マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
セキュリティ上の問題により、マウス検索システムを入れ替えて暫定運用いたします。
利用者の皆様にはご不便をおかけし申し訳ありませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 171


********************************************************************
RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 171
********************************************************************

筑波山の裾野には田んぼが広がり、運がよければホタルが見られます。今年は少し肌寒く、
ホタルの好きな蒸し暑い無風の夜が少ないのですが、どうなのでしょうか。
理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス
  "熱ストレス応答だけでない、様々な場面で機能する転写因子 
   Heat shock transcription factor 1 (HSF1)"
● Today's model for human disease
● The 8th Japan-Sino-Korea Mouse Resource Workshop
● 筑波会議2019
● 日本プロテオーム学会2019年大会・第70回日本電気泳動学会総会
● NEURO 2019
● 第59回日本先天異常学会学術集会
● BRC一般公開 8月3日(土)
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス  2019年7月
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

熱ストレス応答だけでない、様々な場面で機能する転写因子
Heat shock transcription factor 1 (HSF1)
RBRC10003 ICR;Cg-Hsf1<tm1Anak>
寄託者:中井 彰 先生(山口大学大学院 医学系研究科)

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/jul_2019_mm

今月のマウス・バックナンバー
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室(animal@brc.riken.jp)
までお問い合わせください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ Today's model for human disease
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ATR-X症候群モデルマウス
RBRC04937 B6;129S4-Atrx<tm1Enl>

CFC症候群モデルマウス
RBRC09730 B6.Cg-Braf<tm1Tumg>
RBRC09731 ICR.Cg-Braf<tm1.1Tumg>
RBRC09907 129.Cg-Braf<tm1Tumg>
RBRC09908 C.Cg-Braf<tm1Tumg>

チェディアック・東症候群モデルマウス
RBRC00134 C57BL/6J-bg/bg

グリセリ症候群モデルマウス
RBRC02978 C57BL/6J-Myo5a<d-n>/Nem

Today's model for human disease
 https://mus.brc.riken.jp/ja/todays_tool_and_model


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ The 8th Japan-Sino-Korea Mouse Resource Workshop
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Speakers in the field of precision human disease modelling 
in mice and patient-derived iPS cells, and gut microbiome will be 
invited. Professors of Nanjing University, Seoul National University, 
Australian National University, Niigata University, Tokyo Medical and 
Dental University, University of Tsukuba and RIKEN BRC will talk about 
useful mouse and human iPS cell resources, genetics/genomics and research 
updates.

Date: August 26-28, 2019
Venue: RIKEN BRC, Tsukuba, Japan
Language: English

The 8th Japan-Sino-Korea Mouse Resource Workshop
 https://brc.riken.jp/en/mouse-ws-8th


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 筑波会議2019
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世界30カ国以上の若手研究者や起業家が一堂に会し、社会が抱える課題と科学技術の
未来について話し合う「筑波会議」が開催されます。

10月2日のサブセッション『ライフサイエンス研究を支える理研バイオリソース研究センター』
では、長寿社会の健康・医療問題解決に向けた実験動物マウスやヒト・動物細胞を活用した
優れた研究を紹介し、バイオリソース開発の方向性について議論を深めます。
城石俊彦先生(理研BRCセンター長)による基調講演、田中準一先生(昭和大学)、
本田賢也先生(慶応大学)、林洋平先生(理研BRC)による講演が予定されています。

3日には、元British Medical Research Council (MRC)の最高経営責任者で、
ロンドン大学先端研究所の神経科学および哲学の教授、且つ、オックスフォード大学
神経科学名誉教授であるSir Colin Blakemore氏のスペシャルセッションが予定されいます。

さらに、ノーベル賞を受賞された江崎玲於奈先生(筑波大学名誉教授)、
山中伸弥先生(京都大学iPS細胞研究所)、小林誠先生(高エネルギー加速器研究機構
特別栄誉教授)が登壇されます。
みなさまのご参加をお待ちしております。

会 期: 10月2日(水)~10月4日(金)
会 場: つくば国際会議場

筑波会議2019
 https://tsukuba-conference.com/

サブセッション:ライフサイエンス研究を支える理研バイオリソース研究センター
 https://tsukuba-conference.com/sessions/e07c


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 日本プロテオーム学会2019年大会・第70回日本電気泳動学会総会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の日程で、日本プロテオーム学会2019年大会・第70回日本電気泳動学会総会が
開催されます。理研BRCからは、NBRPブースに出展致します。
また、7月25日のシンポジウムS2-2では、綾部信哉専任研究員(理研BRC)による
「遺伝子機能の解明と疾患研究に貢献するマウスリソース整備」、
三枝大輔先生(東北大学東北メディカル・メガバンク機構)による
「疾患モデルマウスにおける質量分析メタボローム解析が切り拓く新たな創薬の道筋」
の講演が予定されています。みなさまのご来場をお待ちしております。

