マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 170


********************************************************************
RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 170
********************************************************************

新緑が目にまぶしい、さわやかな初夏がやってきました。田んぼ近くの道の駅では、
軒下につくられた巣の中で、ツバメのヒナがすくすくと育っています。
理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス "血友病Bモデルマウス"
● Today's tool for functional analysis 
● JPrOS2019/JES2019
● NEURO 2019
● 第59回日本先天異常学会学術集会
● The 8th Japan-Sino-Korea Mouse Workshop
● 参加報告 第66回日本実験動物学会総会
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス  2019年6月
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

血友病Bモデルマウス
RBRC10062 C57BL/6J-F9<em1Tsuka>
寄託者:大森 司先生(自治医科大学 医学部)

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/jun_2019_mm

今月のマウス・バックナンバー
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室(animal@brc.riken.jp)
までお問い合わせください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ Today's tool for functional analysis
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

生後の運動ニューロン特異的Creドライバーマウス
RBRC01515 C57BL/6-Tg(SLC18A3-cre)KMisa/MisaRbrc
RBRC01516 C57BL/6-Tg(SLC18A3-cre)AMisa/MisaRbrc  

ミトコンドリア可視化マウス
RBRC02250 C57BL/6J-Tg(CAG-Cox8/EGFP)49Rin

亜鉛トランスポーターSlc39a10 (Zip10) floxedマウス
RBRC06221 B6;129-Slc39a10<tm1.1Tfk>

細胞接着分子Cadm1 (SynCAM1) KOマウス
RBRC04062 B6.129S6-Cadm1<tm1Momo>

Today's tool for functional analysis
 https://mus.brc.riken.jp/ja/todays_tool_and_model

〚お詫びと訂正〛
上記、亜鉛トランスポーターマウスの遺伝子名に誤りがありました。
次の通り訂正させていただきますとともに、寄託者の先生ならびに
関係者の皆様には心よりお詫び申し上げます。

正)Slc39a10
誤)Slc39a13


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ JPrOS2019/JES2019
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の日程で、JPrOS2019/JES2019 日本プロテオーム学会2019年大会・
第70回日本電気泳動学会総会が開催されます。
理研BRCからはブースを出展致します。みなさまのご来場をお待ちしております。

会 期: 7月24日(水)~7月27日(土)
会 場: 宮崎市 フェニックス・シーガイア・リゾート
       シーガイア コンベンションセンター4F

JPrOS2019/JES2019
 https://www.jhupo.org/2019/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ NEURO 2019
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の日程で、NEURO 2019 第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会
大会が開催されます。みなさまのご来場をお待ちしております。

会 期: 7月25日(木)~7月28日(日)
会 場: 朱鷺メッセ

NEURO 2019
 https://neuro2019.jnss.org/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 第59回日本先天異常学会学術集会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の日程で、第59回日本先天異常学会・The 13th World Congress of 
the International Cleft Lip and Palate Foundation CLEFT2019 
の合同学術集会が開催されます。みなさまのご来場をお待ちしております。

会 期: 7月26日(金)~7月29日(月)
会 場: 愛知学院大学 名城公園キャンパス

第59回日本先天異常学会学術集会
The 13th World Congress of the International Cleft Lip and Palate 
Foundation CLEFT2019 
 http://www.jts59.com/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ The 8th Japan-Sino-Korea Mouse Workshop
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Keynote speakers in the field of precision human disease modelling 
in mice and patient-derived iPS cells, and gut microbiome will be 
invited. Professors of Nanjing University, Seoul National University 
and RIKEN BRC will talk about useful mouse and human iPS cell resources, 
genetics/genomics and research updates.

Date: August 26-28, 2019
Venue: RIKEN BRC, Tsukuba, Japan

The 8th Japan-Sino-Korea Mouse Workshop
 http://ammra.info/the-8th-japan-sino-korea-mouse-workshop/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 参加報告 第66回日本実験動物学会総会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第66回日本実験動物学会総会が、5月15日~17日の3日間、福岡国際会議場で
開催されました。

当開発室からは、池郁生専任研究員によるシンポジウム講演「動物実験施設に
おける感染症管理体制」、綾部信哉専任研究員によるLASセミナー口演「リソ
ース機関における遺伝子改変マウスの遺伝品質管理」、吉木淳室長によるLAS
セミナー口演「マウスリソース フル活用」、ならびに6件のポスター発表が
行われました。

また、理研の小幡裕一特別顧問が日本実験動物学会・功労賞を受賞しました。
 https://ja.brc.riken.jp/news/report_20190521_01.html 

