BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 183


********************************************************************
RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 183
********************************************************************
==================================================
■  理研BRCのご利用者の皆様へ
==================================================

先日、理研バイオリソース研究センター(BRC)における寄託・提供業務の一
部再開のお知らせをいたしました。
https://ja.brc.riken.jp/news/notice_20200520_01.html

しかしながら、生体マウスによる寄託受入れにつきましては、受入れ体制が整
うまで、今しばらくお待ちいただいております。

そこで、寄託をご検討中のマウスの飼育継続が困難で、凍結精子の作製が難し
い場合は、当面の間、「精巣凍結」による方法でも寄託受入れを致します。マ
ウスの生体化は、BRC内において顕微授精で実施致します。

精巣凍結による系統保存法のご案内
https://ja.brc.riken.jp/lab/kougaku/pimg/Protocol/TesfreMay20.pdf

ご不明の点がございましたら、以下までご連絡をお願い致します。

寄託について: animal@brc.riken.jp 
技術について: atsuo.ogura@riken.kp 

引き続き、理研バイオリソース研究センターのご利用をお待ちしております。
どうぞよろしく御願い申し上げます。

理化学研究所バイオリソース研究センター
実験動物開発室      吉木  淳
遺伝工学基盤技術室  小倉  淳郎 

------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 
(animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 
(animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール 
ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。 
発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますので 
そちらをご覧下さい。
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソース研究センター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 https://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2020.06.02.