会 期: 7月24日(水)~7月27日(土)
会 場: 宮崎市 フェニックス・シーガイア・リゾート
       シーガイア コンベンションセンター4F

日本プロテオーム学会2019年大会・第70回日本電気泳動学会総会
 https://www.jhupo.org/2019/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ NEURO 2019
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の日程で、NEURO 2019 第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会
大会が開催されます。みなさまのご来場をお待ちしております。

会 期: 7月25日(木)~7月28日(日)
会 場: 朱鷺メッセ

NEURO 2019
 https://neuro2019.jnss.org/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 第59回日本先天異常学会学術集会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の日程で、第59回日本先天異常学会・The 13th World Congress of 
the International Cleft Lip and Palate Foundation CLEFT2019 
の合同学術集会が開催されます。みなさまのご来場をお待ちしております。

会 期: 7月26日(金)~7月29日(月)
会 場: 愛知学院大学 名城公園キャンパス

第59回日本先天異常学会学術集会
The 13th World Congress of the International Cleft Lip and Palate 
Foundation CLEFT2019 
 http://www.jts59.com/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ BRC一般公開 8月3日(土)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCでは、「バイオリソース研究センターってどんなところ?」と題し、
一般公開を行います。みなさまのお越しをお待ちしております。

日 時: 2019年8月3日(土) 10:00 - 16:30
入場無料です

詳細はこちら
 https://ja.brc.riken.jp/news/notice_20190703_01.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
しております。

RBRC00858 B6;129S6-Bcl2l12/Irf3<tm1Ttg>/TtgRbrc
          [IRF-3 KO/B6; IRF-3 KO mice, C57BL/6J]
Benmerzoug S, Bounab B, Rose S, Gosset D, Biet F, Cochard T, 
Xavier A, Rouxel N, Fauconnier L, Horsnell WGC, Ryffel B, 
Togbe D, Quesniaux VFJ.
Sterile Lung Inflammation Induced by Silica Exacerbates 
Mycobacterium tuberculosis Infection via STING-Dependent 
Type 2 Immunity.
Cell Rep.; 27(9):2649-2664.e5, doi: 10.1016/j.celrep.2019.04.110, 2019.
https://doi.org/10.1016/j.celrep.2019.04.110

RBRC01170 Schnurri-2(Shn-2) Knockout mice-B6 [Shn-2 KO B6]
RBRC06344 C57BL/6-App<tm3(NL-G-F)Tcs> [APP<NL-G-F>, B6-App/NL-G-F KI]
Masaaki I, Tabata Y. 
STATIN-CONTAINING NANOPARTICLE PREPARATION FOR ENHANCING FUNCTION OF 
STEM CELLS FOR TREATING INFLAMMATORY DISEASE, AND FUNCTIONALLY 
ENHANCED STEM CELLS CONTAINING SAME FOR TREATING INFLAMMATORY DISEASE.
Publication number: 20190134201
https://patents.justia.com/inventor/yasuhiko-tabata

RBRC01361 B6.Cg-Trp53<tm1Sia>/Rbrc [C57BL-p53+/-]
Tamura M, Yonezawa T, Liu X, Asada S, Hayashi Y, Fukuyama T, 
Tanaka Y, Kitamura T, Goyama S.
Opposing effects of acute versus chronic inhibition of p53 
on decitabine's efficacy in myeloid neoplasms.
Sci. Rep.; 9(1):8171, doi: 10.1038/s41598-019-44496-6, 2019.
https://doi.org/10.1038/s41598-019-44496-6

RBRC01828 B6.Cg-Tg(CAG-Cre)CZ-MO2Osb [CAG-cre]
Takahara S, Inoue SI, Miyagawa-Tomita S, Matsuura K, Nakashima Y, 
Niihori T, Matsubara Y, Saiki Y, Aoki Y.
New Noonan syndrome model mice with RIT1 mutation exhibit cardiac 
hypertrophy and susceptibility to β-adrenergic stimulation-induced 
cardiac fibrosis.
EBioMedicine.; 42:43-53, doi: 10.1016/j.ebiom.2019.03.014, 2019.
https://doi.org/10.1016/j.ebiom.2019.03.014

RBRC01828 B6.Cg-Tg(CAG-Cre)CZ-MO2Osb [CAG-cre]
Oichi T, Taniguchi Y, Soma K, Oshima Y, Yano F, Mori Y, 
Chijimatsu R, Kim-Kaneyama JR, Tanaka S, Saito T.
Adamts17 is involved in skeletogenesis through modulation 
of BMP-Smad1/5/8 pathway.
Cell Mol. Life Sci., doi: 10.1007/s00018-019-03188-0, 2019.
https://doi.org/10.1007/s00018-019-03188-0

