BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 176


********************************************************************
RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 176
********************************************************************

今年一年、理研BRC実験動物開発室をご利用いただきましてありがとうございました。
来る年も変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。
なお、年内は12月27日(金)まで、新年は1月6日(月)より通常通り業務を行います。
理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス "グリシン作動性ニューロンCreドライバーマウス"
● Today's tool for functional analysis
● 年末年始の休業:12月28日(土)~1月5日(日)
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス  2019年12月
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

グリシン作動性ニューロンCreドライバーマウス
RBRC10109  C57BL/6-Slc6a5<tm1.1(cre)Ksak>
寄託者:柿崎 利和 先生 (群馬大学大学院医学系研究科遺伝発達行動学分野)

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/dec_2019_mm

今月のマウス・バックナンバー
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室(animal@brc.riken.jp)
までお問い合わせください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ Today's tool for functional analysis
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

CRFニューロンでCre酵素を発現するマウス
RBRC06520 C57BL/6N-Crh<tm2(cre)Ksak>

Crh遺伝子蛍光レポーターマウス
RBRC09893 C57BL/6-Crh<tm1.1(venus)Ksak>

オリゴデンドロサイト・運動ニューロンでCre酵素を発現するマウス
RBRC01507 B6.Cg-Olig2<tm1(cre/Esr1*)Htak>/Rbrc

転写因子Olig2レポーターマウス
RBRC06017 ICR-Tg(Olig2-venus/Olig2)1Imayo
RBRC06018 ICR-Tg(Olig2-mCherry/Olig2)1Imayo
RBRC06022 ICR-Tg(Olig2-luc2/Olig2)1Imayo

背側終脳でCre酵素を発現するマウス
RBRC01345 B6.129P2-Emx1<tm1.1(cre)Ito>/ItoRbrc

内耳でCre酵素を発現するマウス
RBRC02272 B6.Cg-Emx2<tm2(cre)Sia>/SiaRbrc

Today's tool for functional analysis
 https://mus.brc.riken.jp/ja/todays_tool_and_model


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 年末年始の休業:12月28日(土)~1月5日(日)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

誠に勝手ながら12月28日(土)~1月5日(日)の期間、年末年始の休業とさせていただきます。
皆様には大変ご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
しております。

RBRC01390 B6.129P2-Nfe2l2<tm1Mym>/MymRbrc [Nrf2 KO mouse/C57BL6J]
Takagi T, Naito Y, Mizushima K, Hirai Y, Kamada K, Uchiyama K, 
Handa O, Ishikawa T, Itoh Y.
15-Deoxy-Δ12,14-prostaglandin J2 ameliorates dextran sulfate 
sodium-induced colitis in mice through heme oxygenase-1 induction.
Arch Biochem Biophys.; 677:108183, doi: 10.1016/j.abb.2019.108183, 2019.
https://doi.org/10.1016/j.abb.2019.108183

RBRC02338 B6;129P2-p130Cas<tm2.1Homy> [Cas-FL conditional KO]
Miyazaki T, Zhao Z, Ichihara Y, Yoshino D, Imamura T, Sawada K, 
Hayano S, Kamioka H, Mori S, Hirata H, Araki K, Kawauchi K, 
Shigemoto K, Tanaka S, Bonewald LF, Honda H, Shinohara M, Nagao M, 
Ogata T, Harada I, Sawada Y.
Mechanical regulation of bone homeostasis through p130Cas-mediated 
alleviation of NF-κB activity.
Sci Adv.; 5(9):eaau7802, doi: 10.1126/sciadv.aau7802, 2019.
https://doi.org/10.1126/sciadv.aau7802

RBRC02975 B6.129S-Atg5<tm1Myok> [Atg5flox]
Li K, Li M, Li W, Yu H, Sun X, Zhang Q, Li Y, Li X, Li Y, Abel ED, 
Wu Q, Chen H.
Airway epithelial regeneration requires autophagy and glucose metabolism.
Cell Death Dis.; 10(12):875, doi: 10.1038/s41419-019-2111-2, 2019.
https://doi.org/10.1038/s41419-019-2111-2

RBRC05846 B6.Cg-Tg(Tph2-tTA)1Ahky [Tph2-tTA, B6-Tph2-tTA Tg]
Williams RH, Tsunematsu T Thomas AM, Bogyo K, Yamanaka A, Kilduff TS.
Transgenic Archaerhodopsin-3 Expression in Hypocretin/Orexin Neurons Engenders Cellular Dysfunction and Features of Type 2 Narcolepsy.
J Neurosci.; 39(47):9435-9452, doi: 10.1523/JNEUROSCI.0311-19.2019, 2019.
https://doi.org/10.1523/JNEUROSCI.0311-19.2019

RBRC05846 B6.Cg-Tg(Tph2-tTA)1Ahky [Tph2-tTA, B6-Tph2-tTA Tg]
Okuma N , Kanamaru M, Moriya R, Tanaka KF, Arata S, Watanabe J, 
Yoshikawa A, Izumizaki M.
Optogenetic Stimulation of 5-HT Neurons in the Median Raphe 
Nucleus Affects Anxiety and Respiration.
Showa Univ. J. Med. Sci.; 31(3) 263-274, doi: 10.15369/sujms.31.263, 2019. 
https://doi.org/10.15369/sujms.31.263


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝しております。

Dr. Takahisa Furukawa, Osaka University
RBRC10900 B6.Cg-Tg(Dkk3-cre)D9Tfur
RBRC10905 C57BL/6-2900097C17Rik<tm1Tfur>
RBRC10906 C57BL/6-AI847159<tm1Tfur>
RBRC10907 C57BL/6-Smim40<tm1Tfur>

Dr. Takashi Moriguchi, Tohoku Pharmaceutical University
RBRC10908 B6.Cg-c/c Tg(Hdc-GFP)1Mpu
RBRC10909 B6D2-Tg(Hdc-GFP)2Mpu

Dr. Toshio Kitamura, The University of Tokyo
RBRC10920 B6.Cg-Gt(ROSA)26Sor<tm1(mVenus/Cdkn1b<*>)Toki>

Dr. Kiyoshi Kawakami, Jichi Medical University
RBRC10922 C57BL/6J-Slc23a2<em1Kwk>

Dr. Makoto Takano, Kurume University
RBRC10926 B6.Cg-Hcn4<tm1.1(Luc/EGFP)Nna>

Dr. Nobuya Sasaki, Kitasato University
RBRC10933 FVB.B6D2-Tns2<em1Nsas>

Dr. Atsuo Ogura, RIKEN
RBRC10938 C57BL/6N-Slc38a4<em1Smtb>
RBRC10939 C57BL/6N-Slc38a4<em2Smtb>
RBRC10940 C57BL/6N-Slc38a4<em3Smtb>

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20191127_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソース研究センター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 https://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2019.12.12.