第66回日本実験動物学会総会
 https://jalas66.org/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
しております。

RBRC00806 GFP-LC3#53
Narita H, Tanji K, Miki Y, Mori F, Wakabayashi K.
Trehalose intake and exercise upregulate a glucose transporter, 
GLUT8, in the brain.
Biochem Biophys Res Commun., doi: 10.1016/j.bbrc.2019.05.017, 2019.
https://doi.org/10.1016/j.bbrc.2019.05.017

RBRC02250 C57BL/6J-Tg(CAG-Cox8/EGFP)49Rin
Stephanie CHERQUI
Methods of treating mitochondrial disorders.
US20190119337A1
https://patents.google.com/patent/US20190119337A1

RBRC02298 C.Cg-Il3<tm1Glli>
Balam S, Schiechl-Brachner G, Buchtler S, Halbritter D, 
Schmidbauer K, Talke Y, Neumayer S, Salewski JN, Winter F, 
Karasuyama H, Yamanishi Y, Renner K, Geissler EK, Mack M.
IL-3 Triggers Chronic Rejection of Cardiac Allografts by 
Activation of Infiltrating Basophils.
J. Immunol.,  doi: 10.4049/jimmunol.1801269, 2019.
https://doi.org/10.4049/jimmunol.1801269

RBRC02759 B6.Cg-Atg7<tm1Tchi> [C57BL/6-Atg7 flox/flox]
Chatterji P, Williams PA, Whelan KA4, Samper FC, Andres SF, 
Simon LA, Parham LR, Mizuno R, Lundsmith ET, Lee DS, Liang S, 
Wijeratne HS, Marti S, Chau L, Giroux V, Wilkins BJ, Wu GD, 
Shah P, Tartaglia GG, Hamilton KE.
Posttranscriptional regulation of colonic epithelial repair 
by RNA binding protein IMP1/IGF2BP1.
EMBO Rep., doi: 10.15252/embr.201847074, 2019.
https://doi.org/10.15252/embr.201847074

RBRC03987 B6.129-Ep400<tm3Fuku>
Elsesser O, Fröb F, Küspert M, Tamm ER, Fujii T, Fukunaga R, Wegner M.
Chromatin remodeler Ep400 ensures oligodendrocyte survival and is 
required for myelination in the vertebrate central nervous system.
Nucleic Acids Res., doi: 10.1093/nar/gkz376, 2019.
https://doi.org/10.1093/nar/gkz376

RBRC04364 aquaporin 4(GFP) (Acc.No. CDB0758K)
Nicosia M, Miyairi S, Beavers A, Farr GW, McGuirk PR, Pelletier 
MF, Valujskikh A.
Aquaporin 4 inhibition alters chemokine receptor expression and 
T cell trafficking.
Sci. Rep., ;9(1):7417, doi: 10.1038/s41598-019-43884-2, 2019.
https://doi.org/10.1038/s41598-019-43884-2


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝しております。

Dr. Shinichiro Chuma, Kyoto University
RBRC10621  B6.Cg-Aprt<em1Chum>
RBRC10624  B6.Cg-Tlk2<tm1.1Chum>

Dr. Takahisa Furukawa, Osaka University
RBRC10662  B6;BDF1-Lrtm1<em1Tfur>

Dr. Hitoshi Okada, Kindai University
RBRC10696  B6.129P2-Aplf<tm1Okad>

Dr. Kimi Araki, Kumamoto University
RBRC10783  C57BL/6N-Cdx2<tm1.1(P2A/mCherry/NLS)Card>
RBRC10784  C57BL/6N-Vps52<tm3.1(EGFP)Card>
RBRC10785  C57BL/6N-Vps52<tm1.1(mCherry)Card>
RBRC10786  C57BL/6N-Vps50<em1Card>
RBRC10787  C57BL/6N-Vps51<em1Card>
RBRC10788  C57BL/6N-Eipr1<em1Card>
RBRC10789  C57BL/6N-Ttr<tm1.1(NLS/cre)Card>

Dr. Ryosuke Kaneko, Gunma University
RBRC10796  C57BL/6J-Tg(Galnt18-cre/ERT2)10Rkan
RBRC10797  C57BL/6J-Tg(Slc32a1-floxedSTOP-tdTomato)54Rkan
RBRC10798  C57BL/6J-Tg(Slc32a1-floxedSTOP-tdTomato)58Rkan
RBRC10799  C57BL/6-Tg(Slc32a1-tdTomato)54Rkan
RBRC10800  C57BL/6-Tg(Slc32a1-tdTomato)58Rkan

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20190521_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソース研究センター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 https://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2019.06.06.