RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 208

**************************************************************************
RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 208
**************************************************************************

理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス "オキシトシン産生ニューロンCreドライバーマウス"
● Today's tool for functional analysis
● Frontiers Neuroscienceの Research Topicsに関するEditorial記事が公開されました
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オキシトシン産生ニューロンCreドライバーマウス
  RBRC11316 C57BL/6-Oxt<tm1.1(Cre)Ksak>

寄託者:古市 貞一 先生(東京理科大学)
開発者:﨑村 健司 先生(新潟大学)

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/aug_2022_mm

今月のマウス・バックナンバー
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載ご希望の場合は、実験動物開発室(animal.brc@riken.jp)
までお問い合わせください。

 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ Today's tool for functional analysis
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

扁桃体外側核Creドライバーマウス
RBRC10694 C57BL/6-Grp<tm1.1(icre)Himo>

小胞GABAトランスポーターCreドライバーマウス
RBRC10606 C57BL/6J-Tg(Slc32a1-cre)65Kzy

骨芽細胞Creドライバーマウス
RBRC05603 B6.FVB-Tg(Col1a1-cre)1Kry

骨芽細胞Creドライバーマウス
RBRC05524 B6.Cg-Tg(Col1a1-cre)1Haak

Today's tool for functional analysis
 https://mus.brc.riken.jp/ja/todays_tool_and_model


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ Frontiers NeuroscienceのResearch Topics
┃ に関するEditorial記事が公開されました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Sawada K, Yoshiki A, Saito S.
Editorial: Brain abnormalities due to genetic alterations 
or developmental exposure to environmental factors.
Front Neurosci. 2022 July 26. doi: 10.3389/fnins.2022.944861.
https://doi.org/10.3389/fnins.2022.944861


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されています。
論文発表・特許取得の折りには、こちらのフォームよりご登録をお願いします。

https://rrc.nbrp.jp/references/register

RBRC02759 B6.Cg-Atg7<tm1Tchi>
Tan HWS, Lu G, Dong H, Cho YL, Natalia A, Wang L, Chan C, Kappei D, Taneja R, 
Ling SC, Shao H, Tsai SY, Ding WX, Shen HM.
A degradative to secretory autophagy switch mediates mitochondria clearance 
in the absence of the mATG8-conjugation machinery.
Nat Commun. 2022 Jun 28;13(1):3720. doi: 10.1038/s41467-022-31213-7. 
https://doi.org/10.1038/s41467-022-31213-7


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。
室員一同、心より感謝しております。

Dr. Tsuneyasu Kaisho, RIKEN IMS
RBRC11604 B6-Spic<tm1.1Ksho>

Dr. Takahisa Furukawa, Osaka University
RBRC11720 C57BL/6-Abca4<em1Tfur>
RBRC11721 B6;Cg-Sdccag8<em1Tfur>

Dr. Hiromitsu Tanaka, Nagasaki International University
RBRC11725 B6;Cg-Rsbn1<tm1Htan>
RBRC11726 STOCK Rsbn1<tm1Htan>

Dr. Atsushi Enomoto, Nagoya University
RBRC11727 B6J.B6N-Islr<tm1b(EUCOMM)Wtsi>/Ea

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20220720_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal.brc@riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal.brc@riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメンテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソース研究センター
 実験動物開発室 animal.brc@riken.jp
 https://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2022.08.16.


コメントは受け付けていません。