マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 172


********************************************************************
RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 172
********************************************************************

8月3日(土)の一般公開には、2,864名ものみなさまにご来場いただき、
私たちも楽しく貴重な時間を過ごさせていただきました。
暑い中のご来場、誠にありがとうございました。
理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス "造血幹細胞の自己複製を制御するPHF6"
● Today's tool for functional analysis
● The 8th Japan-Sino-Korea Mouse Resource Workshop
● 筑波会議2019
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス  2019年8月
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

造血幹細胞の自己複製を制御するPHF6
RBRC10186 C57BL/6-Phf6<em1Utr>
寄託者:宮城 聡 先生(千葉大学大学院医学研究院(寄託当時))

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/aug_2019_mm

今月のマウス・バックナンバー
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室(animal@brc.riken.jp)
までお問い合わせください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ Today's tool for functional analysis
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オレキシン神経細胞特異的Creドライバーマウス
RBRC06806 C57BL/6-Tg(hOX-EGFP,-cre)1Ahky

成熟嗅神経可視化マウス
RBRC02092 B6;129P2-Omp<tm3Mom>/MomTyagRbrc 

セレノシステイン転移RNA遺伝子 (Trsp)floxedマウス
RBRC02681 B6.129P2-Trsp<tm2Mym>

神経系で高発現するRufy3遺伝子KO-firstマウス
RBRC05780 C57BL/6N-Rufy3<tm1a(EUCOMM)Hmgu>/B08

Today's tool for functional analysis
 https://mus.brc.riken.jp/ja/todays_tool_and_model


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ The 8th Japan-Sino-Korea Mouse Resource Workshop
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Speakers in the field of precision human disease modelling 
in mice and patient-derived iPS cells, and gut microbiome will be 
invited. Professors of Nanjing University, Seoul National University, 
Australian National University, Niigata University, Tokyo Medical and 
Dental University, University of Tsukuba and RIKEN BRC will talk about 
useful mouse and human iPS cell resources, genetics/genomics and research 
updates.

Date: August 26-28, 2019
Venue: RIKEN BRC, Tsukuba, Japan
Language: English

The 8th Japan-Sino-Korea Mouse Resource Workshop
 https://brc.riken.jp/en/mouse-ws-8th


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 筑波会議2019
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世界30カ国以上の若手研究者や起業家が一堂に会し、社会が抱える課題と科学技術の
未来について話し合う「筑波会議」が開催されます。

10月2日のサブセッション『ライフサイエンス研究を支える理研バイオリソース研究センター』
では、長寿社会の健康・医療問題解決に向けた実験動物マウスやヒト・動物細胞を活用した
優れた研究を紹介し、バイオリソース開発の方向性について議論を深めます。
城石俊彦先生(理研BRCセンター長)による基調講演、田中準一先生(昭和大学)、
本田賢也先生(慶応大学)、林洋平先生(理研BRC)による講演が予定されています。

BRCのサブセッションに参加登録された方は、BRC以外のセッションにも参加可能です。

3日には、元British Medical Research Council (MRC)の最高経営責任者で、
ロンドン大学先端研究所の神経科学および哲学の教授、且つ、オックスフォード大学
神経科学名誉教授であるSir Colin Blakemore氏のスペシャルセッションが予定されいます。

さらに、ノーベル賞を受賞された江崎玲於奈先生(筑波大学名誉教授)、
山中伸弥先生(京都大学iPS細胞研究所)、小林誠先生(高エネルギー加速器研究機構
特別栄誉教授)が登壇されます。
みなさまのご参加をお待ちしております。

会 期: 10月2日(水)~10月4日(金)
会 場: つくば国際会議場

筑波会議2019
 https://tsukuba-conference.com/

サブセッション:ライフサイエンス研究を支える理研バイオリソース研究センター
 https://tsukuba-conference.com/sessions/e07c


