マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 168


********************************************************************
RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 168
********************************************************************

理研構内の桜たちが、今年も枝先まで見事な花をいっぱいに咲かせてくれました。
この春は花冷えのお陰で、桜を長く楽しむことができました。
理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 新センター長就任のお知らせ
● 特集 今月のマウス "痛覚異常を示すZfhx2遺伝子欠損マウス"
● 新コーナー Today's tool for functional analysis
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新センター長就任のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2019年4月1日付で、バイオリソース研究センター長として、城石俊彦氏が
就任しましたので、お知らせいたします。

センター長挨拶
 https://ja.brc.riken.jp/news/greeting.shtml


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛覚異常を示すZfhx2遺伝子欠損マウス
 RBRC02262 B6.129S-Zfhx2<tm3Ymri>

寄託者: 山森 哲雄 先生・小峰 由里子 先生
       (大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 基礎生物学研究所)
 
詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/apr_2019_mm

今月のマウス・バックナンバー
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室(animal@brc.riken.jp)
までお問い合わせください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新コーナー Today's tool for functional analysis
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[利用者の成果]および[よく使われる系統]に基づいてニーズの多いマウスを紹介する
コーナーが始まりました。偶数月は[Today's tool for functional analysis]と
題して、遺伝子機能解析に有用な系統にスポットを当てます。
8,000を超える保存系統の中から、目的のマウスを見つけるきっかけになれば幸いです。

Today's tool for functional analysis
 https://mus.brc.riken.jp/ja/todays_tool_and_model


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
しております。

RBRC00639 JF1/Msf [Japanese Fancy 1]
Sasaki K, Hara S, Yamakami R, Sato Y, Hasegawa S, Kono T, 
Morohaku K, Obata Y.
Ectopic expression of DNA methyltransferases DNMT3A2 and 
DNMT3L leads to aberrant hypermethylation and postnatal 
lethality in mice.
Mol. Reprod. Dev., doi: 10.1002/mrd.23137, 2019.
https://doi.org/10.1002/mrd.23137

RBRC02369 B6;129-Rsph1<tm1Htan>
Yin W, Livraghi-Butrico A, Sears PR, Rogers TD, Burns KA, 
Grubb BR, Ostrowski LE.
Mice with a Deletion of Rsph1 Exhibit a Low Level of Mucociliary 
Clearance and Develop a PCD Phenotype.
Am. J. Respir. Cell Mol. Biol., doi: 10.1165/rcmb.2017-0387OC, 2019.
https://doi.org/10.1165/rcmb.2017-0387OC

RBRC02975 B6.129S-Atg5<tm1Myok> [Atg5flox]
Peng X, Wang Y, Li H, Fan J, Shen J, Yu X, Zhou Y, Mao H.
ATG5-mediated autophagy suppresses NF-κB signaling to 
limit epithelial inflammatory response to kidney injury.
Cell Death Dis.; 10(4):253, doi: 10.1038/s41419-019-1483-7, 2019.
https://doi.org/10.1038/s41419-019-1483-7

RBRC04696 B6;B6CB-Agtr1a<tm1Afu> [B6-AT1a KO]
Kawakami-Mori F, Nishimoto M, Reheman L, Kawarazaki W, 
Ayuzawa N, Ueda K, Hirohama D, Kohno D, Oba S, Shimosawa T, 
Marumo T, Fujita T.
Aberrant DNA methylation of hypothalamic angiotensin receptor 
in prenatal programmed hypertension.
JCI Insight.; 3(21), doi: 10.1172/jci.insight.95625, 2019.
https://doi.org/10.1172/jci.insight.95625

RBRC05808 B6.129P2-Aldh2<tm1Kaw> [Aldh2KO]
Wei S, Zhang L, Bailu Wang, Zhao Y, Dong Q, Pan C, Li C, 
He D, Yuan Q, Xu F, Chen Y.
ALDH2 deficiency inhibits Ox-LDL induced foam cell formation 
via suppressing CD36 expression.
Biochem. Biophys. Res. Commun.;512(1):41-48, 
doi: 10.1016/j.bbrc.2019.02.012, 2019.
https://doi.org/10.1016/j.bbrc.2019.02.012


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝しております。

Dr. Nobuhiro Tanuma, Miyagi Cancer Center
RBRC10481  B6.Cg-Pkm<tm1Ntan>
RBRC10482  C57BL/6-Pkm<tm3Ntan>

Dr. Shigeo Murata, The University of Tokyo
RBRC10578  C57BL/6N-Tg(CAG-Psmd13)1Smta
RBRC10579  C57BL/6N-Adrm1<tm1.2Smta>
RBRC10580  C57BL/6N-Adrm1<tm1.1Smta>
RBRC10581  C57BL/6N-Sem1<tm1.2Smta>
RBRC10582  C57BL/6N-Adrm1<tm1Smta>
RBRC10583  C57BL/6N-Sem1<tm1.1Smta>

Dr. Toru Nakano, Osaka University
RBRC10587  C57BL/6-Pnldc1<em1Nkn>
RBRC10588  C57BL/6-Pnldc1<em2Nkn>
RBRC10589  C57BL/6-Pnldc1<em3Nkn>
RBRC10590  B6;B6D2-Tg(Piwil2-Flag/NLS/Piwil4)#10Nkn
RBRC10591  B6;B6D2-Tg(Piwil2-Flag/NLS/Piwil4)#7Nkn
RBRC10592  B6;B6D2-Tg(Piwil2-Flag/NLS/AZf)#4Nkn
RBRC10593  B6;B6D2-Tg(Piwil2-Flag/NLS/AZf)#8Nkn
RBRC10594  B6;B6D2-Tg(Piwil2-Flag/NLS/AZf/Piwil4)#6Nkn
RBRC10595  B6;B6D2-Tg(Piwil2-Flag/NLS/AZf/Piwil4)#7Nkn

Dr. Junichi Nakai, Saitama University
RBRC10611  C57BL/6N.FVB-Tg(Thy1-GCaMP6, -mCherry)1ShiJna

Dr. Yuichi Wakabayashi, Chiba Cancer Center
RBRC10585  FVB.MSM-(D4Mit26-D4Mit165)Yuwa
RBRC10614  FVB.MSM-(D6Mit205-D6Mit15)Yuwa
RBRC10615  MSM-Del(4D4Mit26-D4Mit165)71Arak/Yuwa
RBRC10616  MSM-Del(4D4Mit133-D4Mit166)78Arak/Yuwa
RBRC10617  MSM-Del(6D6Mit188-D6Mit22)39Arak/Yuwa
RBRC10618  MSM-Cdkn2a<em2Arak>/Yuwa

詳細はこちら
https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20190326_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソース研究センター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 https://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2019.04.18.