マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 167


********************************************************************
RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 167
********************************************************************

つくばの春は、まだ浅く、冷たい風とうららかな日差しが同居しています。
桜前線はそろそろ北上を始めているのでしょうか。
理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス "Long-sleep mouse model induced by Sik3 splice mutation"
● [お願い]ご所属変更の手続き
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Long-sleep mouse model induced by Sik3 splice mutation
 RBRC09910 C57BL/6N-Sik3<tm1.1Iiis>
 RBRC09911 C57BL/6N-Sik3<em2Iiis>
 RBRC09912 C57BL/6N-Sik3<em3Iiis>

寄託者: 柳沢 正史 先生 (筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構)

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/mar_2019_mm

今月のマウス・バックナンバー
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室(animal@brc.riken.jp)
までお問い合わせください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ [お願い]ご所属変更の手続き
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご所属を変更された場合は、次の情報を実験動物開発室(animal@brc.riken.jp)まで、
お知らせ下さいますようお願い申し上げます。

ご氏名
旧所属

新所属
ご住所
TEL/FAX
e-mail


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
いたしております。

RBRC00806  GFP-LC3#53
Kim WY, SNam SA, Choi A, Kim YM, Park SH, Kim HL, Kim H, Han KH, 
Yang CW, Lee MS, Kim YK, Kim J.
Atg7-dependent canonical autophagy regulates the degradation of 
aquaporin 2 in prolonged hypokalemia.
Sci Rep.;9(1):3021, doi: 10.1038/s41598-019-39702-4, 2019.
https://doi.org/10.1038/s41598-019-39702-4

RBRC00806  GFP-LC3#53
Yoshida A, Kanamori H, Naruse G, Minatoguchi S, Iwasa M, Yamada Y, 
Mikami A, Kawasaki M, Nishigaki K, Minatoguchi S.
(Pro)renin Receptor Blockade Ameliorates Heart Failure Caused by 
Chronic Kidney Disease.
J Card Fail., doi: 10.1016/j.cardfail.2019.02.009, 2019. 
https://doi.org/10.1016/j.cardfail.2019.02.009

RBRC04021  B6.129-Dnase2a<tm1Osa> Ifnar1<tm1Agt> [DNaseII / IFN-IR double KO]
Yoshikawa R, Sakabe S, Urata S, Yasuda J.
Species-specific pathogenicity of severe fever with thrombocytopenia 
syndrome virus is determined by anti-STAT2 activity of NSs.
J Virol., doi: 10.1128/JVI.02226-18, 2019. 
https://doi.org/10.1128/JVI.02226-18


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝いたしております。

Dr. Yasunori Kanaho, University of Tsukuba
RBRC10382  B6.Cg-Arf6<tm2.1Yaka>
RBRC10383  B6.129P2-Pip5k1a<tm1.1Tba>

Dr. Tsuneyasu Kaisho, RIKEN IMS
RBRC10391  C.Cg-Xcr1<tm2(HBEGF/Venus)Ksho>

Dr. Shigekazu Nagata, Osaka University
RBRC10428  B6.Cg-Xkr8<tm1.1Osa>

Dr. Toshinobu Tokumoto, Shizuoka University
RBRC10475  129/Sv-+/ter(Hi)
RBRC10476  LTXBJ-ett1/ett1
RBRC10477  C57BL6-+/ter
RBRC10478  C3H/HeJ-+/ter

Dr. Shigeyoshi Itohara, RIKEN CBS
RBRC10598  C57BL/6J-Tg(Slc6a4-cre)208Ito
RBRC10599  C57BL/6J-Tg(Slc6a4-GAP/GFP)1Ito
RBRC10600  B6.129P2-Adcy1<tm1Ito>
RBRC10601  B6.129P2-Adcy1<tm1.1Ito>
RBRC10602  B6;Cg-Tg(Chn1)883Ito Chn1<mfy>/Ito
RBRC10603  C57BL/6-Chn1<tm1Ito>
RBRC10604  C57BL/6-Chn1<tm1.1Ito>
RBRC10605  C57BL/6-Chn1<mfy>/Ito
RBRC10606  C57BL/6J-Tg(Slc32a1-cre)65Kzy
RBRC10607  C57BL/6-Chn1<tm3.1Ito>
RBRC10608  C57BL/6-Chn1<tm3.2Ito>
RBRC10609  C57BL/6-Chn1<tm2.1Ito>
RBRC10610  C57BL/6-Chn1<tm2.2Ito>
RBRC10612  B6;Cg-Tg(Chn1)592Ito Chn1<mfy>/Ito

Dr. Tomoki Chiba, University of Tsukuba
RBRC10613  B6.Cg-Usp15<tm1Tchi>

詳細はこちら
https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20190225_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソース研究センター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 https://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2019.03.15.