マウス系統検索

BRC facility Health Report
Update information
キーワード:
※1. しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。
  
各種 索引一覧もあります。詳しくはこちら
IMPC 遺伝子・表現型 検索

よく使われるリソース

サービス

品質管理

技術情報

カスタマーサービス

ビデオプロトコル

Cryopreservation of Mouse Embryos by Ethylene Glycol-Based Vitrification
JoVE 3155 11/18/2011

RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 165


********************************************************************
RIKEN BioResource Research Center Mouse Mail News (電子メール版) No. 165
********************************************************************

新しい元号へと変わる今年、皆様のお役に立てるよう気持ちを新たに取り組んでまいります。
本年も変わらぬご支援をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
理研BRC実験動物開発室から最新情報をお届けします。

━━━━ 目  次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 特集 今月のマウス "Bcl6 reporter mice for immune memory research"
● BRC Current Technology "体細胞クローンマウスの最高出生率を達成"
● マウス受精卵を用いたゲノム編集の効果に関する論文がオンライン公開されました
● IMPCのデータによる眼の発生と疾患に関する論文が公開されました
● 利用者の成果
● 新規寄託マウス系統
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 特集 今月のマウス
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Bcl6 reporter mice for immune memory research
 RBRC10015 B6.Cg-Bcl6<tm1.1Toka>

寄託者:岡田 峰陽 先生 (理研 生命医科学研究センター)

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month/jan_2019_mm

今月のマウス・バックナンバー
 https://mus.brc.riken.jp/ja/mouse_of_month

今月のマウスへの掲載をご希望される場合は、実験動物開発室(animal@brc.riken.jp)
までお問い合わせください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ BRC Current Technology "体細胞クローンマウスの最高出生率を達成"
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

二つの発生阻害因子を同時に回避

詳細はこちら
 https://mus.brc.riken.jp/ja/current_tech/jan_2019

BRC Current Technology・バックナンバー
 https://mus.brc.riken.jp/ja/current_tech


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ マウス受精卵を用いたゲノム編集の効果に関する論文がオンライン公開されました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Ayabe S, Nakashima K, Yoshiki A.
Off- and on-target effects of genome editing in mouse embryos.
J Reprod Dev., doi: 10.1262/jrd.2018-128, 2018.
https://doi.org/10.1262/jrd.2018-128


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ IMPCのデータによる眼の発生と疾患に関する論文が公開されました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Hundreds of genes that play a crucial role in eye development and 
disease identified.

詳細はこちら
 http://blog.mousephenotype.org/hundreds-of-new-genes-that-play-a-crucial-role-in-eye-development-and-disease-identified/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 利用者の成果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理研BRCから提供したマウスを用いた研究成果が次々と発表されております。
理研BRCでは皆様の成果をご紹介することで、新たな発見のお手伝いをしたいと
考えております。論文発表・特許取得などありました折りには、ご連絡をお待ち
いたしております。

RBRC01361  B6.Cg-Trp53<tm1Sia>/Rbrc [C57BL-p53+/-]
Mai HN, Sharma G, Sharma N, Shin EJ, Kim DJ, Pham DT, Trinh QD, 
Jang CG, Nah SY, Jeong JH, Kim HC. Genetic depletion of 
p53 attenuates cocaine-induced hepatotoxicity in mice.
Biochimie.; 158:53-61, doi: 10.1016/j.biochi.2018.12.009, 2018. 
https://doi.org/10.1016/j.biochi.2018.12.009

RBRC01361  B6.Cg-Trp53<tm1Sia>/Rbrc [C57BL-p53+/-]
Sasaki H, Sugiyama M, Sasaki N. Establishment of renal proximal 
tubule cell lines derived from the kidney of p53 knockout mice.
Cytotechnology., doi: 10.1007/s10616-018-0261-1, 2019.
https://doi.org/10.1007/s10616-018-0261-1

RBRC02975  B6.129S-Atg5<tm1Myok> [Atg5flox]
Abernathy E, Mateo R, Majzoub K, van Buuren N, Bird SW, Carette JE, 
Kirkegaard K. Differential and convergent utilization of autophagy 
components by positive-strand RNA viruses. 
PLoS Biol.;17(1):e2006926. doi: 10.1371/journal.pbio.2006926, 2019.
https://doi.org/10.1371/journal.pbio.2006926

RBRC06217  B6;129-Slc39a13<tm1Thir> [ZIP13 KO, B6-Slc39a13 KO]
Hirose T, Shimazaki T, Takahashi N, Fukada T, Watanabe T, 
Tangkawattana P, Takehana K. Morphometric analysis of thoracic aorta 
in Slc39a13/Zip13-KO mice. 
Cell Tissue Res., doi: 10.1007/s00441-018-2977-9, 2019.
https://doi.org/10.1007/s00441-018-2977-9


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 新規寄託マウス系統
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記のマウス系統が新たに寄託登録されました。寄託していただいた先生には、
室員一同、心より感謝いたしております。

Dr. Yasunori Kanaho, University of Tsukuba
RBRC10381 B6.129P2-Arf6<tm1Yaka>
RBRC10384 B6.129P2-Pip5k1b<tm1Tssk>
RBRC10385 B6.129-Pld1<tm1.1Mafr>
RBRC10386 B6.Cg-Pld2<tm1Yaka>
RBRC10387 C57BL/6-Pld2<em1Yaka>

Dr. Haruhiko Koseki, RIKEN IMS
RBRC10429 B6N(D2)-Jak1<spade>/RgscHko
RBRC10430 B6J(D2)-Jak1<spade>/RgscHko

Dr. Wataru Nishimura, International University of Health and Welfare
RBRC10456 C57BL/6J-Tg(MafA-KOr)DIuhw

詳細はこちら
https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews/kitaku_list/20181225_k


------------------------------------------------------------ 
 ※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
 ※ 本メールへのご質問などは、新規メッセージとして実験動物開発室 (animal@brc.riken.jp) までお送り下さい。
 ※ 本メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますのでそちらをご覧下さい。 https://mus.brc.riken.jp/ja/mailnews
 ※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
 ※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止致します。
_____________________________________________
 発行
 理化学研究所 バイオリソース研究センター
 実験動物開発室 animal@brc.riken.jp
 https://mus.brc.riken.jp/ja/
_____________________________________________
 2019.01.17.