マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
セキュリティ上の問題により、マウス検索システムを入れ替えて暫定運用いたします。
利用者の皆様にはご不便をおかけし申し訳ありませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

Today’s tool for functional analysis / Today’s model for human disease





DateTitleBRC No.DescriptionReferences
19.12.02CRFニューロン特異的CreドライバーマウスRBRC06520Crh(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)遺伝子のiCre KIマウスで、ストレス応答研究に有用です1) 2)1) Sci Adv. 2016 Aug 17;2(8):e1501723.
2) Endocrinology. 2014 Oct;155(10):4054-60.
19.12.02Crh遺伝子蛍光レポーターマウスRBRC09893Crh(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)遺伝子のVenus KIマウスで、CRFニューロンを可視化します1) 2) 3)1) Biol Sex Differ. 2019 Jan 28;10(1):6.
2) Brain Struct Funct. 2017 May;222(4):1705-1732.
3) Endocrinology. 2014 Oct;155(10):4054-60.
19.12.02オリゴデンドロサイト・運動ニューロン特異的CreドライバーマウスRBRC01507Olig2遺伝子のタモキシフェン誘導型Cre KIマウスで、神経科学分野でよく使われる系統です1) 2) 3) 4) 5)1) Nat Neurosci. 2018 May;21(5):696-706.
2) Science. 2014 Sep 26;345(6204):1254927.v
3) Mouse of the Month July 2006
4) Dev Biol. 2006 May 15;293(2):358-69.
5) Curr Biol. 2002 Jul 9;12(13):1157-63.
19.12.02転写因子Olig2レポーターマウスRBRC06017
RBRC06018
RBRC06022
Olig2遺伝子のBAC Tgマウスで、Venus, mCherry, luc2いずれかとOLIG2の融合タンパク質を発現します1)1) Science. 2013 Dec 6;342(6163):1203-8.
19.12.02背側終脳特異的CreドライバーマウスRBRC01345Emx1遺伝子(ホメオボックス転写因子)のCre KIマウスで、神経科学分野でよく使われる系統です1) 2) 3) 4) 5)1) Nat Commun. 2019 Aug 8;10(1):3581.
2) Nat Commun. 2017 May 23;8:15488.
3) Mouse of the Month July 2006
4) Genesis. 2004 Mar;38(3):130-8.
5) Nature. 2000 Aug 17;406(6797):726-31.
19.12.02内耳特異的CreドライバーマウスRBRC02272Emx2遺伝子(ホメオボックス転写因子)のCre KIマウスで1)、内耳発生に関する研究で使われています2) 3) 4)1) J Neurosci. 2005 May 25;25(21):5097-108.
2) J Neurosci. 2019 Oct 9;39(41):8013-8023.
3) Dev Biol. 2018 May 1;437(1):17-26.
4) Development. 2018 Jun 14;145(12).
19.10.01細胞内酸化ストレスイメージングマウスRBRC057041)
RBRC061612)
酸化ストレス応答性転写因子Nrf2のレポーターマウスで、本系統を利用して酸化ストレス感知の仕組みが明らかになりました3)1) Sci Rep. 2012;2:229.
2) Free Radic Biol Med. 2014 Jul;72:124-33.
3) Cell Rep. 2019 Jul 16;28(3):746-758.e4.
19.10.01コンディショナルにROS産生増加を制御可能なマウス1)RBRC09859Cre/loxPシステム制御下で、SDAD(ROS産生制御酵素)の不活化変異体を発現します1) Eur J Immunol. 2017 Feb;47(2):406-418.
19.10.01精子−卵 膜融合イメージングマウス1)RBRC05763精子融合因子Izumo1のレポーターマウスで、配偶子融合のメカニズム解析に有用です2) 3)1) J Cell Sci. 2012 Nov 1;125(Pt 21):4985-90.
2) Cell Cycle. 2018;17(11):1279-1285.
3) Nat Commun. 2015 Nov 16;6:8858.
19.10.01精子アクロソーム−GFP:
精子ミトコンドリア−DsRed
二重レポーターマウス1)
RBRC03743
RBRC05861
受精や精子先体反応のメカニズム解明に広く利用されています2) 3) 4)1) Exp Anim. 2010;59(1):105-7.
2) J Cell Biol. 2018 Jun 4;217(6):2103-2119.
3) J Biol Chem. 2018 Jul 27;293(30):11796-11808.
