マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
セキュリティ上の問題により、マウス検索システムを入れ替えて暫定運用いたします。
利用者の皆様にはご不便をおかけし申し訳ありませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 174


********************************************************************
RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 174
********************************************************************

実り多き秋。吉野彰博士のノーベル化学賞決定のニュースがありました。
今年も日本人ノーベル賞受賞者が誕生するというのは大変嬉しく、誇らしいことです。
理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス
  "特定ゲノム領域上の分子間相互作用解析に有用な3xFLAG-dCas9発現マウス"
● Today's tool for functional analysis
● 10月28日(月) 設立記念日休業のお知らせ
● 参加報告:INFRAFRONTIER satellite workshop at the IMGC 2019
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス  2019年10月
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特定ゲノム領域上の分子間相互作用解析に有用な3xFLAG-dCas9発現マウス
RBRC10188 C57BL/6-Gt(ROSA)26Sor<tm1(CAG-3XFLAG/dCas9,-EGFP)Hfuj>
RBRC10189 C57BL/6-Gt(ROSA)26Sor<tm1.1(CAG-3XFLAG/dCas9,-EGFP)Hfuj> 
RBRC10190 C57BL/6-Gt(ROSA)26Sor<tm1.2(CAG-3XFLAG/dCas9)Hfuj>
寄託者:藤井 穂高 先生 (弘前大学大学院 医学研究科)

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/oct_2019_mm

今月のマウス・バックナンバー
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室(animal@brc.riken.jp)
までお問い合わせください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ Today's tool for functional analysis
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

細胞内酸化ストレスイメージングマウス
RBRC05704 C57BL/6J-Tg(3xARE/TK-NRF2/luc)M2Tiw
RBRC06161 C57BL/6J-Tg(3xARE/TK-NRF2/venus)F4Tiw 

コンディショナルにROS産生増加を制御可能なマウス
RBRC09859 C57BL/6J-Tg(CMV-cat,-SDHA<*>/Y215F)1Hom

精子−卵 膜融合イメージングマウス
RBRC05763 STOCK Izumo1<tm1Osb> Tg(Clgn-Izumo1/mCherry)Osb Tg(CAG/Acr-EGFP)C3-N01-FJ002Osb

精子アクロソーム−GFP:精子ミトコンドリア−DsRed二重レポーターマウス
RBRC03743 B6D2-Tg(CAG/Su9-DsRed2,Acr3-EGFP)RBGS002Osb 
RBRC05861 B6.Cg-Tg(CAG/Su9-DsRed2,Acr3-EGFP)RBGS002Osb

Today's tool for functional analysis
 https://mus.brc.riken.jp/ja/todays_tool_and_model


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 10月28日(月) 設立記念日休業のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10月28日(月)は設立記念日のため休業いたします。
ご不便をおかけしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

https://ja.brc.riken.jp/news/notice_20191015_01.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 参加報告:INFRAFRONTIER satellite workshop at the IMGC 2019
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

参加報告:INFRAFRONTIER satellite workshop at the IMGC 2019
 https://ja.brc.riken.jp/news/report_20191008_01.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
しております。

RBRC00445 C57BL/6-Tg(CAG/Acr-EGFP)C3-N01-FJ002Osb
Fukunaga H, Kaminaga K, Sato T, Butterworth KT, Watanabe R, Usami N, 
Ogawa T, Yokoya A, Prise KM.
High-precision microbeam radiotherapy reveals testicular tissue-sparing 
effects for male fertility preservation.
Sci Rep.; 9(1):12618, doi: 10.1038/s41598-019-48772-3, 2019.
https://doi.org/10.1038/s41598-019-48772-3

RBRC00753 B6;129P2-Sema4d<tm1Kik>/Rbrc 
Zhang C, Qiao H, Guo W, Liu Y, Yang L, Liu Y, Jin B, Fu M, Wang G, Li W.
CD100-plexin-B1 induces epithelial-mesenchymal transition of head and neck 
squamous cell carcinoma and promotes metastasis.
Cancer Lett.; 455:1-13, doi: 10.1016/j.canlet.2019.04.013, 2019.
https://doi.org/10.1016/j.canlet.2019.04.013

RBRC01834 C57BL/6-Tg(CAG-flpe)36Ito/ItoRbrc
Sakata D, Uruno T, Matsubara K, Andoh T, Yamamura K, Magoshi Y, 
Kunimura K, Kamikaseda Y, Furue M, Fukui Y.
Selective role of neurokinin B in IL-31-induced itch response in mice.
J Allergy Clin Immunol.; 144(4):1130-1133.e8, doi: 10.1016/j.jaci.2019.06.031, 2019.
https://doi.org/10.1016/j.jaci.2019.06.031

