マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification

JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 155


********************************************************************
RIKEN BioResource Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 155
********************************************************************

日の入りが一日ごとに早まってきました。夕日に照らされていたススキが、月の光を浴びると
金から銀へ輝きを変えます。
理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● バイオリソースの提供手数料改定のお知らせ
● 10月23日(月) 休業のお知らせ
● 2017年度生命科学系学会合同年次大会 ConBio2017 
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  バイオリソースの提供手数料改定のお知らせ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当センターは、ライフサイエンスの開発研究に必要なバイオリソースを整備し、提供する
事業を実施しております。事業を継続的かつ円滑に行うために、バイオリソースの収集、
保存、品質管理等に必要な経費は理化学研究所運営費交付金を充て、提供に必要な経費は
提供手数料として利用者の皆様にご負担いただいております。

この度は、輸送料の改定に伴い、一部のリソースおいて実費に変動が生じたため、
提供手数料を改定させていただくことになりました。
ご理解を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

詳細はこちら
http://ja.brc.riken.jp/news/notice_20171005_01.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  10月23日(月) 休業のお知らせ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10月23日(月)は理研設立記念日のため業務は終日停止致します。
ご迷惑をおかけ致しますが、ご了承下さい。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  2017年度生命科学系学会合同年次大会 ConBio2017  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年度生命科学系学会合同年次大会 ConBio2017 が開催されます。
理研BRCではブースを出展いたします。みなさまのご来場をお待ちしております。

会 期: 2017年12月6日(水)~9日(土)
会 場: 神戸ポートアイランド

詳細はこちら
http://www.aeplan.co.jp/conbio2017/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
いたしております。

RBRC00806  GFP-LC3#53
Amanda Brosius Lutza, Won-Suk Chung, Steven A. Sloan, Glenn A. Carson, 
Lu Zhou, Emilie Lovelett, Sean Posada, J. Bradley Zuchero, Ben A. Barres.
Schwann cells use TAM receptor-mediated phagocytosis in addition to 
autophagy to clear myelin in a mouse model of nerve injury.
Proc. Natl. Acad. Sci. USA; 114(38):E8072-E8080, doi: 10.1073/pnas.1710566114, 2017.
https://doi.org/10.1073/pnas.1710566114

RBRC02388  B6.129P2-Ly96<tm1Kmiy>  [C57BL/6-MD-2 KO]
Fang Q, Wang J, Zhang Y, Wang L, Li W, Han J, Huang W, Liang G, Wang Y.
Inhibition of myeloid differentiation factor-2 attenuates obesity-induced 
cardiomyopathy and fibrosis. Biochim Biophys Acta., doi: 10.1016/j.bbadis.2017.09.026, 2017.
https://doi.org/10.1016/j.bbadis.2017.09.026

RBRC05737  B6.Cg-Tg(CAG-tdKaede)15Utr  [WK-m15]
Nakamura YK, Janowitz C, Metea C, Asquith M, Karstens L, Rosenbaum JT, Lin P.
Short chain fatty acids ameliorate immune-mediated uveitis partially by 
altering migration of lymphocytes from the intestine.
Sci Rep.; 7(1):11745, doi: 10.1038/s41598-017-12163-3, 2017.
ttps://doi.org/10.1038/s41598-017-12163-3

RBRC09550  B6;129-Actb<tm2.1(tetO-YCnano50)Kftnk>
           [tetO-YCnano50, B6;129-Actb<tm1(tetO-YCnano50)Kftnk>/Kftnk(tetO-YCnano50)]
Tsutsui-Kimura I, Natsubori A, Mori M, Kobayashi K, Drew MR, de Kerchove 
d'Exaerde A, Mimura M, Tanaka KF. Distinct Roles of Ventromedial versus 
Ventrolateral Striatal Medium Spiny Neurons in Reward-Oriented Behavior.
Curr Biol.; 27(19):3042-3048.e4, doi: 10.1016/j.cub.2017.08.061, 2017.
https://doi.org/10.1016/j.cub.2017.08.061

RBRC-GD000099  Srr<Rgsc01872>  [M101872]
Jiang H, Wu M, Liu Y, Song L, Li S, Wang X, Zhang YF, Fang J, Wu S.
Serine racemase deficiency attenuates choroidal neovascularization 
and reduces nitric oxide and VEGF levels by retinal pigment epithelial cells.
J. Neurochem., doi: 10.1111/jnc.14214, 2017.
https://doi.org/10.1111/jnc.14214

RBRC-GD000099  Srr<Rgsc01872>  [M101872]
Zhang H, Song L, Chang Y, Wu M, Kuang X, Jiang H, Wu S.
Potential deficit from decreased cerebellar granule cell migration 
in serine racemase-deficient mice is reversed by increased expression 
of GluN2B and elevated levels of NMDAR agonists.
Mol Cell Neurosci., doi: 10.1016/j.mcn.2017.09.005, 2017. 
https://doi.org/10.1016/j.mcn.2017.09.005


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝いたしております。

Dr. Shohei Hori, RIKEN
RBRC10063  C57BL/6J-Foxp3<tm1(CD2/CD52)Shori>
RBRC10064  B6.Cg-Foxp3<tm2.1(EGFP/Cre)Shori>

Dr. Keiji Wada, National Center of Neurology and Psychiatry
RBRC10079  B6.Cg-Uchl1<gad>/Wada

Dr. Tsukasa Seya, Hokkaido University
RBRC10099  C57BL/6-Riok3<em1Tsse>
RBRC10100  C57BL/6-Riok3<em2Tsse>

詳細はこちら
http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20170925_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 http://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソースセンター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 http://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2017.10.19.