BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 178


********************************************************************
RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 178
********************************************************************

三寒四温の季節。寒さの戻りはまだまだ厳しいですが、筑波山の紅白の梅たちは山肌を彩る
準備を始めています。
理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス "In vivo イメージングに有用な新規ヘアレスマウス"
● Today's tool for functional analysis
● IMPCのWhite Paper「The Deep Genome Project」が発表されました
● [お願い]ご所属変更の手続き
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス  2020年2月
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

In vivo イメージングに有用な新規ヘアレスマウス
RBRC10096  C57BL/6J-Hr<em1Utr>
寄託者:杉山 文博 先生 (筑波大学生命科学動物資源センター)

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/feb_2020_mm/

今月のマウス・バックナンバー
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室(animal@brc.riken.jp)
までお問い合わせください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ Today's tool for functional analysis
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Siglec-H遺伝子 DTR-EGFP KIマウス
RBRC05658 B6.Cg-Siglech<tm1.1Ksat> 
RBRC09688 C.Cg-Siglech<tm1.1Ksat> 

Xcr1遺伝子 KikGR KIマウス
RBRC09928 B6.Cg-Xcr1<tm3(KikGR)Ksho>

Xcr1遺伝子 DTR-Venus KIマウス
RBRC09485 B6.Cg-Xcr1<tm2(HBEGF/Venus)Ksho>
RBRC10391 C.Cg-Xcr1<tm2(HBEGF/Venus)Ksho> 

Relb遺伝子 Venus KIマウス
RBRC09496 C57BL/6-RelB<tm1.1Jino>

Today's tool for functional analysis
 https://mus.brc.riken.jp/ja/todays_tool_and_model


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ IMPCのWhite Paper「The Deep Genome Project」が発表されました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

The Deep Genome Project
 https://genomebiology.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13059-020-1931-9


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ [お願い]ご所属変更の手続き
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新年度を迎えるにあたり、異動に伴うご所属の変更がある場合は、次の情報を
実験動物開発室(animal@brc.riken.jp)まで、お知らせ下さいますようお願い
申し上げます。

ご氏名
旧所属

新所属
ご住所
TEL/FAX
e-mail


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
しております。

RBRC00639 JF1/Msf 
Matsuzaki H, Kuramochi D, Okamura E, Hirakawa K, Ushiki A, Tanimoto K.
Recapitulation of gametic DNA methylation and its post-fertilization 
maintenance with reassembled DNA elements at the mouse Igf2/H19 locus.
Epigenetics Chromatin.2020 Jan 14;13(1):2. doi: 10.1186/s13072-019-0326-1.
https://doi.org/10.1186/s13072-019-0326-1

RBRC00753 B6;129P2-Sema4d<tm1Kik>/Rbrc  [CD100 KO mice]
Xiao C, Luo Y, Zhang C, Zhu Z, Yang L, Qiao H, Fu M, Wang G, Yao X, Li W.
Negative regulation of dendritic cell activation in psoriasis mediated 
via CD100-Plexin-B2.
J. Pathol. 2020 Jan 14. doi: 10.1002/path.5383. 
https://doi.org/10.1002/path.5383

RBRC01388 B6;129P2-Keap1<tm1Mym>/MymRbrc [Keap1 KO mice]
Yin Y, Corry KA, Loughran JP, Li J.
Moderate Nrf2 Activation by Genetic Disruption of Keap1 Has Sex-Specific 
Effects on Bone Mass in Mice.
Sci. Rep.; 2020 Jan 15;10(1):348. doi: 10.1038/s41598-019-57185-1.
https://doi.org/10.1038/s41598-019-57185-1

RBRC02095 B6.B6D2-Tg(Th-EGFP)21-31Koba [B6.Cg-Tg(TH-GFP)21-31]
Heo JY, Nam MH, Yoon HH, Kim J, Hwang YJ, Won W, Woo DH, Lee JA, Park HJ, 
Jo S, Lee MJ, Kim S, Shim JE, Jang DP, Kim KI, Huh SH, Jeong JY, Kowall NW, 
Lee J, Im H, Park JH, Jang BK, Park KD, Lee HJ, Shin H, Cho IJ, Hwang EM, 
Kim Y, Kim HY, Oh SJ, Lee SE, Paek SH, Yoon JH, Jin BK, Kweon GR, Shim I, 
Hwang O, Ryu H, Jeon SR, Lee CJ.
Aberrant Tonic Inhibition of Dopaminergic Neuronal Activity Causes Motor 
Symptoms in Animal Models of Parkinson's Disease.
Curr Biol. 2020 Jan 20;30(2):276-291.e9. doi: 10.1016/j.cub.2019.11.079.
https://doi.org/10.1016/j.cub.2019.11.079

RBRC02759 B6.Cg-Atg7<tm1Tchi>
Li KC, Wang CH, Zou JJ, Qu C, Wang XL, Tian XS, Liu HW, Cui T.
Loss of Atg7 in Endothelial Cells Enhanced Cutaneous Wound Healing 
in a Mouse Model.
J Surg Res. 2020 Jan 17;249:145-155. doi: 10.1016/j.jss.2019.12.004. 
https://doi.org/10.1016/j.jss.2019.12.004

RBRC02290 STOCK Tg(Nanog-GFP,Puro)1Yam 
Araki R, Hoki Y, Suga T, Obara C, Sunayama M, Imadome K, Fujita M, Kamimura S, 
Nakamura M, Wakayama S, Nagy A, Wakayama T, Abe M.
Genetic aberrations in iPSCs are introduced by a transient G1/S cell cycle 
checkpoint deficiency.
Nat Commun. 2020 Jan 10;11(1):197. doi: 10.1038/s41467-019-13830-x.
https://doi.org/10.1038/s41467-019-13830-x

RBRC06344 C57BL/6-App<tm3(NL-G-F)Tcs> [APP, B6-App/NL-G-F KI]
Tanaka H, Homma H, Fujita K, Kondo K, Yamada S, Jin X, Waragai M, 
Ohtomo G, Iwata A, Tagawa K, Atsuta N, Katsuno M, Tomita N, Furukawa K, 
Saito Y, Saito T, Ichise A, Shibata S, Arai H, Saido T, Sudol M, 
Muramatsu SI, Okano H, Mufson EJ, Sobue G, Murayama S, Okazawa H.
YAP-dependent necrosis occurs in early stages of Alzheimer's disease 
and regulates mouse model pathology.
Nat Commun. 2020 Jan 24;11(1):507. doi: 10.1038/s41467-020-14353-6.
https://doi.org/10.1038/s41467-020-14353-6


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝しております。

Dr. Tomoaki SHIRAO, Gunma University
RBRC10925 C57BL/6N-Dbn1<tm2.1Shira>
RBRC10934 C57BL/6N-Dbn1<tm1.2Shira>

Dr. Makoto ABE, Osaka University
RBRC10942 C57BL/6J-Trps1<em1Osud>

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20200129_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソース研究センター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 https://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2020.02.18.

修正: 利用者の成果 RBRC02231 B6;129-Atg5<tm1Nmz>→ RBRC02759 B6.Cg-Atg7<tm1Tchi> に修正しました。 (2020.03.03)