マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
セキュリティ上の問題により、マウス検索システムを入れ替えて暫定運用いたします。
利用者の皆様にはご不便をおかけし申し訳ありませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

Mar 2006 t(7;11)AML原因遺伝子NUP98-HOXA9


mouse_of_month_200603

t(7;11)AML原因遺伝子NUP98-HOXA9
骨髄性白血病のモデル

Transgene:NUP98-HOXA9, Nucleoporin, 96-KD & HOMEOBOX A9
Gene Symbol:NUP98/HOXA9 FUSION GENE (OMIM601021&142956)
Strain name:B6.Cg-Tg(NUP98-HOXA9) (BRC No. 01188)
Research Application:Leukemia, Cancer Research, Hematological Research, Genetical Research
mn0603_0101 mn0603_0102

 

  キメラ遺伝子NUP98-HOXA9は染色体転座t(7;11)(p15;p15)を有するヒト急性および慢性骨髄性白血病と骨髄異形成症候群で見られます。 このトランスジェニックマウスは(C57BL/6J x DBA/2J) F2の受精卵にNUP98-HOXA9キメラ遺伝子を導入したもので、発現制御はhuman Cathepsin G遺伝子のプロモーターによります。 トランスジェニックマウスの約20%が骨髄増殖症及び急性骨髄性白血病を発症します。
NUP98-HOXA9キメラ遺伝子の骨髄性白血病における役割の解析、発ガンに関わる協調遺伝子の同定や白血病発症のメカニズムの解析に有用なモデルマウスです。
C57BL/6Jに10世代以上戻し交配されています。

 

寄託者 :  中村卓郎博士(癌研究会 癌研究所)
参考文献 :    Iwasaki M, Kuwata T, Yamazaki Y, Jenkins NA, Copeland NG, Osato M, Ito Y, Kroon E, Sauvageau G, Nakamura T.   Identification of cooperative genes for NUP98-HOXA9 in myeloid leukemogenesis using a mouse model.   Blood 105, 784-793, 2005.
  Nakamura T, Largaespada DA, Lee MP, Johnson LA, Ohyashiki K, Toyama K, Chen SJ, Willman CL, Chen IM, Feinberg AP, Jenkins NA, Copeland NG, Shaughnessy JD Jr.   Fusion of the nucleoporin gene NUP98 to HOXA9 by the chromosome translocation t(7;11)(p15;p15) in human myeloid leukaemia.   Nat Genet 12, 154-158, 1996.

関連情報は下記URLへ
http://www.jfcr.or.jp/laboratory/tci/carcinogenesis/index.html