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
しております。

RBRC00995 B6.129P2-Il5ra<tm1Ktk>/KtkRbrc
Kim HS, Lee MB, Lee D, Min KY, Koo J, Kim HW, Park YH, Kim SJ, 
Ikutani M, Takaki S, Kim YM, Choi WS.
The regulatory B cell-mediated peripheral tolerance maintained 
by mast cell IL-5 suppresses oxazolone-induced contact hypersensitivity.
Sci. Adv.; 5(7):eaav8152, doi: 10.1126/sciadv.aav8152, 2019 
https://doi.org/10.1126/sciadv.aav8152

RBRC01361 B6.Cg-Trp53<tm1Sia>/Rbrc
Cai W, Fujita T, Hidaka Y, Jin H, Suita K, Shigeta M, Kiyonari H, 
Umemura M, Yokoyama U, Sadoshima J, Ishikawa Y.
Translationally controlled tumor protein (TCTP) plays a pivotal 
role in cardiomyocyte survival through a Bnip3-dependent mechanism.
Cell Death Dis.; 10(8):549, doi: 10.1038/s41419-019-1787-7, 2019.
https://doi.org/10.1038/s41419-019-1787-7

RBRC02388 B6.129P2-Ly96<tm1Kmiy>
Chen H, Zhang Y, Zhang W, Liu H, Sun C, Zhang B, Bai B, Wu D, 
Xiao Z, Lum H, Zhou J, Chen R, Liang G.
Inhibition of myeloid differentiation factor 2 by baicalein protects 
against acute lung injury.
Phytomedicine.; 63:152997, doi: 10.1016/j.phymed.2019.152997, 2019.
https://doi.org/10.1016/j.phymed.2019.152997

RBRC02705 B6.Cg-Tg(FucciS/G2/M)#492Bsi
Dress RJ, Dutertre CA, Giladi A, Schlitzer A, Low I, Shadan NB, 
Tay A, Lum J, Kairi MFBM, Hwang YY, Becht E, Cheng Y, Chevrier M, 
Larbi A, Newell EW, Amit I, Chen J, Ginhoux F.
Plasmacytoid dendritic cells develop from Ly6D+ lymphoid 
progenitors distinct from the myeloid lineage.
Nat Immunol.;20(7):852-864, doi: 10.1038/s41590-019-0420-3, 2019.
https://doi.org/10.1038/s41590-019-0420-3

RBRC04874 C57BL/6N-Gt(ROSA)26Sor<tm1(CAG-EGFP/tDsRed)Utr>/Rbrc
Hashimoto M, Sasaki H.
Epiblast Formation by TEAD-YAP-Dependent Expression of Pluripotency 
Factors and Competitive Elimination of Unspecified Cells.
Dev Cell.; 50(2):139-154.e5, doi: 10.1016/j.devcel.2019.05.024, 2019.
https://doi.org/10.1016/j.devcel.2019.05.024

RBRC05663 B6.Cg-Bcl6<tm1.1Mtto>
Koike T, Harada K, Horiuchi S, Kitamura D.
The quantity of CD40 signaling determines the differentiation 
of B cells into functionally distinct memory cell subsets.
Elife.; 8, doi: 10.7554/eLife.44245, 2019.
https://doi.org/10.7554/eLife.44245

RBRC02975 B6.129S-Atg5<tm1Myok> [Atg5flox]
Kurashige T, Nakajima Y, Shimamura M, Matsuyama M, Yamada M, 
Nakashima M, Nagayama Y.
Basal Autophagy Deficiency Causes Thyroid Follicular Epithelial 
Cell Death in Mice.
Endocrinology. doi: 10.1210/en.2019-00312, 2019.
https://doi.org/10.1210/en.2019-00312


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝しております。

Dr. Nobuhiko Ohno, National Institutes of Natural Sciences
RBRC10852  C57BL/6N-Cst7<tm1Ike>
RBRC10853  C57BL/6N-Ctsc<tm1Ike>
RBRC10854  C57BL/6N-Ctsc<tm1.1Ike>

Dr. Jun Namiki, Keio University
RBRC10867  C57BL/6-Chil3<em1Jnam>

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20190725_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソース研究センター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 https://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2019.08.09.