COVID-19 関連マウスリソース

新型コロナウイルス感染症研究に関連するマウスリソース
1)新型コロナウイルス感染症に対する理研BRCの取り組み

理研バイオリソース研究センター(理研BRC)は、遺伝子/細胞/マウス個体の三つの生命階層のリソースを1機関で取り揃えた、世界的にもユニークなリソース機関です。この特徴を活かして、新型コロナウイルス感染症の統合的な研究の促進のため、感染症の4つのステージ(①ウイルス感染・増殖、②発症・生体防御、③重症化、④治療・予防)の研究開発の鍵となるバイオリソースを収集・整備し、情報発信していきます。特にマウスでは、実験系としてヒトを使えない制約を克服し、重症化メカニズムの解明や、治療薬、ワクチン開発等の研究推進の研究基盤リソースとして貢献していきます。また、国内外の研究機関、コンソーシアムと連携して、新型コロナウイルス感染症に有用なリソースの情報を提供します。
理研BRCが提供するCOVID-19関連研究用マウスに関しては、下記3)をご覧ください。


2)The Global Mouse Models for COVID-19 Consortium (GMMCC)

理研BRCは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する研究を支えるための、世界中のマウス遺伝学、ゲノミクス、および機能評価センターとリポジトリによるコンソーシアム”The Global Mouse Models for COVID-19 Consortium (GMMCC)”に参加しています。GMMCCでは、COVID-19およびSARS-CoV2に関連するマウス系統、マウス遺伝学の専門知識、および研究成果と治療効果、および安全性試験プラットフォーム等の情報を提供しています。

GMMCCウェブサイト
GMMCC


3)理研BRCが提供するCOVID-19関連研究用マウス
カテゴリ関連遺伝子、基礎疾患モデル等リンク
①ウイルス感染・増殖Itgal, Apn, Trim25マウスリストを表示
②発症・生体防御Tnf, Agt, Il6, Il6st, Jak1, Mavsマウスリストを表示
③重症化糖尿病高血圧心不全 に関連するマウスマウスリストを表示

4)理研BRCが提供する他のCOVID-19関連リソース

SARS-CoV-2 ウイルスに関連するヒト遺伝子クローン (遺伝子材料開発室)

COVID-19 関連細胞 (細胞材料開発室)



コメントは受け付けていません。