4) Biol Reprod. 2016 Apr;94(4):80.
19.08.01オレキシン神経細胞特異的CreドライバーマウスRBRC06806睡眠、覚醒、食欲などを制御するオレキシン神経特異的にCre組み換え酵素及びEGFPを発現します1) 2)1) Proc Natl Acad Sci U S A. 2018 Nov 6;115(45):E10740-E10747.
2) Neuropharmacology. 2014 Oct;85:451-60.
19.08.01成熟嗅神経可視化マウス1)RBRC02092OMP(Olfactory marker protein)遺伝子座にGFPをKIしたマウスで、嗅覚系の解析に広く利用されています2) 3) 4)1) J Neurosci. 2001 Dec 15;21(24):9713-23.
2) J Neurosci. 2019 Jan 30;39(5):814-832.
3) Cell Stem Cell. 2017 Dec 7;21(6):761-774.e5.
4) Cell. 2016 Jun 16;165(7):1734-1748.
19.08.01セレノシステイン転移RNA遺伝子 (Trsp)floxedマウス1)RBRC02681Trspは抗酸化酵素に多い含セレンタンパク質の合成に必須なため、酸化ストレスモデルとして利用されています2) 3) 1) J Biol Chem. 2008 Jan 25;283(4):2021-30.
2) Cell Rep. 2017 Feb 21;18(8):2030-2044.
3) Blood. 2011 Jan 20;117(3):986-96.
19.08.01神経系で高発現するRufy3遺伝子KO-firstマウスRBRC05780 本系統を用いた解析により、RUFY3がカスパーゼを介した軸索変性に必須であることが明らかになりました1)1) Neuron. 2019 Jun 7. pii: S0896-6273(19)30483-0. 
19.06.03生後の運動ニューロン特異的CreドライバーマウスRBRC01515
RBRC01516
赤筋(遅筋)に投射するスロー運動ニューロン特異的にCre組み換え酵素を発現します1) 2)1) Genesis. 2016 Nov;54(11):568-572.
2) Brain Res. 2014 Mar 6;1550:36-46.
19.06.03ミトコンドリア可視化マウス1) 2)RBRC02250ミトコンドリア局在型EGFPを発現するTgマウスで、ミトコンドリア形態イメージングが可能です3) 4)1) Exp Anim. 2010;59(1):99-103.
2) FEBS Lett. 2001 Jun 29;500(1-2):7-11.
3) Sci Transl Med. 2017 Oct 25;9(413).
4) PLoS One. 2012;7(6):e36850.
19.06.03亜鉛トランスポーターSlc39a10 (Zip10) floxedマウスRBRC06221本系統を用いた解析により、Slc39a10が獲得免疫応答1) 2)や上皮性組織の形成3)に関与することが明らかになりました 1) Proc Natl Acad Sci U S A. 2014 Aug 12;111(32):11786-91.
2) Proc Natl Acad Sci U S A. 2014 Aug 12;111(32):11780-5.
3) Proc Natl Acad Sci U S A. 2017 Nov 14;114(46):12243-12248.
19.06.03細胞接着分子Cadm1 (SynCAM1) KOマウスRBRC04062シナプス接着因子としての解析1) 2) 3)だけでなく、骨代謝研究4)においても利用されています1) J Neurosci. 2016 Jul 13;36(28):7464-75.
2) Neuron. 2010 Dec 9;68(5):894-906.
3) Biochem Biophys Res Commun. 2010 Jun 4;396(3):703-8.
4) PLoS One. 2017 Apr 17;12(4):e0175632.
19.04.01中枢神経系ミエリン形成細胞特異的Creドライバーマウス1)RBRC01461オリゴデンドロサイトのミエリン形成過程での遺伝子機能の解明2)などに有用です1) Genesis. 2000 Feb;26(2):127-9.
2) Nat Commun. 2016 Nov 23;7:13478.
19.04.01Oct3/4 (Pou5f1) 遺伝子レポーターマウスRBRC007711)
RBRC060372)
多能性マーカーOct3/4の制御下でEGFPを発現するため、幹細胞研究に有用です3) 4) 5)1) Dev Biol. 2003 Jun 1;258(1):209-25.
2) Development. 2008 Mar;135(5):909-18.
3) Cell Res. 2011 Jan;21(1):196-204.
4) Dev Biol. 2010 Oct 1;346(1):90-101.
