マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

Today’s tool for functional analysis / Today’s model for human disease





DateTitleBRC No.DescriptionReferences
19.08.01オレキシン神経細胞特異的CreドライバーマウスRBRC06806睡眠、覚醒、食欲などを制御するオレキシン神経特異的にCre組み換え酵素及びEGFPを発現します1) 2)1) Proc Natl Acad Sci U S A. 2018 Nov 6;115(45):E10740-E10747.
2) Neuropharmacology. 2014 Oct;85:451-60.
19.08.01成熟嗅神経可視化マウス1)RBRC02092OMP(Olfactory marker protein)遺伝子座にGFPをKIしたマウスで、嗅覚系の解析に広く利用されています2) 3) 4)1) J Neurosci. 2001 Dec 15;21(24):9713-23.
2) J Neurosci. 2019 Jan 30;39(5):814-832.
3) Cell Stem Cell. 2017 Dec 7;21(6):761-774.e5.
4) Cell. 2016 Jun 16;165(7):1734-1748.
19.08.01セレノシステイン転移RNA遺伝子 (Trsp)floxedマウス1)RBRC02681Trspは抗酸化酵素に多い含セレンタンパク質の合成に必須なため、酸化ストレスモデルとして利用されています2) 3) 1) J Biol Chem. 2008 Jan 25;283(4):2021-30.
2) Cell Rep. 2017 Feb 21;18(8):2030-2044.
3) Blood. 2011 Jan 20;117(3):986-96.
19.08.01神経系で高発現するRufy3遺伝子KO-firstマウスRBRC05780 本系統を用いた解析により、RUFY3がカスパーゼを介した軸索変性に必須であることが明らかになりました1)1) Neuron. 2019 Jun 7. pii: S0896-6273(19)30483-0. 
19.06.03生後の運動ニューロン特異的CreドライバーマウスRBRC01515
RBRC01516
赤筋(遅筋)に投射するスロー運動ニューロン特異的にCre組み換え酵素を発現します1) 2)1) Genesis. 2016 Nov;54(11):568-572.
2) Brain Res. 2014 Mar 6;1550:36-46.
19.06.03ミトコンドリア可視化マウス1) 2)RBRC02250ミトコンドリア局在型EGFPを発現するTgマウスで、ミトコンドリア形態イメージングが可能です3) 4)1) Exp Anim. 2010;59(1):99-103.
2) FEBS Lett. 2001 Jun 29;500(1-2):7-11.
3) Sci Transl Med. 2017 Oct 25;9(413).
4) PLoS One. 2012;7(6):e36850.
19.06.03亜鉛トランスポーターSlc39a10 (Zip10) floxedマウスRBRC06221本系統を用いた解析により、Slc39a10が獲得免疫応答1) 2)や上皮性組織の形成3)に関与することが明らかになりました 1) Proc Natl Acad Sci U S A. 2014 Aug 12;111(32):11786-91.
2) Proc Natl Acad Sci U S A. 2014 Aug 12;111(32):11780-5.
3) Proc Natl Acad Sci U S A. 2017 Nov 14;114(46):12243-12248.
19.06.03細胞接着分子Cadm1 (SynCAM1) KOマウスRBRC04062シナプス接着因子としての解析1) 2) 3)だけでなく、骨代謝研究4)においても利用されています1) J Neurosci. 2016 Jul 13;36(28):7464-75.
2) Neuron. 2010 Dec 9;68(5):894-906.
3) Biochem Biophys Res Commun. 2010 Jun 4;396(3):703-8.
4) PLoS One. 2017 Apr 17;12(4):e0175632.
19.04.01中枢神経系ミエリン形成細胞特異的Creドライバーマウス1)RBRC01461オリゴデンドロサイトのミエリン形成過程での遺伝子機能の解明2)などに有用です1) Genesis. 2000 Feb;26(2):127-9.
2) Nat Commun. 2016 Nov 23;7:13478.
19.04.01Oct3/4 (Pou5f1) 遺伝子レポーターマウスRBRC007711)
RBRC060372)
多能性マーカーOct3/4の制御下でEGFPを発現するため、幹細胞研究に有用です3) 4) 5)1) Dev Biol. 2003 Jun 1;258(1):209-25.
2) Development. 2008 Mar;135(5):909-18.
3) Cell Res. 2011 Jan;21(1):196-204.
4) Dev Biol. 2010 Oct 1;346(1):90-101.
5) Stem Cells. 2009 Feb;27(2):383-9.
19.04.01Fgf5 遺伝子自然突然変異マウスRBRC05894

RBRC05895
発毛サイクルの異常1)を示すほか、精子幹細胞に関する研究2)にも貢献しました1) Exp Anim. 2011;60(2):161-7.
2) Cell Stem Cell. 2019 Jan 3;24(1):79-92. e6.
19.04.01Fstl4 (Mahya) 遺伝子レポーターマウスRBRC04952進化遺伝学分野に有用1)なだけでなく、特定のサブタイプの網膜神経節細胞をモニターする実験2)にも利用されました1) Dev Genes Evol. 2005 Nov;215(11):564-74.
2) Curr Eye Res. 2016 Apr;41(4):558-68.


