
責任遺伝子Ano6 (Tmem16F) floxedマウス1)
RBRC09797血小板特異的にAno6遺伝子を欠損させると、ヒトの病態と類似した軽度の出血症状を示します2)1) J Biol Chem. 2013 May 10;288(19):13305-16.
2) Proc Natl Acad Sci U S A. 2015 Oct 13;112(41):12800-5.
19.09.03ウィンチェスター症候群
(OMIM: 277950)
責任遺伝子Mmp14 (MT1-MMP) KO/LacZ KI マウス
RBRC05977Mmp14ホモ欠損マウスは骨形成異常を示します
加えて、本系統はMmp14の発現解析に利用されています1) 2) 3) 4) 5)
1) Development. 2013 Jan 15;140(2):343-52.
2) Dev Cell. 2013 May 28;25(4):402-16.
3) Diabetes. 2010 Oct;59(10):2484-94.
4) Genes Cells. 2009 May;14(5):617-26.
5) J Cell Sci. 2007 May 1;120(Pt 9):1607-14.
19.07.01X連鎖αサラセミア・精神遅滞(ATR-X)症候群
(OMIM: 301040)
モデルマウス
RBRC04937責任遺伝子Atrxのノックアウトマウスで、ヒトの病態と類似した表現型を示し1) 2) 、治療薬の探索にも利用されています3)1) J Neurosci. 2011 Jan 5;31(1):346-58.
2) Hippocampus. 2011 Jun;21(6):678-87.
3) Nat Med. 2018 Jun;24(6):802-813.
19.07.01先天性奇形Cardio-Facio-Cutaneous(CFC)症候群
(OMIM: 115150)
モデルマウス
RBRC09730
RBRC09731
RBRC09907
RBRC09908
責任遺伝子の1つBrafに点変異を挿入したノックインマウスで、ヒトの病態と類似した表現型を示します1) 2) 3) 4)1) Hum Mol Genet. 2019 Jan 1;28(1):74-83.
2) Hum Mol Genet. 2017 Dec 1;26(23):4715-4727.
3) Hum Mol Genet. 2015 Dec 20;24(25):7349-60.
4) Hum Mol Genet. 2014 Dec 15;23(24):6553-66.
19.07.01眼皮膚白皮症チェディアック・東症候群
(OMIM: 214500)
モデルマウス
RBRC00134責任遺伝子Lystの自然突然変異マウスで、ヒトの病態と類似した表現型を示し1) 、メカニズム解析にも利用されています2) 3)1) Nature. 1996 Jul 18;382(6588):262-5.
2) Mol Genet Metab. 2010 Apr;99(4):389-95.
3) J Biol Chem. 1997 Nov 21;272(47):29790-4.
19.07.01眼皮膚白皮症グリセリ症候群
(OMIM: 214450)
モデルマウス
RBRC02978責任遺伝子Myo5aの自然点突然変異マウスで、ヒトの病態と類似した色素沈着異常、神経機能障害を示します1) 2)1) J Neurosci. 2011 Apr 20;31(16):6067-78.
2) Genetics. 1998 Apr;148(4):1963-72.
19.05.08脊椎手掌異形成型エーラス・ダンロス症候群
(OMIM: 612350)
モデルマウス
RBRC06217責任遺伝子Slc39a13のノックアウトマウスで、ヒトの病態と類似した結合組織異常を示します1) 2)1) PLoS Genet. 2017 Aug 30;13(8):e1006950.
2) PLoS One. 2008;3(11):e3642.
19.05.08進行性ミオクローヌスてんかんラフォラ病
(OMIM: 254780)
モデルマウス
RBRC02715責任遺伝子Epm2aのノックアウトマウスで、ヒトの病態と類似した神経変性異常を示します1) 2) 3)1) Hum Mol Genet. 2017 Dec 15;26(24):4778-4785.
2) Brain. 2014 Mar;137(Pt 3):806-18.
3) Hum Mol Genet. 2002 May 15;11(11):1251-62.
19.05.08慢性消化器疾患ヒルシュスプルング病
(OMIM: 142623)
モデルマウス
RBRC06249責任遺伝子の1つRetに点変異を挿入したノックインマウスで、ヒトの病態と類似した巨大結腸症、難聴を示します1) 2) 3)1) Dev Biol. 2011 Jan 15;349(2):160-8.
2) Proc Natl Acad Sci U S A. 2010 Jul 20;107(29):13051-6.
3) Mol Cell Biol. 2004 Sep;24(18):8026-36.
19.05.08モワット・ウィルソン症候群
(OMIM: 235730)
モデルマウス
RBRC01925責任遺伝子Zeb2のノックアウトマウスで、ヒトの病態と類似した表現型を示します1) 2) 3)1) Hum Mol Genet. 2007 Jun 15;16(12):1423-36.
2) Am J Hum Genet. 2003 Feb;72(2):465-70.
3) Genesis. 2002 Feb;32(2):82-4.



コメントは受け付けていません。