5) Stem Cells. 2009 Feb;27(2):383-9.
19.04.01Fgf5 遺伝子自然突然変異マウスRBRC05894

RBRC05895
発毛サイクルの異常1)を示すほか、精子幹細胞に関する研究2)にも貢献しました1) Exp Anim. 2011;60(2):161-7.
2) Cell Stem Cell. 2019 Jan 3;24(1):79-92. e6.
19.04.01Fstl4 (Mahya) 遺伝子レポーターマウスRBRC04952進化遺伝学分野に有用1)なだけでなく、特定のサブタイプの網膜神経節細胞をモニターする実験2)にも利用されました1) Dev Genes Evol. 2005 Nov;215(11):564-74.
2) Curr Eye Res. 2016 Apr;41(4):558-68.


DateTitleBRC No.DescriptionReferences
19.11.06統合失調症様行動を示す
Disc1遺伝子点変異(L100P)マウス
RBRC06364ENUミュータジェネシスによって樹立されたDisc1点変異マウスで、統合失調症モデルとして利用されています1) 2) 3) 4)1) Neuron. 2007 May 3;54(3):387-402.
2) Front Cell Neurosci. 2018 Aug 2;12:238.
3) Behav Brain Res. 2017 Mar 1;320:113-118.
4) Schizophr Bull. 2017 Jan;43(1):214-225.
19.11.06うつ病様行動を示す
Disc1遺伝子点変異(Q13L)マウス
RBRC06365ENUミュータジェネシスによって樹立されたDisc1点変異マウスで、内因性うつ病モデルとして利用されています1) 2) 3)1) Neuron. 2007 May 3;54(3):387-402.
2) Neuroscience. 2016 May 3;321:99-107.
3) PLoS One. 2014 Oct 1;9(10):e108088.
19.11.06記憶学習障害を示す
CaMKIIα遺伝子点変異(K42R)マウス
RBRC05821
RBRC05636
CaMKIIαのキナーゼ活性を欠損させたKIマウスで、海馬依存性の記憶学習に障害を示します1) 2) 3)1) eNeuro. 2018 Aug 21;5(4). pii: ENEURO.0133-18.2018.
2) Genes Dev. 2014 May 15;28(10):1101-10.
3) J Neurosci. 2009 Jun 10;29(23):7607-18.
19.11.06代謝型グルタミン酸受容体2
(mGluR2)欠損マウス1)
RBRC01351本系統を用いた解析により、mGluR2と統合失調症との関連性が示唆されています2) 3) 4)1) Science. 1996 Aug 2;273(5275):645-7.
2) Sci Signal. 2016 Jan 12;9(410):ra5.
3) J Neurosci. 2016 Nov 9;36(45):11521-11531.
4)PLoS One. 2015 May 7;10(5):e0125523.
19.09.03GPIアンカー型膜タンパク質CD109 欠損マウス1) 2)RBRC05911骨減少症3)、乾癬様表皮過形成4)を示します
腫瘍悪性化への関与5)も報告されています
1) Pathol Int. 2019 May;69(5):249-259.
2) Mouse of the Month Nov 2013.
3) Genes Cells. 2018 Jul;23(7):590-598.
4) Am J Pathol. 2012 Oct;181(4):1180-9.
5) J Pathol. 2017 Dec;243(4):468-480.
19.09.03Gタンパク質共役型受容体BLT2欠損マウスRBRC04741
RBRC04742
薬剤(DSS)誘導性大腸炎の悪化1)、皮膚や角膜の創傷治癒修復の遅延2) 3) 4)が報告されています1) FASEB J. 2010 Dec;24(12):4678-90.
2) Sci Rep. 2017 Oct 16;7(1):13267.
3) FASEB J. 2016 Feb;30(2):933-47.
4) J Exp Med. 2014 Jun 2;211(6):1063-78.
19.09.03スコット症候群
(OMIM: 262890)
責任遺伝子Ano6 (Tmem16F) floxedマウス1)
RBRC09797血小板特異的にAno6遺伝子を欠損させると、ヒトの病態と類似した軽度の出血症状を示します2)1) J Biol Chem. 2013 May 10;288(19):13305-16.
2) Proc Natl Acad Sci U S A. 2015 Oct 13;112(41):12800-5.