RBRC01868 FVB.Cg-Ptgds<tm1(cre)Gvn>/GvnRbrc [Pgds-Cre]
Wang TA, Teo CF, Åkerblom M, Chen C, Tynan-La Fontaine M, 
Greiner VJ, Diaz A, McManus MT, Jan YN, Jan LY.
Thermoregulation via Temperature-Dependent PGD2 Production 
in Mouse Preoptic Area.
Neuron., doi: 10.1016/j.neuron.2019.04.035, 2019.
https://doi.org/10.1016/j.neuron.2019.04.035

RBRC02092 OMP-GFP mouse [OMP-GFP]
Nakashima N, Nakashima K, Takaku-Nakashima A, Takano M.
Olfactory receptor neurons express olfactory marker protein 
but not calpain 5 from the same genomic locus.
Mol. Brain.; 12(1):54, doi: 10.1186/s13041-019-0474-z, 2019.
https://doi.org/10.1186/s13041-019-0474-z

RBRC02975 B6.129S-Atg5<tm1Myok> [Atg5flox]
Bankston AN, Forston MD, Howard RM, Andres KR, Smith AE, Ohri SS, 
Bates ML, Bunge MB, Whittemore SR.
Autophagy is essential for oligodendrocyte differentiation, 
survival, and proper myelination.
Glia., doi: 10.1002/glia.23646, 2019.
https://doi.org/10.1002/glia.23646

RBRC03987 B6.129-Ep400<tm3Fuku> [mDomEx15-flox]
Fröb F, Sock E, Tamm ER, Saur AL, Hillgärtner S, Williams TJ, 
Fujii T, Fukunaga R, Wegner M.
Ep400 deficiency in Schwann cells causes persistent expression of 
early developmental regulators and peripheral neuropathy.
Nat. Commun.; 10(1):2361, doi: 10.1038/s41467-019-10287-w, 2019.
https://doi.org/10.1038/s41467-019-10287-w

RBRC05780 C57BL/6N-Rufy3<tm1a(EUCOMM)Hmgu>/B08
Hertz NT, Adams EL, Weber RA, Shen RJ, O'Rourke MK, Simon DJ, 
Zebroski H, Olsen O, Morgan CW, Mileur TR, Hitchcock AM, Sinnott Armstrong NA, 
Wainberg M, Bassik MC, Molina H, Wells JA, Tessier-Lavigne M.
Neuronally Enriched RUFY3 Is Required for Caspase-Mediated Axon Degeneration.
Neuron., doi: 10.1016/j.neuron.2019.05.030, 2019. 
https://doi.org/10.1016/j.neuron.2019.05.030

RBRC06239 C57BL/6-Siglec1<tm1(cre)Mtaka> [CD169-Cre, B6-Siglec1/Cre KI]
Camara A, Cordeiro OG, Alloush F, Sponsel J, Chypre M, Onder L, Asano K, 
Tanaka M, Yagita H, Ludewig B, Flacher V, Mueller CG.
Lymph Node Mesenchymal and Endothelial Stromal Cells Cooperate via 
the RANK-RANKL Cytokine Axis to Shape the Sinusoidal Macrophage Niche.
Immunity.; 50(6):1467-1481.e6, doi: 10.1016/j.immuni.2019.05.008, 2019.
https://doi.org/10.1016/j.immuni.2019.05.008

RBRC06344 C57BL/6-App<tm3(NL-G-F)Tcs> [APP<NL-G-F>, B6-App/NL-G-F KI]
Manocha GD, Floden AM, Miller NM, Smith AJ, Nagamoto-Combs K, Saito T, C. Saido TC, Combs CK.
Temporal Progression of Alzheimer's disease in Brains and Intestines of Transgenic Mice.
Neurobiol. Aging.; 81:166-176, doi: 10.1016/j.neurobiolaging.2019.05.025, 2019.
https://doi.org/10.1016/j.neurobiolaging.2019.05.025


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝しております。

Dr. Masato Tanaka, Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences
RBRC10586  B6.Cg-Chil3<em1(Venus)Mtka>

Dr. Masahito Ikawa, Osaka University
RBRC10815  B6D2-Rsph6a<em2Osb>
RBRC10827  B6D2-Pate4<em2Osb>
RBRC10829  B6D2-Pate4<em1Osb>

Dr. Yoko Aoki, Tohoku University
RBRC10843  B6.Cg-Rit1<tm1(A57G)Tumg>
RBRC10844  B6.Cg-Rit1<tm1.1(A57G)Tumg>

Dr. Haruhiko Koseki, RIKEN
RBRC10850  B6;B6129-Tet3<tm1.1Hko>

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20190625_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソース研究センター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 https://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2019.07.18.