マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
セキュリティ上の問題により、マウス検索システムを入れ替えて暫定運用いたします。
利用者の皆様にはご不便をおかけし申し訳ありませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

Mar 2005 オートファジー検出GFPモデル


2005年3月
 今月のリソース

オートファジー検出GFPモデル Transgenic
遺伝子:Tg(ACTB-GFP/LC3)53Nmi

mn050308_0202 mn050308_0203
BRC No. 00806
系統名:GFP-LC3#53
ICSN:B6.D2-Tg(CAG-GFP/LC3)53Nmi
研究分野:Cell Biology; Research Tools
疾患等:autophagy; Fluoresent Proteins
オートファゴソームに特異的に局在するLC3とGFPの融合タンパク質をCAGプロモーター制御によりほぼ全身の臓器で発現するトランスジェニックマウス.LC3は哺乳動物で始めてオートファゴソームに特異的に局在することが明らかになったタンパク質で,酵母Atg8のホモログであり,オートファゴソーム形成に重要な役割を果たしていると考えられている.このマウスを用いることにより簡便にオートファージーをモニターすることが可能である.LC3とGFPの融合タンパク質が全身の臓器で発現し,緑色蛍光を発する.
参考文献:
Kuma A; Hatano M; Matsui M; Yamamoto A; Nakaya H; Yoshimori T; Ohsumi Y; Tokuhisa T; Mizushima N. The role of autophagy during the early neonatal starvation period. Nature 432, 1032-1036, 2004.
寄託者:水島 昇 (岡崎基生研/都臨床研)