19.09.03ウィンチェスター症候群
(OMIM: 277950)
責任遺伝子Mmp14 (MT1-MMP) KO/LacZ KI マウス
RBRC05977Mmp14ホモ欠損マウスは骨形成異常を示します
加えて、本系統はMmp14の発現解析に利用されています1) 2) 3) 4) 5)
1) Development. 2013 Jan 15;140(2):343-52.
2) Dev Cell. 2013 May 28;25(4):402-16.
3) Diabetes. 2010 Oct;59(10):2484-94.
4) Genes Cells. 2009 May;14(5):617-26.
5) J Cell Sci. 2007 May 1;120(Pt 9):1607-14.
19.07.01X連鎖αサラセミア・精神遅滞(ATR-X)症候群
(OMIM: 301040)
モデルマウス
RBRC04937責任遺伝子Atrxのノックアウトマウスで、ヒトの病態と類似した表現型を示し1) 2) 、治療薬の探索にも利用されています3)1) J Neurosci. 2011 Jan 5;31(1):346-58.
2) Hippocampus. 2011 Jun;21(6):678-87.
3) Nat Med. 2018 Jun;24(6):802-813.
19.07.01先天性奇形Cardio-Facio-Cutaneous(CFC)症候群
(OMIM: 115150)
モデルマウス
RBRC09730
RBRC09731
RBRC09907
RBRC09908
責任遺伝子の1つBrafに点変異を挿入したノックインマウスで、ヒトの病態と類似した表現型を示します1) 2) 3) 4)1) Hum Mol Genet. 2019 Jan 1;28(1):74-83.
2) Hum Mol Genet. 2017 Dec 1;26(23):4715-4727.
3) Hum Mol Genet. 2015 Dec 20;24(25):7349-60.
4) Hum Mol Genet. 2014 Dec 15;23(24):6553-66.
19.07.01眼皮膚白皮症チェディアック・東症候群
(OMIM: 214500)
モデルマウス
RBRC00134責任遺伝子Lystの自然突然変異マウスで、ヒトの病態と類似した表現型を示し1) 、メカニズム解析にも利用されています2) 3)1) Nature. 1996 Jul 18;382(6588):262-5.
2) Mol Genet Metab. 2010 Apr;99(4):389-95.
3) J Biol Chem. 1997 Nov 21;272(47):29790-4.
19.07.01眼皮膚白皮症グリセリ症候群
(OMIM: 214450)
モデルマウス
RBRC02978責任遺伝子Myo5aの自然点突然変異マウスで、ヒトの病態と類似した色素沈着異常、神経機能障害を示します1) 2)1) J Neurosci. 2011 Apr 20;31(16):6067-78.
2) Genetics. 1998 Apr;148(4):1963-72.
19.05.08脊椎手掌異形成型エーラス・ダンロス症候群
(OMIM: 612350)
モデルマウス
RBRC06217責任遺伝子Slc39a13のノックアウトマウスで、ヒトの病態と類似した結合組織異常を示します1) 2)1) PLoS Genet. 2017 Aug 30;13(8):e1006950.
2) PLoS One. 2008;3(11):e3642.
19.05.08進行性ミオクローヌスてんかんラフォラ病
(OMIM: 254780)
モデルマウス
RBRC02715責任遺伝子Epm2aのノックアウトマウスで、ヒトの病態と類似した神経変性異常を示します1) 2) 3)1) Hum Mol Genet. 2017 Dec 15;26(24):4778-4785.
2) Brain. 2014 Mar;137(Pt 3):806-18.
3) Hum Mol Genet. 2002 May 15;11(11):1251-62.
19.05.08慢性消化器疾患ヒルシュスプルング病
(OMIM: 142623)
モデルマウス
RBRC06249責任遺伝子の1つRetに点変異を挿入したノックインマウスで、ヒトの病態と類似した巨大結腸症、難聴を示します1) 2) 3)1) Dev Biol. 2011 Jan 15;349(2):160-8.
2) Proc Natl Acad Sci U S A. 2010 Jul 20;107(29):13051-6.
3) Mol Cell Biol. 2004 Sep;24(18):8026-36.
19.05.08モワット・ウィルソン症候群
(OMIM: 235730)
モデルマウス
RBRC01925責任遺伝子Zeb2のノックアウトマウスで、ヒトの病態と類似した表現型を示します1) 2) 3)1) Hum Mol Genet. 2007 Jun 15;16(12):1423-36.
2) Am J Hum Genet. 2003 Feb;72(2):465-70.
3) Genesis. 2002 Feb;32(2):82-4.