マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
セキュリティ上の問題により、マウス検索システムを入れ替えて暫定運用いたします。
利用者の皆様にはご不便をおかけし申し訳ありませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 175


********************************************************************
RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 175
********************************************************************

理研では、2017年の「科学道100冊フェア」「科学道100冊ジュニア」に続き
「科学道100冊(2019年)」を展開しています。2019年は、3つのテーマ
元素ハンター・美しき数学・科学する女性、で選んだ50タイトルと、時代をこえる良書
50タイトルの合計100タイトルで構成されています。秋の夜長にいかがでしょうか。
 https://kagakudo100.jp/st/lineup2019
理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス
  "ENUミュータジェネシスによって樹立されたGLUT1欠損症モデルマウス"
● Today's model for human disease
● 第42回日本分子生物学会年会
● 利用者の成果
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス  2019年11月
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ENUミュータジェネシスによって樹立されたGLUT1欠損症モデルマウス
RBRC-GSC0242 M100200
寄託者:理化学研究所ゲノム科学総合研究センター

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/nov_2019_mm

今月のマウス・バックナンバー
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室(animal@brc.riken.jp)
までお問い合わせください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ Today's model for human disease
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

統合失調症様行動を示すDisc1遺伝子点変異(L100P)マウス
RBRC06364 B6(D2)-Disc1<Rgsc1390>/Rod

うつ病様行動を示すDisc1遺伝子点変異(Q13L)マウス
RBRC06365 B6(D2)-Disc1<Rgsc1393>/Rod 

記憶学習障害を示すCaMKIIα遺伝子点変異(K42R)マウス
RBRC05821 B6.Cg-Camk2a<tm1.1Oyam>
RBRC05636 ICR.Cg-Camk2a<tm1.1Oyam>

代謝型グルタミン酸受容体2(mGluR2)欠損マウス
RBRC01351 B6.129S-Grm2<tm1Nak>/NakRbrc 

Today's model for human disease
 https://mus.brc.riken.jp/ja/todays_tool_and_model


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 第42回日本分子生物学会年会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の日程で、第42回日本分子生物学会年会が開催されます。理研BRCでは
ブースを出展致します。みなさまのご来場をお待ちしております。

会 期: 2019年12月3日(火)〜6日(金)
会 場: 福岡国際会議場 マリンメッセ福岡

第42回日本分子生物学会年会
 https://www2.aeplan.co.jp/mbsj2019/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
しております。

RBRC00209 MSM/Ms
Yagi M, Kabata M, Ukai T, Ohta S, Tanaka A, Shimada Y, Sugimoto M, 
Araki K, Okita K, Woltjen K, Hochedlinger K, Yamamoto T, Yamada Y.
De Novo DNA Methylation at Imprinted Loci during Reprogramming into 
Naive and Primed Pluripotency.
Stem Cell Reports.; 12(5):1113-1128, doi: 10.1016/j.stemcr.2019.04.008, 
2019.
https://doi.org/10.1016/j.stemcr.2019.04.008

RBRC01361 B6.Cg-Trp53<tm1Sia>/Rbrc 
Hayashi Y, Goyama S, Liu X, Tamura M, Asada S, Tanaka Y, Fukuyama T, 
Wunderlich M, O'Brien E, Mizukawa B, Yamazaki S, Matsumoto A, 
Yamasaki S, Shibata T, Matsuda K, Sashida G, Takizawa H, Kitamura T.
Antitumor immunity augments the therapeutic effects of p53 activation 
on acute myeloid leukemia.
Nat Commun.; 10(1):4869, doi: 10.1038/s41467-019-12555-1, 2019.
https://doi.org/10.1038/s41467-019-12555-1

RBRC01834 C57BL/6-Tg(CAG-flpe)36Ito/ItoRbrc
Inoue R, Abdou K, Hayashi-Tanaka A, Muramatsu SI, Mino K, Inokuchi K, 
Mori H.
Glucocorticoid receptor-mediated amygdalar metaplasticity underlies 
adaptive modulation of fear memory by stress.
eLife; 7, doi: 10.7554/eLife.34135, 2018.
https://doi.org/10.7554/eLife.34135

RBRC02192 B6.129-Mapk14<tm1.2Otsu>
RBRC05147 B6;129S6-Gt(ROSA)26Sor<tm1.1(CAG-mTFP1)Imayo> 
Kase Y, Otsu K, Shimazaki T, Okano H.
Involvement of p38 in Age-Related Decline in Adult Neurogenesis 
via Modulation of Wnt Signaling.
Stem Cell Reports.; 12(6):1313-1328, doi: 10.1016/j.stemcr.2019.04.010, 
2019.
https://doi.org/10.1016/j.stemcr.2019.04.010

RBRC02388 B6.129P2-Ly96<tm1Kmiy>
Wang Y, Fang Q, Jin Y, Liu Z, Zou C, Yu W, Li W, Shan X, Chen R, 
Khan Z, Liang G.
Blockade of myeloid differentiation 2 attenuates diabetic nephropathy 
by reducing activation of the renin-angiotensin system in mouse kidneys.
Br J Pharmacol.; 176(14):2642-2657, doi: 10.1111/bph.14687, 2019.
https://doi.org/10.1016/j.jaci.2019.06.031

RBRC02847 129S6/SvEvTac-Dkk3<tm1Tfur>
Habuta M, Fujita H, Sato K, Bando T, Inoue J, Kondo Y, Miyaishi S, 
Kumon H, Ohuchi H.
Dickkopf3 (Dkk3) is required for maintaining the integrity of secretory 
vesicles in the mouse adrenal medulla.
Cell Tissue Res., doi: 10.1007/s00441-019-03113-8, 2019.
https://doi.org/10.1007/s00441-019-03113-8

RBRC04495 B6.Cg-Tg(Tek-cre)1Ywa
RBRC05654 B6.Cg-Tg(CAG-mRFP1,-SOX9,EGFP)1Haak
Arai HN, Sato F, Yamamoto T, Woltjen K, Kiyonari H, Yoshimoto Y, 
Shukunami C, Akiyama H, Kist R, Sehara-Fujisawa A.
Metalloprotease-Dependent Attenuation of BMP Signaling Restricts 
Cardiac Neural Crest Cell Fate.
Cell Rep.; 29(3):603-616.e5, doi: 10.1016/j.celrep.2019.09.019, 2019.
https://doi.org/10.1016/10.1016/j.celrep.2019.09.019


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソース研究センター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 https://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2019.11.20.