RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 193

********************************************************************
RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 193
********************************************************************

オンライン開催となった今年の一般公開には、これまでお越しにくかった遠方からも
多数ご視聴いただくことができ、広くみなさまに知っていただけましたこと大変嬉しく
感謝申し上げます。
理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス
  "効率的なゲノム編集マウス作製実現のため開発されたCas9 Tgマウス"
● Today's model for human disease
● IMPCの成果論文が公開されました
● 第68回日本実験動物学会総会
● 日本ゲノム編集学会第6回大会
● 第61回日本先天異常学会学術集会
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

効率的なゲノム編集マウス作製実現のため開発されたCas9 Tgマウス

RBRC10984 B6;B6D2-Tg(CAG-hCas9)2Saku

寄託者:桜井 敬之 先生(信州大学)

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/may_2021_mm

今月のマウス・バックナンバー
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室(animal@brc.riken.jp)
までお問い合わせください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ Today's model for human disease
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IL-17シグナルの下流で働くNfkbiz (IκB-ζ)floxed マウス
RBRC06410 B6.Cg-Nfkbiz<tm1.1Muta>

チロシンキナーゼ型受容体ファミリーEphB6欠損マウス
RBRC02280 B6.129S4-Ephb6<tm1Tom>

肺がん発症モデルマウス
RBRC09696 C57BL/6J-Tg(SFTPC-CD74/ROS1)125Tno
RBRC09697 C57BL/6J-Tg(SFTPC-SDC4/ROS1)141Tno

解糖系酵素PKM(ピルビン酸キナーゼM)変異マウス
RBRC10481 B6.Cg-Pkm<tm1Ntan>
RBRC10482 C57BL/6-Pkm<tm3Ntan>

Today's model for human disease
 https://mus.brc.riken.jp/ja/todays_tool_and_model


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ IMPCの成果論文が公開されました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5,061遺伝子のノックアウトマウスを整備

プレスリリース
 https://www.riken.jp/press/2021/20210413_2/index.html

"A resource of targeted mutant mouse lines for 5,061 genes", Nature Genetics
 https://doi.org/10.1038/s41588-021-00825-y


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 第68回日本実験動物学会総会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第68回日本実験動物学会総会次の通り開催されます。

会 期: 2021年5月19日(水)~21日(金)
       (オンデマンド配信期間は28日(金)まで)

第68回日本実験動物学会総会
 https://www.jalas.jp/68jalas/index.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 日本ゲノム編集学会第6回大会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本ゲノム編集学会第6回大会が次の通り開催されます。

会 期: 2021年6月16日(水)~18日(金)

日本ゲノム編集学会第6回大会
 https://www2.aeplan.co.jp/ge2021


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 第61回日本先天異常学会学術集会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第61回日本先天異常学会学術集会が次の通り開催されます。

会 期: 2021年8月7日(土)~8日(日)

第61回日本先天異常学会学術集会
 https://jts61.jp


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
しております。
こちらのフォームよりご連絡ください。
https://rrc.nbrp.jp/references/register

RBRC01345 B6.129P2-Emx1<tm1.1(cre)Ito>/ItoRbrc
Nagashima S, Ito N, Kobayashi R, Shiiba I, Shimura H, Fukuda T, 
Hagihara H, Miyakawa T, Inatome R, Yanagi S.
Forebrain-specific deficiency of the GTPase CRAG/Centaurin-γ3 
leads to immature dentate gyri and hyperactivity in mice.
J Biol Chem. 2021 Mar 31;100620. doi: 10.1016/j.jbc.2021.100620.
https://doi.org/10.1016/j.jbc.2021.100620

RBRC02189 C57BL/6Cr-Tg(Pcdh21-cre)BYoko
RBRC02933 C57BL/6-Tg(Olfr16-Olr226*D126R/R127D,-EYFP)1Hsak
Inoue N, Nishizumi H, Ooyama R, Mogi K, Nishimori K, Kikusui T, Sakano H.
The olfactory critical period is determined by activity-dependent 
Sema7A/PlxnC1 signaling within glomeruli.
Elife. 2021 Mar 29;10:e65078. doi: 10.7554/eLife.65078.
https://doi.org/10.7554/eLife.65078

RBRC02975 B6.129S-Atg5<tm1Myok>
Lee TY, Lu WJ, Changou CA, Hsiung YC, Trang NTT, Lee CY, Chang TH, 
Jayakumar T, Hsieh CY, Yang CH, Chang CC, Chen RJ, Sheu JR, Lin KH.
Platelet autophagic machinery involved in thrombosis through a novel 
linkage of AMPK-MTOR to sphingolipid metabolism.
Autophagy. 2021 Apr 5;1-18. doi: 10.1080/15548627.2021.1904495.
https://doi.org/10.1080/15548627.2021.1904495


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝しております。

Dr. Tadashi Yamamoto, Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University
RBRC11289 B6.129-Btg3<tm1Tya>
RBRC11290 B6.129-Lmtk2<tm1Tya>
RBRC11291 B6.129-Lyn<tm1Tya>
RBRC11292 B6.129-Nyap1<tm1Tya>
RBRC11293 B6.129-Nyap2<tm1Tya>
RBRC11294 B6.129-Myo16<tm1Tya>
RBRC11295 B6.129-Nyap1<tm1Tya> Nyap2<tm1Tya> Myo16<tm1Tya>
RBRC11296 B6;129-Ptpn4<tm1Tya>

Dr. Reiko Kobayakawa, Kansai Medical University
RBRC11329 B6-Del(16Olfr187-Olfr196)1Kob
RBRC11330 B6-Tg(Olfr1353-GAP/CFP,-icre)1Kob

Dr. Fugaku Aoki, The University of Tokyo
RBRC11357 B6.B6D2-H2ax<em1Ibbr>
RBRC11358 B6.B6D2-H2ac1<em1Ibbr>

Dr. Ryuichi Nishinakamura, Kumamoto University
RBRC11359 B6.129-Sall1<tm1Ryn>
RBRC11360 B6;129-Sall1<tm4.1Ryn>/#166-29
RBRC11361 B6;129-Sall1<tm4.1Ryn>/#166-25
RBRC11362 B6;129-Sall2<tm1Ryn>

Dr. Yuji Takahashi, Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences
RBRC11377 C57BL/6-Atf5<em1(Atf5/HA)Yuta>
RBRC11378 ICR-Atf5<em2(Atf5/HA)Yuta>

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20210420_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソース研究センター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 https://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2021.05.19.


コメントは受け付けていません。