RBRC05555 B6;B6129-Ezh2<tm1Yugo>/Hko [B6-Ezh2 floxed]
Ohka F, Shinjo K, Deguchi S, Matsui Y, Okuno Y, Katsushima K, Suzuki M, 
Kato A, Ogiso N, Yamamichi A, Aoki K, Suzuki H, Sato S, Arul Rayan N, 
Prabhakar S, Göke J, Shimamura T, Maruyama R, Takahashi S, Suzumura A, 
Kimura H, Wakabayashi T, Zong H, Natsume A, Kondo Y.
Pathogenic Epigenetic Consequences of Genetic Alterations in IDH-wild-type 
Diffuse Astrocytic Gliomas.
Cancer Res.; 79(19):4814-4827, doi: 10.1158/0008-5472.CAN-19-1272, 2019.
https://doi.org/10.1158/0008-5472.CAN-19-1272

RBRC05663 B6.Cg-Bcl6<tm1.1Mtto>
Otsuka K, Yamada A, Saito M, Ushio A, Sato M, Kisoda S, Shao W, 
Tsunematsu T, Kudo Y, Arakaki R, Ishimaru N.
Ascl2-Regulated Follicular Helper T Cells Promote Autoimmunity 
in a Murine Model for Sjögren's Syndrome.
Am J Pathol., doi: 10.1016/j.ajpath.2019.08.008, 2019.
https://doi.org/10.1016/j.ajpath.2019.08.008

RBRC05704 C57BL/6J-Tg(3xARE/TK-NRF2/luc)M2Tiw
Suzuki T, Muramatsu A, Saito R, Iso T, Shibata T, Kuwata K, 
Kawaguchi SI, Iwawaki T, Adachi S, Suda H, Morita M, Uchida K, 
Baird L, Yamamoto M.
Molecular Mechanism of Cellular Oxidative Stress Sensing by Keap1.
Cell Rep.; 28(3):746-758.e4, doi: 10.1016/j.celrep.2019.06.047, 2019.
https://doi.org/10.1016/j.celrep.2019.06.047

RBRC06344 C57BL/6-App<tm3(NL-G-F)Tcs>
Hamaguchi T, Tsutsui-Kimura I, Mimura M, Saito T, Saido TC, Tanaka KF.
AppNL-G-F/NL-G-F mice overall do not show impaired motivation, 
but cored amyloid plaques in the striatum are inversely correlated 
with motivation.
Neurochem Int.; 129:104470, doi: 10.1016/j.neuint.2019.104470, 2019.
https://doi.org/10.1016/j.neuint.2019.104470

RBRC09650 C57BL/6-Tg(Slc1a2-G-CaMP7)Bsi
Monai H, Wang X, Yahagi K, Lou N, Mestre H, Xu Q, Abe Y, Yasui M, Iwai Y, 
Nedergaard M, Hirase H.
Adrenergic receptor antagonism induces neuroprotection and facilitates 
recovery from acute ischemic stroke.
PNAS; 116(22):11010-11019, doi: 10.1073/pnas.1817347116, 2019.
https://doi.org/10.1073/pnas.1817347116


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝しております。

Dr. Hideki Enomoto, Kobe University
RBRC09609  B6.129-Gfra1<tm2.1Jmi>

Dr. Hisashi Mori, University of Toyama
RBRC10693  C57BL/6-Nr3c1<tm1.1Himo>
RBRC10694  C57BL/6-Grp<tm1.1(icre)Himo>

Dr. Fumihiko Horio, Nagoya University
RBRC10802  C3.NSY-(D11Mit231-D11Mit279)
RBRC10803  C3.NSY-(D11Mit74-D11Mit307)
RBRC10845  C3.NSY-(D11Mit231-D11Mit296)
RBRC10846  C3.NSY-(D11Mit229-D11Mit307)

Dr. Kiyomasa Nishii, National Defense Medical College
RBRC10895  B6.129S-Gjc1<tm2.1Kni>

Dr. Masato Ogata, Mie University
RBRC10896  B6.129P2-Mapk1<tm2.1Moga>

Dr. Fumihiro Sugiyama, University of Tsukuba
RBRC10897  C57BL/6J-Otx2<em1(tdTomato)Utr>
RBRC10898  C57BL/6J-Sox17<em1(EGFP)Utr>

Dr. Rieko Muramatsu, National Center of Neurology and Psychiatry
RBRC10901  C57BL/6J-P2rx4<em1Rmur>

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20191016_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソース研究センター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 https://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2019.10.25.