DateTitleBRC No.DescriptionReferences
19.07.01X連鎖αサラセミア・精神遅滞(ATR-X)症候群
(OMIM: 301040)
モデルマウス
RBRC04937責任遺伝子Atrxのノックアウトマウスで、ヒトの病態と類似した表現型を示し1) 2) 、治療薬の探索にも利用されています3)1) J Neurosci. 2011 Jan 5;31(1):346-58.
2) Hippocampus. 2011 Jun;21(6):678-87.
3) Nat Med. 2018 Jun;24(6):802-813.
19.07.01先天性奇形Cardio-Facio-Cutaneous(CFC)症候群
(OMIM: 115150)
モデルマウス
RBRC09730
RBRC09731
RBRC09907
RBRC09908
責任遺伝子の1つBrafに点変異を挿入したノックインマウスで、ヒトの病態と類似した表現型を示します1) 2) 3) 4)1) Hum Mol Genet. 2019 Jan 1;28(1):74-83.
2) Hum Mol Genet. 2017 Dec 1;26(23):4715-4727.
3) Hum Mol Genet. 2015 Dec 20;24(25):7349-60.
4) Hum Mol Genet. 2014 Dec 15;23(24):6553-66.
19.07.01眼皮膚白皮症チェディアック・東症候群
(OMIM: 214500)
モデルマウス
RBRC00134責任遺伝子Lystの自然突然変異マウスで、ヒトの病態と類似した表現型を示し1) 、メカニズム解析にも利用されています2) 3)1) Nature. 1996 Jul 18;382(6588):262-5.
2) Mol Genet Metab. 2010 Apr;99(4):389-95.
3) J Biol Chem. 1997 Nov 21;272(47):29790-4.
19.07.01眼皮膚白皮症グリセリ症候群
(OMIM: 214450)
モデルマウス
RBRC02978責任遺伝子Myo5aの自然点突然変異マウスで、ヒトの病態と類似した色素沈着異常、神経機能障害を示します1) 2)1) J Neurosci. 2011 Apr 20;31(16):6067-78.
2) Genetics. 1998 Apr;148(4):1963-72.
19.05.08脊椎手掌異形成型エーラス・ダンロス症候群
(OMIM: 612350)
モデルマウス
RBRC06217責任遺伝子Slc39a13のノックアウトマウスで、ヒトの病態と類似した結合組織異常を示します1) 2)1) PLoS Genet. 2017 Aug 30;13(8):e1006950.
2) PLoS One. 2008;3(11):e3642.
19.05.08進行性ミオクローヌスてんかんラフォラ病
(OMIM: 254780)
モデルマウス
RBRC02715責任遺伝子Epm2aのノックアウトマウスで、ヒトの病態と類似した神経変性異常を示します1) 2) 3)1) Hum Mol Genet. 2017 Dec 15;26(24):4778-4785.
2) Brain. 2014 Mar;137(Pt 3):806-18.
3) Hum Mol Genet. 2002 May 15;11(11):1251-62.
19.05.08慢性消化器疾患ヒルシュスプルング病
(OMIM: 142623)
モデルマウス
RBRC06249責任遺伝子の1つRetに点変異を挿入したノックインマウスで、ヒトの病態と類似した巨大結腸症、難聴を示します1) 2) 3)1) Dev Biol. 2011 Jan 15;349(2):160-8.
2) Proc Natl Acad Sci U S A. 2010 Jul 20;107(29):13051-6.
3) Mol Cell Biol. 2004 Sep;24(18):8026-36.
19.05.08モワット・ウィルソン症候群
(OMIM: 235730)
モデルマウス
RBRC01925責任遺伝子Zeb2のノックアウトマウスで、ヒトの病態と類似した表現型を示します1) 2) 3)1) Hum Mol Genet. 2007 Jun 15;16(12):1423-36.
2) Am J Hum Genet. 2003 Feb;72(2):465-70.
3) Genesis. 2002 Feb;32(2):82-4.