マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
セキュリティ上の問題により、マウス検索システムを入れ替えて暫定運用いたします。
利用者の皆様にはご不便をおかけし申し訳ありませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 177


********************************************************************
RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 177
********************************************************************

新年、明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。
今年は子年!子孫繁栄や行動力を象徴する縁起物たちに囲まれ、更なるサービスの
向上に努めて参ります。
BRCのパンダマウスが紹介されました
理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● Today's model for human disease
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ Today's model for human disease
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

球脊髄性筋萎縮症(SBMA) モデルマウス
RBRC00344 B6D2-Tg(CAG-AR*97Q)7-8Sobu

肢帯型筋ジストロフィー2A型(LGMD2A)モデルマウス
RBRC04787 B6.129P2(FVB)-Capn3<tm1.1Hiso>

孤発性筋萎縮性側索硬化症(ALS) モデルマウス
RBRC09428 B6.Cg-Adarb1<tm1.1Skwa>Tg(SLC18A3-cre)KMisa

家族性筋萎縮性側索硬化症(ALS) モデルマウス
RBRC09642 Tg(SOD1*H46R)IAra
RBRC09643 Tg(SOD1*H46R)LAra
RBRC09644 Tg(SOD1*H46R*C111S)QAra

Today's model for human disease
 https://mus.brc.riken.jp/ja/todays_tool_and_model


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
しております。

RBRC00858 B6;129S6-Bcl2l12/Irf3<tm1Ttg>/TtgRbrc [IRF-3 KO/B6; IRF-3 KO, C57BL/6J]
Liu Y, Mo C.-F, Luo X.-Y, Li H, Guo H.-J,  Sun H, Hu S, Li L.-M, 
Wang Y.-T, Yang S.-X, Chang S, Zou Q. 
Activation of Toll-Like Receptor 3 Induces Interleukin-1 Receptor 
Antagonist Expression by Activating the Interferon Regulatory Factor 3.
J Innate Immun.: 1-17. doi: 10.1159/000504321. 2019.
https://doi.org/10.1159/000504321

RBRC04395 B6;129-Siglec1<tm1(HBEGF)Mtka> [CD169-DTR KO]
Jing W, Guo X, Wang G, Bi Y, Han L, Zhu Q, Qiu C, Tanaka M, Zhao Y.
Breast cancer cells promote CD169+ macrophage-associated immunosuppression 
through JAK2-mediated PD-L1 upregulation on macrophages.
Int. Immunopharmacol.: 106012. doi: 10.1016/j.intimp.2019.106012. 2019. 
https://doi.org/10.1016/j.intimp.2019.106012

RBRC04874 C57BL/6N-Gt(ROSA)26Sor<tm1(CAG-EGFP/tDsRed)Utr>/Rbrc
Tsunekawa T, Banno R, Yaginuma H, Taki K, Mizoguchi A, Sugiyama M, Onoue T, 
Takagi H, Hagiwara D, Ito Y, Iwama S, Goto M, Suga H, Bettler B, Arima H.
GABAB Receptor Signaling in the Mesolimbic System Suppresses 
Binge-like Consumption of a High-Fat Diet.
iScience; 20:337-347. doi: 10.1016/j.isci.2019.09.032. 2019.
https://doi.org/10.1016/j.isci.2019.09.032

RBRC05494 B6;129P2-Tnfaip3<tm1Homy> [A20 cKO, B6-Tnfaip3 floxed]
Montarolo F, Perga S, Tessarolo C, Spadaro M, Martire S, Bertolotto A.
TNFAIP3 in circulating and parenchymal myeloid lineage critically controls 
monocytes, monocytes-derived cells and microglia.
Cellular & Molecular Neuroscience. doi: 10.21203/rs.2.17968/v1. 2019.
https://doi.org/10.21203/rs.2.17968/v1

RBRC06410 B6.Cg-Nfkbiz<tm1.1Muta> [IκB-ζ flox/flox, B6-Nfkbiz floxed]
Kakiuchi N, Yoshida K, Uchino M, Kihara T, Akaki K, Inoue Y, Kawada K, Nagayama S, 
Yokoyama A, Yamamoto S, Matsuura M Horimatsu T, Hirano T, Goto N, Takeuchi Y, Ochi Y, 
Shiozawa Y, Kogure Y, Watatani Y, Fujii Y, Kim SK, Kon A, Kataoka K, Yoshizato T, 
Nakagawa MM, Yoda A, Nanya Y, Makishima H, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Sanada M, 
Sugihara E, Sato TA, Maruyama T, Miyoshi H, Taketo MM, Oishi J, Inagaki R, Ueda Y, 
Okamoto S, Okajima H, Sakai Y, Sakurai T, Haga H, Hirota S, Ikeuchi H, Nakase H, 
Marusawa H, Chiba T, Takeuchi O, Miyano S, Seno H, Ogawa S.
Frequent mutations that converge on the NFKBIZ pathway in ulcerative colitis.
Nature. doi: 10.1038/s41586-019-1856-1. 2019.
https://doi.org/10.1038/s41586-019-1856-1


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝しております。

Dr. Hiroyuki Tomita, Gifu University
RBRC10923 B6.B6D2-Tg(Krt19-icre)2Hirt

Dr. Kenji Sakimura, Niigata University
RBRC10927 C57BL/6N-Aldoc<tm1(tdTomato)Ksak>

Dr. Saori Hata, Hokkaido University
RBRC10931 B6.Cg-Tg(Pdgfb-CLSTN1<*>CTF)Tg54Shat
RBRC10932 B6.Cg-Tg(Pdgfb-CLSTN3<*>CTF)TgDShat

Dr. Keiko Nakanishi, Aichi Developmental Disability Center Central Hospital
RBRC10935 B6N.129-Brsk1<tm1Jrs>/Kcn
RBRC10936 B6N.129-Brsk2<tm1Jrs>/Kcn

Dr. Koji Yamanaka, Nagoya University
RBRC10937 C57BL/6-Sik3<tm1.1Haya>

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20191224_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソース研究センター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 https://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2020.01.16.